プレスリリース
No.2660
2021/02/22
サービス産業に関する調査を実施(2020年)

主要サービス産業11分野の94市場において、今後成長が見込まれるのは約4分の1の26市場

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のサービス産業の動向を調査し、11分野94市場における現状と展望を明らかにした。

経済活動別(産業別)国内総生産(名目)における第3次産業シェア(2018年、暦年)
経済活動別(産業別)国内総生産(名目)における第3次産業シェア(2018年、暦年)
コインランドリー市場規模推移・予測
コインランドリー市場規模推移・予測

1.調査結果概要

内閣府による2018年(暦年)の経済活動別国内総生産(名目)を産業別にみると、第1次産業のシェアは1.2%と、前年と同じ構成比率となった。第2次産業のシェアも前年と同様の26.5%となっているのに対し、第3次産業のシェアは0.1ポイントほど上昇した。
第3次産業の内訳をみると、卸売・小売業や不動産業、専門・科学技術、業務支援サービス業などが大きな割合を占めている。推移をみると過去シェアが上昇していた電気・ガス・水道・廃棄物処理業などの生活インフラサービスにおいて近年は横ばい傾向が続いている他、卸売・小売業は2018年に入りシェアが減少、金融・保険業や運輸・郵便業などが微増している。不動産業は2018年は横ばいで推移した。

一方、公務、教育、保健衛生・社会事業の公共サービス(官製市場)の経済活動別国内総生産に占めるシェアは15%台となっている。金額ベースでは1990年代から拡大傾向が続いており、2018年は前年比2.1%増の86兆円となった。但し、教育や医療、警察や消防など人々が生活する上で必要なサービスである公共サービスは利潤を上げることが難しく、民間企業が参入しにくいという側面がある。

2.注目トピック

コインランドリー市場の動向

本調査で対象としているサービス産業11分野94市場のうち、今後上昇傾向にあるのは26市場(構成比27.7%)の見込みである。生活関連サービスのひとつで、上昇傾向にあるコインランドリー市場に着目する。

コインランドリーは開業や退店の届け出が必ずしも必要ではないことから、国内の店舗数を正確に把握することは難しいものの、現在はおおよそ2万店前後のコインランドリーが国内に存在しているとみられる。近年、コインランドリー市場は核家族化や共働き世帯の増加、衛生管理意識の高まりなど社会環境・生活スタイルの変化、さらには太陽光発電やコインパーキングに代わる新たな投資対象として注目されたことによって、店舗数は増加傾向を続けてきた。最近では投資対象としてのブームが落ち着いてきたことで店舗の増加率は鈍化しているものの、依然として微増推移を続けているとみられる。

調査要綱

1.調査期間: 2020年10~11月
2.調査対象: 主要サービス産業11分野94市場
3.調査方法: 当社専門研究員による市場調査資料データ編集、ならびに各種文献調査併用

<本調査について>

本調査におけるサービス産業とは、下記の11のサービス分野、94市場を対象としている。

①情報・通信サービス
②ITサービス
③インフラサービス
④運輸・交通関連サービス
⑤医療・介護・保育サービス
⑥教育・学習塾サービス
⑦生活関連サービス
⑧外食サービス
⑨旅行・宿泊関連サービス
⑩レジャー・スポーツ関連サービス
​⑪事業所向けサービス

<市場に含まれる商品・サービス>

①放送、新聞、雑誌・書籍出版、通信(固定電話、移動電話)、インターネットサービスプロバイダー、電子書籍、②eコマース(電子商品取引)、SNS・無料通話・メッセンジャーアプリ、デジタルコンテンツ配信、ポータル・ネット広告・情報サイト、③電力、ガス、鉄道、航空、④宅配便・メール便、タクシー、高速バス、レンタカー・カーシェアリング、駐車場、引越し、⑤医療、介護サービス、居宅介護サービス、有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、シニア向け支援サービス、保育サービス、⑥幼児英才教育、学習塾・予備校、資格学校、eラーニング、カルチャーセンター、語学学校、通信教育、自動車教習所、⑦理美容業、エステティックサロン、ヘアケアサロン、クリーニング業、銀行、証券、保険、消費者金融、クレジットカード、不動産仲介業、住宅リフォーム、ホームセキュリティ、結婚関連サービス、フューネラルビジネス(葬祭業)、自動車整備、家事代行、コインランドリー、ペット関連サービス、コインロッカー、収納ビジネス、⑧一般外食店、中食、食品宅配サービス、給食サービス、複合カフェ、⑨旅行業、ホテル・旅館、会員制リゾートクラブ、クルーズ事業、民泊、⑩映画産業、スポーツ/ライブ・エンタテインメント、カラオケボックス、パチンコ、アミューズメント施設、遊園地・テーマパーク、温浴施設、フィットネスクラブ、ボウリング場、ゴルフ場・練習場、フットサル、eスポーツ、⑪リース、広告制作・広告代理業、イベント企画・運営、ディスプレイ業、一般・専門業務受託業、人材サービス、警備保障、ビルメンテナンス業、リネンサプライ、業務用システム・ソフト開発、倉庫業、産業廃棄物処理業、法律・会計事務所、シェアオフィス・コワーキングスペース、貸会議室

出典資料について

資料名
発刊日
2020年11月26日
体裁
A4 685ページ
価格(税込)
162,800円 (本体価格 148,000円)

お問い合わせ先

部署
マーケティング本部 広報チーム
住所
〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
電話番号
03-5371-6912
メールアドレス
press@yano.co.jp
©2021 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
  本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
  報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
  利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。