プレスリリース
No.2760
2021/07/27
eKYC市場に関する調査を実施(2021年)

2020年度のeKYC市場は前年度比270.0%の40億8,300万円
~オンライン本人確認サービスは犯収法改正により導入企業が急増~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のeKYC市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。

eKYC市場規模推移・予測
eKYC市場規模推移・予測

1.市場概況

eKYC(electronic Know Your Customer)とは、非対面、デジタルによるオンライン上で行う本人確認サービスである。2018年11月、犯罪による収益の移転防止に関する法律(以下、犯収法)改正を契機として、金融機関を中心にサービス導入の検討が進み、2020年には実際に稼働するケースが増加した。市場が拡大したことで、2020年度の国内eKYC市場規模(事業者売上高ベース)は前年比270.0%の40億8,300万円となった。

2.注目トピック

犯収法改正により、非対面での本人確認までの工程が減少

2018年11月犯収法に関する法律施行規則の一部を改正する命令が公布され、非対面における本人確認方法が変更となった。
従来、非対面での本人確認では本人確認書類の写し1点に加えて、本人限定郵便を送付することが必要であった。法改正により、専用のソフトウェアを利用することで、郵送が不要となる本人確認方法が追加され、eKYCによる本人確認が認められることとなった。郵送が不要となることで、これまでよりも本人確認完了までの時間が短くなり、迅速なサービスが可能となる。また、本人確認までの工程が減ったことで、顧客利便性も向上することになる。

3.将来展望

2024年度のeKYC市場(事業者売上高ベース)は63億円に達すると予測する。

金融機関においては、引き続き導入・活用が進む見込みである。2021年5月末現在、都市銀行においては全ての銀行で導入済あるいは導入が決定している。地方銀行では62行中17行、第二地方銀行では38行中3行で導入されており、残りの銀行においても、今後導入が進む見通しである。
また、身元確認行為が義務ではない業界においても、実際のトレンドとして、C2C関連サービスやマッチングアプリ、レンタルサービスなどで、サービス利用上の安全性向上や、コミュニティ内の信頼性向上のために、身元確認の強化に踏み切るサービス事業者も多い。オンラインでの安全性なサービス提供のための手段として、今後、eKYCは利用されていくと考える。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
Aパターン
  • セグメント別の動向
  •  非金融業界における導入状況
     eKYC提供方法の現状
  • 注目トピックの追加情報
  •  eKYC導入によるセキュリティの向上
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2021年2月~6月
    2.調査対象: eKYCベンダー、金融機関等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談(オンライン含む)、ならびに文献調査等併用

    <eKYC市場とは>

    eKYCとはelectronic Know Your Customerの略であり、非対面、デジタルによるオンライン上で行う本人確認サービスを指す。2018年11月の犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯収法)の改正により、非対面時の本人確認手法の変更がなされ、郵送等が不要な、オンラインで完全に完結する本人確認手法が認められることとなった。

    本調査におけるeKYC市場とは、オンラインで完結する本人確認(eKYC)サービス提供事業者のeKYCに関連する事業売上髙を対象として、市場規模を算出した。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    eKYC

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2021年06月30日
    体裁
    A4 92ページ
    価格(税込)
    165,000円 (本体価格 150,000円)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2021 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。