プレスリリース
No.3022
2022/07/20
美容医療市場に関する調査を実施(2022年)

2021年の美容医療市場規模は前年比101.8%の3,990億円
​~コロナ禍の影響から脱して回復基調に~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の美容医療市場を調査し、市場概況、需要動向等を明らかにした。

美容医療市場規模推移
美容医療市場規模推移

1.市場概況

国内の美容医療市場規模(医療施設収入高ベース)は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2020年は前年比96.3%の3,920億円と前年割れとなったが、2021年は需要も回復基調になり前年比101.8%の3,990億円となった。

2.注目トピック

美容医療市場の動向

美容医療施術は、外科的施術と非外科的施術にわかれる。これらは、美容外科を標榜する医療施設だけでなく、形成外科、皮膚科、美容皮膚科など、様々な診療科を標榜する医療施設において行われており、非外科的施術においてその傾向が顕著である。近年は、人口が集中している首都圏・関西圏・東海圏での開院が増加する傾向にある。アンチエイジング分野での再生医療やドクターズコスメの販売を強化する施設が増加しているほか、医療脱毛を専門とする脱毛特化型クリニックが急成長している。

3.将来展望

美容医療市場は今後も拡大基調で推移する見通しである。 施術内容としては、今後も同様に外科的施術の割合は減っていく一方で、美容皮膚科領域の非外科的施術比率が高まっていくと見られ、、特に「脱毛」「ボトックス注入」「にきび・にきび痕」「美肌」「二重瞼(埋没法)」「しみ・あざ・ほくろ除去」「ケミカルピーリング」などが有望であると思われる。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
Aパターン
  • セグメント別の動向
  •  外科的施術
     非外科的施術
  • 注目トピックの追加情報
  •  脱毛特化型クリニックの急成長
     オンライン診療を実施する医療施設が増加
     美容医療における情報収集方法が多様化(インターネットの台頭)
     ベンチャーキャピタルから資金調達を実施するネットベンチャーの増加
     ドクターズコスメの取り扱いを強化する医療施設の増加
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2022年4月~6月
    2.調査対象: 美容医療に関連する医療施設、物販事業者等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談(オンライン含む)、電話等によるヒアリングならびに文献調査併用

    <美容医療市場とは>

    美容医療とは、人の皮膚を清潔にし若しくは美化し、体型を整え、体重を減じ、または歯牙の漂白をするための医学的処置、手術及びその他の治療を行うことと定義され、本調査では国内における美容医療市場規模を医療施設収入高ベースで算出している。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    美容医療

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2022年06月15日
    体裁
    A4 258ページ
    価格(税込)
    165,000円 (本体価格 150,000円)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2022 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。