2006年02月08日

プレスリリース
複合カフェの利用者実態調査

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

当社では昨年12月、マルチクライアント調査「複合カフェの利用実態と今後の方向性に関する消費者調査」において、現在増加している「まんが喫茶」や「インターネットカフェ」をはじめとする 『複合カフェ』の利用者に対して調査を行なった。

1.調査対象: 複合カフェの利用経験のある人
▼サンプル数
全体:1,126人
性別:[男性]867人/[女性]259人 
年代:[20代]413人/[30代]422人/[40代]291人
地域:[関東地区]557人/[関西地区]569人
2.調査期間: 2005年12月8日~12月13日
3.調査方法: 弊社が運営するインターネット調査(YDS:ヤノ・ダイレクト・サーベイ)による

調査結果サマリー

  • 複合カフェの利用頻度
    「まだ1回しか利用していない」が最も高く24.9%、次いで「3ヶ月に1回くらい」が24.3%。複合カフェの利用はまだ多くが「経験した程度」という状態。
  • 複合カフェ利用の目的
    「時間つぶし」が35.1%で最も高い。「まんがを読みたい」と「インターネットをしたい」の具体的な目的より、「時間つぶし」という漠然とした目的が先にある利用が強い。
  • 複合カフェ利用に対する満足度
    最近利用した複合カフェに対する満足度を尋ねたところ、全体の約6割は満足したとしている。一方、満足しなかった割合は4.3%と低い。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「複合カフェの利用実態と今後方向性に関する消費者調査」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧