2007年05月16日

プレスリリース
主要企業のポイントプログラム動向に関する調査結果 2007年版

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では次の調査要綱にて小売業、飲食業、レジャー・アミューズメント、サービス・交通、通信、クレジットの各業種の主要企業のポイントプログラム実施状況やその内容に関する調査を実施した。

1.調査対象: 小売業252社、飲食業52社、レジャー・アミューズメント76社、サービス・交通105社、通信23社、クレジット26社(計534社 各業種・業態の売上上位企業・有名企業を調査)
2.調査期間:2007年1月~2007年3月末
3.調査方法:弊社専門研究員による主要企業各社HP確認

調査結果サマリー

主要企業におけるリアルでのポイントプログラム提供企業は52.8%。顧客情報をカード形式で取得しない企業は33.3%
• 調査対象企業534社のうち、52.8%の企業が自社および自社グループでのポイントプログラムを提供している。
• ポイントプログラムは提供していないが、「割引系クレジットカード/提携クレジット会社ポイント/メンバーズカード/スタンプカード」など顧客情報を取れるカードを発行している企業が13.9%存在し、顧客情報をカードなどの形で取得していない企業は33.3%となった。

他社主体の共通ポイント加入企業は11.4%。自社でのポイントプログラム未提供企業の加入は少なく、自社でのポイントプログラム提供企業による加入が主体
• 自店舗で他社のカードを提示することで他社のポイントが付与されるサービス「他社主体共通ポイント」の加入企業は、今回調査対象企業534社のうち、11.4%を占めている。
• 他社主体共通ポイント加入企業61社のうち、54社が自社プログラムを提供している企業であり、自社プログラムを提供していない企業での他社主体共通ポイントの加入は7社に留まっている。
• 他社主体共通ポイントは自社でポイントプログラムを提供していない企業の補助の役割を果たすのではなく、自社でポイントプログラムを提供している企業の更なる魅力提供や顧客拡大に利用される傾向が強いと言える。

他社ポイントとのポイント交換を実施するプログラムは、総プログラム数の30.4%。「クレジット」「通信」「航空」「家電・カメラ量販店」「ガソリンスタンド」における実施率が高い
• 他社とのポイント交換が可能なプログラム数は121件であり、総プログラム数の30.4%を占めている。
• 「クレジット」が80%以上、「通信」「航空」が70%以上、「家電・カメラ量販店」「ガソリンスタンド」が50%以上の実施率となっており、その他の業種・業態は50%未満の実施率となっている。
 

246_1.gif

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2007年版 主要企業のポイントプログラム動向分析」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧