2013年01月29日

プレスリリース
リネンサプライ市場に関する調査結果2012
~客単価下落とエネルギーコスト上昇が業界全体の収支を圧迫~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内リネンサプライ市場の調査を実施した。

1. 調査期間:2012年11月~12月
2. 調査対象:有力リネンサプライヤー、リネン品及びリネンサプライ用機器卸・メーカー
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、郵送アンケート調査

<リネンサプライ市場とは>
本調査におけるリネンサプライ市場とは、事業所(会社、店舗、工場)等にリネン類をクリーニング付きでレンタルするサービスを指し、ホテルリネン(ホテル・旅館のシーツやタオル類等)、病院リネン(病院寝具等)、フードリネン(レストラン・飲食店のリネン類とユニフォーム等)など9つの需要分野を含む市場である。

調査結果サマリー

◆2011年度のリネンサプライ市場規模は、対2009年度比2.1%減の5,288億円
2011年度のリネンサプライ市場規模(事業者売上高ベース)は、対2009年度比で2.1%減の5,288億29百万円となった。近年、顧客企業からの値下げ要求が強まっており客単価の減少が続いている。その一方で、原油やリネン資材などのコストは上昇しており、リネンサプライヤーの収益性は悪化するなど市場環境は厳しさを増している。

◆比較的健闘しているのは『サービスリネン』と『産業リネン』の2つの需要分野
サービスリネンの分野では、消費者の健康・美容志向に伴う関連施設(フィットネスクラブやエステティックサロン等)の需要増や、温浴施設の増加に伴う需要増などに下支えされる形で、他分野が落ち込みを見せる中ほぼ横ばいを保った。また、産業リネンも「食の安全」など厳格な衛生基準を求められる食品工場や薬品工場向けのユニフォームの需要が底堅く推移し、ほぼ横ばいながらも微増を確保した。
 

1069_1.gif

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2012-2013 リネンサプライ白書」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧