2014年03月26日

プレスリリース
超小型モビリティ市場に関する調査結果 2014
~新たな移動手段としての超小型モビリティの普及を予測~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内超小型モビリティ市場の調査を実施した。

1.調査期間:2013年8月~2014年2月
2.調査対象:超小型モビリティ関連事業を展開する企業、および関連団体・官公庁・自治体等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用

<超小型モビリティとは>
 本調査における超小型モビリティとは、国土交通省が「自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる1~2人乗り程度の車両」と定義したカテゴリーのなかで、車道の走行が可能で二輪車に比べ安定感があり、取り回しのし易い車両である「電動ミニカー(1人乗り電動自動四輪車)」と「電動トライク(1~2人乗りの電動自動三輪車)」、また今後の法整備により車両規格の創設が予定されている「2人乗り小型EV(2人乗り電動自動四輪車)」を対象とする。

調査結果サマリー

◆2013年の超小型モビリティ国内販売台数は4,000台
 2013年の超小型モビリティ国内販売台数は4,000台であり、そのほとんどが電動ミニカーである。現在、法人ならびに地方自治体・団体を中心に超小型モビリティ車両が保有されており、個人が保有しているケースは少ない。今後も2人乗り小型EVの規格が創設されるまでは個人ユーザー市場は拡大せず、国内販売台数は2013年と同程度の規模で推移するものと予測する。

◆新たな移動手段としての期待、自動車産業における新市場を創出する可能性も
 超小型モビリティの普及は、低炭素社会の実現や、人口減少や高齢化といった環境変化に直面している地域社会における新たな移動手段となる可能性とともに、自動車産業に新たな市場を創出するものとしても期待されている。自動車メーカーや関連企業をはじめ、これまで自動車産業との関連がない異業種からの新規参入も相次いでいる。

◆今後の超小型モビリティの普及は「2人乗り小型EV」の車両規格が鍵
 今後の超小型モビリティの普及には2人乗り小型EV(電気自動車)の規格動向が鍵を握るものと考える。2013年~2015年までは国土交通省の超小型モビリティ導入促進支援事業による取り組みが継続し、2016年に2人乗り小型EVの車両規格が創設されることを前提として、同規格が「電動ミニカー・電動トライク寄りの規格で創設された場合」と「軽自動車寄りの規格で創設された場合」という2つの普及シナリオによる市場予測を行った。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「超小型モビリティ市場の現状と将来展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧