2014年08月04日

プレスリリース
自然派・オーガニック化粧品市場に関する調査結果 2014

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の自然派・オーガニック化粧品市場の調査を実施した。

1.調査期間:2014年5月~6月
2.調査対象:自然派・オーガニック化粧品メーカー、小売店、関連団体等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話およびeメールによるヒアリング、消費者調査併用

<自然派化粧品とは>
本調査における自然派化粧品とは、①天然植物原料を主成分としている、②化学合成成分の配合を抑制している、の2つともあてはまる化粧品をさす。

<オーガニック化粧品とは>
本調査におけるオーガニック化粧品とは、①第三者機関のオーガニック認証を取得している、②使用原料の大部分を自社及び提携農園のオーガニック素材を使用している、③ブランドラインアップの大部分にオーガニック素材を用いている、のいずれかがあてはまる化粧品をさす。

調査結果サマリー

◆ 2013年度の自然派・オーガニック化粧品市場は前年度比5.9%増の1,040億円
2013年度の自然派・オーガニック化粧品市場規模はブランドメーカー出荷金額ベースで、前年度比5.9%増の1,040億円であった。消費者の安全・安心志向の高まり、環境を重視したライフスタイルや社会貢献に配慮した倫理的消費(エシカル消費)に対する意識・関心の高まり等を背景に拡大傾向にある。


◆ 「エイジングケア」「美白」など機能性を付加することが不可欠に
本来、「自然派」や「オーガニック」であることで訴求してきた自然派・オーガニック化粧品であるが、競争激化の中、他ブランドとの差別化として、また一般品の利用者を自然派・オーガニック化粧品にスイッチさせるため、「エイジングケア」や「美白」などの機能性はもはや不可欠となってきている。新規客をひきつける商品を入口とし、効果を実感させることでリピート客を増やす流れになっている。


◆ 2014年度は前年度比6.0%増1,102億円、2015年度は同5.7%増の1,165億円、今後も拡大基調を予測
消費者による認知度上昇や参入ブランドの増加、有力媒体での広報活動、取扱いチャネルの拡大による顧客接点の増加により、市場は着実に伸長すると考える。2014年度の自然派・オーガニック化粧品市場規模はブランドメーカー出荷金額ベースで、前年度比6.0%増1,102億円、2015年度は同5.7%増の1,165億円と拡大基調を予測する。

1278_1.gif

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「自然派・オーガニック化粧品マーケティング総鑑 2014年版」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧