プレスリリース

20150508
パン市場に関する調査結果 2015

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内パン市場の調査を実施した。

1.調査期間:2015年1月~2015年3月
2.調査対象:パン・調理パンの製造・卸、主要ベーカリー等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話取材、インターネット調査、及び文献調査

<パン市場の小売チャネルとは>
 本調査における小売チャネルの定義は以下の通り。
・ベーカリー・・・店舗内でパンを焼成し販売している小売店、小売チェーンの店舗を指す。食品スーパーなど量販店に出店し、同一店舗内で焼成したパンを販売するインストアベーカリーを含む
・量販店・・・総合スーパー、食品スーパー、生活協同組合を含み、パンを仕入れて販売している店舗を指す
・一般店・・・製パンメーカー各社のパンを仕入れて販売している小売店(特約店)を指す
・学給パン・・・学校給食用のパンを指す
・その他のチャネルには、レストラン・ホテル・ファミレス等の外食店舗、事業所などの給食を含む

調査結果サマリー

◆2013年度の国内パン市場規模は、前年度比100.2%の1兆4,042億円
 2013年度の国内パン市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年度比100.2%の1兆4,042億円であった。2013年度は、素材や製法にこだわったプレミアム食パンが市場を牽引する中で、食卓パンや惣菜パンが前年度実績を上回った。国内パン市場(同ベース)は短期的には横這いから微増で推移すると予測し、2014年度を前年度比100.4%の1兆4,105億円と見込み、2015年度を前年度比100.5%の1兆4,179億円と予測する。

◆食事系パン(食パン、食卓パン)がシェア3割に近づき、惣菜パンは堅調に推移
 2013年度の国内パン市場を商品別にみると、食事として摂るパン(食パン、食卓パン)が市場の3割近くを占め、素材や製法にこだわったプレミアム食パンが市場を牽引した。また、惣菜パンは、焼きこみ調理パンが長期的に堅調に推移しており、コンビニやベーカリーで消費者の支持を集めている。

◆小売チャネル別市場構成比は、量販店とコンビニで6割に近づく
 2013年度の小売チャネル別市場規模においては、量販店が4,608億円、構成比32.8%でトップとなっている。また、コンビニは3,709億円で構成比26.4%となっており、微増で推移した。量販店とコンビニの合計は6割弱に増加している。

1387_1.gif

この調査結果掲載の資料

無断転載禁止