プレスリリース

20151009
化粧品市場に関する調査結果 2015
~消費マインドの復調と訪日外国人観光客のインバウンド消費活況により前年度実績をクリア~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の化粧品市場の調査を実施した。

1.調査期間:2015年6月~9月
2.調査対象:化粧品ブランドメーカー、化粧品受託製造事業者、化粧品原材料メーカー・商社、流通業者等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用

調査結果サマリー

◆2014年度の国内化粧品市場規模は、前年度比100.5%の2兆3,305億円
 2014年度の国内化粧品市場規模は、前年度比100.5%の2兆3,305億円(ブランドメーカー出荷金額ベース)となった。2014年度上期は、消費税増税による消費マインドの低下で高価格帯商品が苦戦し、特に地方や30~40歳代での買い控えが顕著となり市場は低迷したが、2014年度下期では消費マインドが回復したことに加え、2014年10月の免税対象品目の拡大を背景にした訪日外国人観光客のインバウンド消費が活況を呈したことにより、2014年度の同市場は微増推移となった。

◆主力のスキンケアでは、大容量商品の増加とインバウンド効果でフェイスパックが台頭
 2014年度の製品分野別市場規模については、スキンケア、メイクアップ、ヘアケア、フレグランス、男性用化粧品の全てのカテゴリーで、引き続き前年度実績をクリアする推移となった。
 スキンケア市場では大容量商品が好調なフェイスパックや美容液などのスペシャルケア製品、メイクアップ市場ではBBクリーム・CCクリーム、ヘアケア市場ではオイルを配合したブランドや地肌ケアを訴求したブランド、フレグランス市場ではメゾンフレグランスやライトフレグランスのブランドが、好調に推移した。また、男性用化粧品市場では、ミドル世代をターゲットに、ニオイ対策を訴求したヘアケア製品やアンチエイジングを訴求したスキンケア製品が好調に推移した。

この調査結果掲載の資料

無断転載禁止