2016年01月15日

プレスリリース
エステティックサロン市場に関する調査結果 2015

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内エステティックサロン市場の調査を実施した。

1.調査期間:2015年10月~12月
2.調査対象:エステティックサロン、エステティックサロン関連商材取扱企業
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに郵送アンケート調査併用

<エステティックサロンとは>
 本調査におけるエステティックサロンとは、エステティシャンが手技、化粧品、機器を使用して施術するサロンを指す。エステティックサロン市場には、美顔市場、痩身・ボディ市場、脱毛市場、メンズエステ市場、物販・その他市場が含まれる。なお、セルフエステ、訪問エステ、理美容エステ、メディカルエステなどは対象外としている。

調査結果サマリー

◆2015年度のエステティックサロン市場は、前年度比99.8%の3,563億円の見込
 2015年度のエステティックサロン市場規模(事業者売上高ベース)は3,563億円で、前年度比99.8%の見込みである。美顔、痩身・ボディ、メンズエステ、物販の各市場については、消費税増税後の消費マインドが緩やかに回復するものの、減少すると見込む。しかしながら、低価格・短時間施術を標榜する脱毛特化型サロンの成長により脱毛市場が微増で推移する見通しであり、2015年度のエステティックサロン市場は微減推移を見込む。

◆市場拡大のためには、業界の地位向上と消費者の安全、信頼獲得を第一に、新たな業態や施術を融合した特化型の提案、物販の強化が必要
 エステティックサロン市場は、今後も横這いから微増傾向で推移するものと予測する。エステティック認証制度や業務用機器の規格統一に向けた動きなど、業界標準の確立のための継続的な活動での一般消費者の安全・保護実現による信頼の獲得、業界に従事するエステティシャンの職場環境や待遇等の改善の取り組みなどが業界における今後の課題となる。また、エステティックサロン運営企業においては、施術を融合し、効果・効能の目的を特化した型の新業態サロンの提案等と併せ、その相乗効果としてのホームケア向け物販の強化、日本式エステティックサービスの海外展開強化の取り組みなどが市場拡大の鍵となると考える。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2016年版 エステティックサロンマーケティング総鑑」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧