2016年03月10日

プレスリリース
グローバルアウトソーシング市場に関する調査結果 2016
~企業活動のグローバル化加速により、グローバルアウトソーシング市場は拡大~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にてアウトソーシング世界市場の調査を実施した。

1. 調査期間:2015年12月~2016年2月
2. 調査対象:グローバルアウトソーシング事業者(SIer、システム運用保守事業者、データセンター事業者、BPO事業者等)
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・Eメールによる取材、ならびに文献調査を併用

<グローバルアウトソーシング市場とは>
 本調査におけるグローバルアウトソーシング市場とは、「システム開発・統合サービス」、「システム運用管理・データセンターサービス」、「BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービス」の3 つのアウトソーシングサービスの世界市場を指し、事業者売上高ベースで算出した。
<日本国内向けオフショアサービス市場とは>
 本調査における日本国内向けオフショアサービス市場とは、グローバルアウトソーシング市場の内数として、日本国内向けに提供された、オフショア(海外)拠点での「システム開発・統合サービス」と「BPO サービス」を指す。日本国内向けオフショアサービス市場規模は、アウトソーシング事業者が他社のオフショア拠点を活用した外注費用と自社のオフショア拠点を活用した内部費用を合算し、事業者コストベースで算出した。

調査結果サマリー

◆2019年度のグローバルアウトソーシング市場は1兆2,383億44百万米ドルと予測
 為替変動によるリスク回避や、ビジネスのグローバル化に伴い、企業の海外展開やM&Aで海外企業をグループ化する動きが拡大しており、企業活動におけるグローバル化が急速に加速している。これにより、経営の効率化やグローバルでのガバナンス強化等の観点から情報システムを開発・統合する動きが進んでいる。また、その際の取引の条件としてBCP(Business Continuity Plan)/DR(disaster recovery)の整備が必須となるため、世界各国においてシステム運用管理・データセンターサービスへの需要が高まっている。
 世界のアウトソーシング事業者各社は、各国にデリバリーセンターを設置し、グローバルでのサービス展開を加速しており、2014年度から2019年度までのグローバルアウトソーシング市場規模(事業者売上高ベース)は、年平均成長率(CAGR)5.1%で推移し、2019 年度には1兆2,383億44百万米ドルに達すると予測する。

◆2019年度の日本国内向けオフショアサービス市場は16億78百万米ドルと予測
 日本国内のアウトソーシング事業者やユーザ企業においても、オフショア(海外)拠点における開発・統合サービスやBPOサービスの利用が拡大している。オフショアでのカントリーリスクや人件費高騰などから一部のアウトソーシング事業者では、リショアリング(再び拠点を日本に戻すこと)の動きが見られるものの、多くのアウトソーシング事業者が海外人材を活用した人件費の抑制に努めている。2014年度から2019年度までの日本国内向けオフショアサービス市場規模(事業者コストベース)は、年平均成長率(CAGR)3.6%で推移し、2019年度に16億78百万米ドルになると予測する。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2016 グローバルアウトソーシング市場の実態と展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧