2016年06月03日

プレスリリース
健康食品市場に関する調査を実施(2016年)
~機能性表示食品の本格展開で注目される健康食品市場~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の健康食品市場の調査を実施した。

1.調査期間:2015年12月~2016年4月
2.調査対象:健康食品受託製造企業、健康食品販売会社(健康食品メーカー・一般食品メーカー・製薬メーカー等)、健康食品関連団体、管轄官庁等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・FAXによるヒアリング、郵送・メールによるアンケート調査、文献調査併用

<健康食品とは>
本調査における健康食品とは、機能性を訴求した食品であり、かつその形状が、錠剤、カプセル、粉末、ミニドリンクタイプ等の商品を対象とする。

調査結果サマリー

◆ 2015年度の健康食品市場規模は前年度比103.5%の7,460億円の見込
2015年度の健康食品市場規模はメーカー出荷金額ベースで、前年度比103.5%の7,460億円を見込む。インバウンド需要(訪日外国人客の購買)及び2015年4月から開始された機能性表示食品制度における早期に届出受理された商品の販売が市場を押し上げた。2016年度は、インバウンド需要に落ち着きは見られるものの、機能性表示食品の発売が本格化していることなどがプラスに働き、前年度比で104.6%の7,804億円を予測する。


◆ 機能性表示食品の展開、インバウンド需要により薬系チャネルが好調に推移
近年拡大基調の見られるドラッグストアを中心とする薬系チャネルにおいて、2015年度はインバウンド需要、2016年度は機能性表示食品の本格的な展開により市場が大きく伸びるものと予測する。また、成長性が緩やかになりながらも、引き続き通信販売市場が拡大している。


◆ 30代以上の消費者層の4割強が機能性表示食品の購入意向あり
本調査に関連し、30代以上を対象とした消費者アンケート調査では、機能性表示食品の購入意向について、『積極的に購入したい(5.9%)』、『関心のある機能性表示の食品であれば購入したい(36.7%)』を合わせた層は全体で42.6%であり、購入意向の無い層(『あまり購入したいとは思わない(19.6%)』、『全く購入したいとは思わない(19.1%)』の合計)の割合38.7%を上回った。また、同食品の機能として関心があるものとして、全体では『中性脂肪対策』、『内臓脂肪対策』、『コレステロール対策』、『整腸』、『アイケア』の割合がいずれも2割を超え、上位5項目となった。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2016年版 健康食品の市場実態と展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧