2016年08月09日

プレスリリース
ITアウトソーシングサービス市場に関する調査を実施(2016年)
~クラウドの普及によりサービスの多様化が進み、顧客の自由な選択が可能に~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のITアウトソーシングサービス市場の調査を実施した。

1. 調査期間:2016年5月~7月
2. 調査対象:コンピューターメーカー、システムインテグレーター(SIer)、データセンター専業者等のITアウトソーシングサービス提供事業者
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・eメールによる取材、ならびに文献調査を併用

<ITアウトソーシングサービスとは>
 ITアウトソーシングサービスとは、情報システムのハードウェアやソフトウェアの運用保守業務を代行するサービスのことを指す。本調査では、システム利用企業内にあるシステムの運用保守を代行する「オンサイト運用・保守サービス」と、データセンター内にあるシステムの運用保守を代行する「データセンター関連サービス」を対象とし、サービス提供事業者の売上高ベースで市場規模を算出した。

調査結果サマリー

◆2019年度のITアウトソーシングサービス市場は3兆9,985億円と予測
 オンサイト運営・保守サービスからデータセンター関連サービスへのシフトが進んでいるITアウトソーシングサービス全体の2015年度の市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比100.2%の3兆8,434億円であった。クラウドサービスの普及やサービスの多様化、データセンター利用の増加などを背景に、2014年度から2019 年度までのIT アウトソーシングサービス市場全体の年平均成長率は0.8%で推移し、2019年度の同市場規模は3兆9,985億円になると予測する。

◆2019年度のデータセンター関連サービス市場は2兆4,035億円に成長と予測
 クラウドサービスでは、パブリッククラウドの利用が順調に伸びているが、同時にサービスの多様化も進んでおり、ハイブリッドクラウドやプライベートクラウドを含めて、最適なサービスをユーザー企業が自由に選択するようになってきている。増加したサーバーをデータセンターに預ける企業が引き続き増加しているとともに、クラウドサービス提供事業者によるデータセンターの利用も進んでいる。こうしたことから、ITアウトソーシングサービスの内、データセンター関連サービス市場(事業者売上高ベース)の2014年度から2019年度までの年平均成長率は3.6%で推移し、2019年度の同市場規模は2兆4,035億円に成長すると予測する。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2016ITアウトソーシング市場総覧~オンサイト運用保守/データセンター/クラウド~」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧