2017年08月29日

プレスリリース
デジタル印刷市場に関する調査を実施(2017年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のデジタル印刷市場の調査を実施した。

1.調査期間:2017年5月~7月
2.調査対象:国内主要デジタル印刷事業者等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに郵送アンケート調査を併用

<デジタル印刷市場とは>
 本調査におけるデジタル印刷市場とは、商業用デジタル印刷機で印刷された印刷物、及び付帯サービスで構成された市場を指し、印刷業を主な事業として展開している事業者を対象とする。有版の印刷機による印刷物、及び付帯サービスは含まない。また、対象分野は一般印刷分野(出版印刷、商業印刷、ビジネスフォーム印刷など)と軟包装印刷分野とし、その他の印刷分野は含まない。

調査結果サマリー

◆2015年度のデジタル印刷市場は3,297億4,500万円、前年度比8.7%増、2016年度のデジタル印刷市場は3,229億2,000万円、前年度比2.1%減
 2015年度のデジタル印刷市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比8.7%増の3,297億4,500万円となった。この大幅拡大の要因は、マイナンバー制度施行に伴う需要拡大によるところが大きい。具体的には2015年10月から始まったマイナンバー通知に関するDPS案件と送付後に発生したマイナンバー収集に関するBPO案件がそれに当たる。通知書は当然ながら日本国内の全世帯に送付されたため、これまでにない大規模アウトソーシング需要となった。しかし、2016年度の同市場規模はその通知案件の終了に加え、収集案件も前年度に比べると受注が減少したことにより、前年度比2.1%減の3,229億2,000万円と減少している。

◆2017年度のデジタル印刷市場は3,273億7,000万円、前年度比1.4%増の見込
 2017年度のデジタル市場規模(事業者売上高ベース)は前年度比1.4%増の3,273億7,000万円の見込みとなっている。POD市場では、その他の分野では苦戦が続いているものの、フォトブック市場、オフィスコンビニ市場では更なる拡大が見込まれるため、POD市場全体の見通しは比較的明るいが、最大分野であるDPS市場は、現状マイナンバー需要の先行きが不透明となっており、今後1~2年の成長率は落ち着くものと見られる。そのため、総じてデジタル印刷市場の今後1~2年の成長速度は鈍化する見通しである。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2017 デジタル印刷市場の展望と戦略」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧