2017年09月25日

プレスリリース
セルロースナノファイバー市場動向に関する調査を実施(2017年)
~CNFの用途開発・市場拡大のカギは、樹脂や繊維などとの複合化にある~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のセルロースナノファイバー(CNF)市場の動向調査を実施した。

1.調査期間:2017年5月~7月
2.調査対象:セルロースナノファイバーメーカー(製紙メーカー、化学メーカー等)
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

調査結果サマリー

◆実際にセルロースナノファイバーを使用した製品は一部にとどまり、生産量の大部分はサンプル供給に
 国内におけるセルロースナノファイバー(CNF)の研究開発は、2014年以降は政府主導による産官学連携での展開が行われており、実用化に向けた取組みが推進されている。しかし、現時点で実際にCNFを使用した製品は、ボールペンインクや紙おむつ、ペーパークリーナー、ヘッドフォンステレオ振動板など一部の製品にとどまる。CNFの生産量全てが実際の製品に使われているわけではなく、その大部分はサンプル供給であるものと見られる。

◆量産プラントの稼働も始まり、2017年末の国内CNF生産能力は880t/年の見込
 2016年から2017年にかけて、参入メーカー各社のパイロットプラントに加え、商業生産を目的とした量産プラントの稼働も始まり、2017年末時点の国内CNF(年間)生産能力は880t/年の見込みとなり、CNF市場拡大のネックの一つであった生産・供給能力の限界はひとまず解消されると考える。

◆CNFは樹脂や繊維などと複合化することで高性能を発揮し、強度アップや軽量化を実現
 CNFはフィルムや不織布など一部の用途を除き単体で使用されるケースは少なく、樹脂や繊維などと複合化することで高結晶性、高強度、可撓(かとう)性、寸法安定性といった性能を発揮し、強度アップや軽量化などを実現する。炭素繊維などと同じく、単体ではなく複合化にこそ用途・市場拡大の芽があり、樹脂や繊維、溶剤などと「いかに混ぜやすくするか」というテーマでの開発が課題の一つとなっている。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2017年版 セルロースナノファイバー市場の展望と戦略」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧