標準を目指すな、尖った会社であれ

60年前、33歳だった。当時は合繊産業の勃興期で、成長する内需と強い輸出競争力を背景に多くの企業が新たな市場を目指していた。しかし、業界や市場を俯瞰する情報はなく、唯一の手掛かりは業界組合員名簿と信用情報だった。

そうした中、当社は業界の動向と個々の企業活動を調査した自主企画資料の発刊を開始した。反発はあった。脅迫めいた苦情も多かった。一方、多くの企業が私たちの活動を評価してくれた。やがて個々の企業の経営戦略の一端を任せていただけるようになった。顧客のマーケティング活動を第三者機関として担うことが当社の役割となり、これが今日に至る事業の土台となった。

かつては“standard”を追求すればよかった。しかし、今は“edge”であることに価値を見出したい。当社自身もそうあって欲しい。

2018年1月吉日
ファウンダー 矢野雅雄
創立60周年、未来の輪郭をより確かなものに

1958年、当社は創業の理念「調査能力をもって日本の産業に参画する」を旗印に、矢野雅雄によってスタートしました。資本も信用も実績もなかった小さなベンチャー企業が、“日本産業界の一員”として第60期を迎えることを私たちは誇りに思います。 ひとえに当社を応援し続けてくれた産業界の皆様と諸先輩方のおかげであると存じます。全役職員を代表して深く感謝申しあげます。

世界は大きな転換期にあります。無邪気に成長を夢見るだけでは未来を見通すことは出来ません。それでも価値ある未来を次の世代につなぐ責任と自信が私たちにはあります。 今、私たちは日本の、そして、アジア産業界の一員として新たな60年に向けての第一歩を踏み出します。ご指導、ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申しあげます。

2018年1月吉日
代表取締役社長 水越 孝