セミナーのご案内

関西圏の医療健康産業企業対象
静岡県 医療健康産業分野企業立地セミナー

2018年11月27日(火) 14:00~16:00(開場 13:30)
マイドームおおさか 第6会議室

温暖な気候、変化に富んだ地形を有する静岡県は、医療健康産業の拠点として事業者様に選ばれ、医薬品・医療機器の合計生産額は、7年連続全国一を誇っております。
本セミナーでは、関西圏の医療健康産業の企業様を対象に、既に静岡県へ進出されている企業様による事例発表、静岡県の産業支援策をご紹介いたします。

静岡県では、静岡がんセンターを中心とする医療に関する研究と、静岡県医療健康産業研究開発センター「ファルマバレーセンター」を中心とする医薬品・医療機器の開発を両輪に、医療健康産業の集積と振興を図り、世界一の健康長寿県の実現を目指しています。

国内屈指のがん治療実績を誇る「静岡がんセンター」との連携
テルモ㈱をはじめとする業界トップクラスの入居企業との連携・交流
医薬品・医療機器の合計生産額 7年連続 全国一
ファルマバレーセンター等に蓄積された情報・ノウハウによる各種支援
ふじのくに先端医療総合特区の指定による金融支援・規制緩和

セミナー概要

  • 1.開会主催者挨拶

  • 2.事業環境としての静岡県のご紹介

  • 3.県内立地企業の事例紹介

    静岡県での事業展開におけるメリット、今後の事業方向性 等

    講演者:

    グリーンカプス製薬株式会社 代表取締役社長 植木 俊行

    2016年11月、東和薬品株式会社(本社:大阪府門真市)が静岡県内の大手カプセルメーカー株式会社三協(本社:静岡県富士市)との協業関係を活かし、合弁で設立。
    医療用医薬品のソフトカプセル製剤市場の拡大が引き続き見込まれるなか、同社は薬物の封じ込め技術の確立により安全性の向上を目指すほか、医療関係者や患者が扱いやすいよう小型化・形状工夫したソフトカプセル製剤を製造。
    現在、静岡県富士宮市に新工場を建設しており、2020年に操業開始予定。東和薬品株式会社が持つ付加価値製剤の医薬品開発力と、株式会社三協が持つソフトカプセルの製造技術を融合した、新たな拠点づくりを進めている。

  • 4.県内産業支援機関の紹介

    企業支援メニュー、ファルマバレープロジェクトの成果事例等

    講演者:

    一般財団法人ふじのくに医療城下町推進機構 ファルマバレーセンター 事業推進部長 稲葉 大典

  • 5.県内市町のご紹介

セミナー要綱

開催日時
2018年11月27日(火)14:00~16:00(開場 13:30)
会場
マイドームおおさか 第6会議室

大阪府大阪市中央区本町橋2-5

受講料
無料 ※事前申込制
定員
30名
主催
静岡県
静岡県企業立地市町推進連絡会
セミナー事務局受託事業者
株式会社矢野経済研究所
お申し込み
お願い

お申し込み後、登録メールアドレスに受講票を送信させて頂きます。
当日は受講票と名刺をお持ちください。
当日欠席の場合は代理の方のご出席をお願い致します。

キャンセルポリシー

お席をご用意する関係上、申込後欠席される場合は、代理の方に出席頂くか、セミナー開催日の前営業日15時までにご連絡をお願いします。

お問い合わせ
株式会社矢野経済研究所
カスタマーセンター TEL:03-5371-6901