環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

環境・エネルギー、機械・エンジニアリング

2017年11月07日 更新

自動車

2017年11月07日 更新

半導体、エレクトロニクス・オプティクス

2017年11月07日 更新

2012年にスタートしたFITにより、再生可能エネルギーの水力発電のうち30,000kW未満の中小水力発電が20年間の買取対象となった。国内の水力発電所の新設は1960年代以降停滞してきたが、FIT適用により新たに中小水力発電の開拓や再整備が行われ、2014年度から市場は急激に立ち上がった。2016年度の中小水力発電の発電電力量は前年度比104.0%の490億kWhと増加し、2020年度には511億kWh、2030年度に593億kWh まで拡大すると予測する。

詳細を見る

最新マーケットレポート

2020年以降、自動駐車システムの搭載は高級車で進み、駐車支援システムの設定車種もミドルクラスだけでなくコンパクトクラスに拡がる。また、カーシェアリング車両での需要を中心に拡大し、2025年の駐車支援および自動駐車システムの世界市場規模は3,852万3,000台に達し、そのうち自動駐車システムは822万3,000台に成長すると予測する。

詳細を見る

プレスリリース

2017年以降ディスプレイ向けを中心に採用が始まり、2020年頃にはディスプレイ以外の車載用ヘッドランプやLi-Fi通信、スマート繊維、バイオ・医療機器などにも採用が開始される見込みである。ただし、まだ製造技術やコスト、安全性などの面で課題が多いため、それらのアプリケーションが市場全体に占める比率は一部に止まる見通しである。一方で、ディスプレイ向けの採用は拡大し、2020年におけるマイクロLED世界市場規模は2億2,400万ドル、2025年には45億8,300万ドルに拡大すると予測する。

詳細を見る

注目ソリューション