2024年版 自動車プラスチックリサイクル市場の展望と戦略

各国でカーボンニュートラルや、サーキュラーエコノミーへの取り組みが活発化している。自動車業界でもその一環として、ELV由来のプラスチックリサイクルを進める動きが急速に進んでいる。
欧州では、2023年7月ELV指令の改正案が発表され、新規則案では、1台当たりに含まれるリサイクルプラスチック含有量を25%、このうち25%がELV由来のプラスチックと設定されている。(自動車1台の樹脂重量は85kg~110kg程度、リサイクルプラスチック25%は22.25kg~27.5kg、うちELV由来25%は5.6kg~6.9㎏と計算。)
国内では、ELV由来のプラスチックのリサイクルは、一部の解体工程からの回収品と、各自動車メーカーのディーラー回収バンパーが主であり、大規模な回収には至っていない。2026年4月以降で検討されている資源回収インセンティブ制度が開始されれば、ELV由来のリサイクルプラスチックニーズの一層の拡大が期待される。
欧州では、2017年からAudiと樹脂メーカーのLyondellBasellが混合プラスチック廃棄物の再利用を目的としたケミカルリサイクルのプロセスの構築に向けて取り組んでいる。また、2023年6月にはSTELLANTISがベルギーの金属リサイクル会社であるGallooとELVをリサイクルする合弁会社の立ち上げを発表するなど欧州においてもELV由来のリサイクルプラスチック利用のための取り組みがさらに進むと推測される。
自動車でのELV由来のプラスチックリサイクル採用動向について、国内、欧州、米国の現状の法整備の状況や業界構造、採用動向や技術動向、参入各社の取り組みを把握し、自動車用プラスチックリサイクル市場を取り巻く現状の状況や、今後の展望を行う。

発刊日
2024/03/下旬
体裁
A4 / 約250頁
資料コード
C65120300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約250頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2024年2月6日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
<対象品目>
自動車用途のプラスチック材料(PP、PA等)
 
<ヒアリング対象企業(予定)>
トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車、マツダ、スバル、スズキ、Renault、いその、ヴェオリア・ジャパン、プラニック、マテック、リバー、豊田メタル、INDRA、Gallooなど
※ヒアリング対象企業は、一部変更になる可能性があります。

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約250頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。