2002年版 OTC市場の展望と戦略

発刊日
2002/09/26
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 454頁
資料コード
C44102100
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 OTC市場の展望と戦略

1.OTC市場の動向
・2001年のOTC市場は前年比3.3%増の8,600億円と推測
・医薬品ドリンク剤は伸長続くが、 CVSでは定番商品除き新製品も入れ替え対象に
(図)OTC市場規模推移と予測(1990年~2005年)
(表)OTC主要14薬効の市場規模推移と予測(1990~2005年)
・新規チャネルに重点も、薬系チャネルの建て直しがドリンク剤成長への課題

2.OTCメーカーの動向と戦略
・2001年度は消費低迷と競争激化に加え、 医薬部外品の規制緩和効果が一段落しOTC部門の減収目立つ
・武田薬品とロート製薬が好調を持続 「ニコレット」48億円、「セラシーン」36億円と新製品が業績拡大に貢献
(表)業態別OTC関連売上高推移(1991~2001年度)
・大正製薬3.5%減、エスエス製薬3.9%減をはじめ直販メーカー主要5社はいずれも減収
(表)主要企業のOTC関連売上高推移(1999~2002年度)
・2000年度は各社総じて増収を見込むが、好材料は見られず苦戦の見通し
・100億円の大型商品に成長した「ニコレット」、 小容量の追加で売上高30%増を見込む
・「アリナミンドリンク」は新製品効果で、 「ガスター10」は認知度アップで続伸
・各社とも既存ブランドの拡充に重点、他社との提携やブランド買収も視野に
・JTに続きノバルティス花王、P&Gが撤退。 エスエスはBI社製のOTC製品化を強化。OTCも業界再編時代に突入か

3.OTC市場の展望
・新製品開発で重要性増すスイッチOTC、情報提供の継続展開が不可欠
・新たなカテゴリー創造により潜在ニーズ開拓の必要性
・セルフケアへの対応強化へ健康食品、特定保健用食品など予防分野の重要性増す
(表)OTC関連売上高ランキング
(表)家計調査にみる一世帯当たりの保健医療支出推移(1989年~2000年)
(表)保健医療費の全国、地方別一世帯年間保健医療支出(1997年~2000年)


第2章 薬局・薬店の現状と将来展望


1.薬局・薬店の推移と経営状況
(表)薬局・薬店数の推移(1983~2000年度)
(表)ドラッグストアおよび調剤薬局株式公開企業の業績推移(1998~2002年度)
2.薬局・薬店の現状と将来展望
(1)薬局・薬店の現状
(2)主要ドラッグチェーンの戦略
(表)主要企業の出店計画
(表)主要企業の売上高、店舗数目標
(3)業態開発のゆくえ
(4)薬局・薬店の将来展望
(表)最近のドラッグ業界における主な合併および提携状況
(表)主なドラッグチェーングループの概要

第3章 主要・有望OTC市場の実態と中期予測


1.総合感冒薬
・各社主要ブランドの強化へ新製品を投入、 ブランド競争が一段と強まる。販促展開では症状別製品訴求がさらに進展
(図)総合感冒薬市場規模推移と予測(1996年~2005年)
(図)総合感冒薬シェア(2000年、2001年)
(表)主要総合感冒薬製品一覧
2.ドリンク剤・ミニドリンク剤
・規制緩和効果一段落で、2001年の市場規模は2%増 2002年は各社とも2001年以上にプロモーション戦略に積極的な姿勢示す
(図)ドリンク剤・ミニドリンク剤市場規模推移と予測(1996年~2005年)
(図)ドリンク剤・ミニドリンク剤シェア(2000年、2001年)
(表)主要ドリンク剤製品一覧
(表)主要ミニドリンク剤製品一覧
3.ビタミン剤
・医薬部外品、食品含めビタミン剤市場は活性化 効き目の訴求が医薬品の拡大要件
(図)ビタミン剤市場規模推移と予測(1996年~2005年)
(図)ビタミン剤シェア(2000年、2001年)
(表)主要ビタミン剤製品一覧
4.胃腸薬
・積極展開の継続でシェア拡大に成功「ガスター10」 各社ともライン強化でシェア争いが激化
(図)胃腸薬市場規模推移と予測(1996年~2005年)
(図)胃腸薬シェア(2000年、2001年)
(表)主要胃腸薬製品一覧
5.整腸薬・止瀉薬
・横ばいから微増で推移
健康維持や予防的訴求の強化で拡大狙うも、健康食品との競合も進展
(図)整腸薬・止瀉薬市場規模推移と予測(1996年~2005年)
(図)整腸薬・止瀉薬シェア(2000年、2001年)
(表)主要整腸薬・止瀉薬製品一覧
6.解熱鎮痛剤 120
・2001年は各社の販促展開が奏効し、6%増と市場拡大に成功
「タイレノール」は、「空腹時でものめる頭痛薬」で差別化、拡大図る
(図)解熱鎮痛剤市場規模推移と予測(1996年~2005年)
(図)解熱鎮痛剤シェア(2000年、2001年)
(表)主要解熱鎮痛剤製品一覧
7.目薬
・PBの台頭や価格競争の激化など低価格化の進行により
市場規模は横ばいに止まる。価格対応以外の新たな販売戦略の構築求められる
(図)目薬市場規模推移と予測(1996年~2005年)
(図)目薬シェア(2000年、2001年)
(表)主要目薬製品一覧
8.パップ剤・プラスター
・インドメタシン配合剤がパップ剤市場のシェア30%を獲得 第一世代で大容量化やPBによる販売価格低下に伴い市場は低調
(図)パップ剤市場規模推移と予測(1996年~2005年)
(図)プラスター市場規模推移と予測(1996年~2005年)
(図)パップ剤シェア(2000年、2001年)
(図)プラスターシェア(2000年、2001年)
(表)主要外用消炎鎮痛剤製品一覧
9.水虫薬
・猛暑と新商品が貢献し2年連続で好調推移。1日1回タイプ、 スプレー剤が新規需要を開拓。市場拡大の鍵握るスイッチOTC開発
(図)水虫薬市場規模推移と予測(1996年~2005年)
(図)水虫薬シェア(2000年、2001年)
(表)主要水虫薬製品一覧
10.便秘薬
・各社ともシェア拡大へ消費者ニーズに沿ったラインナップを構築するも、 市場は停滞傾向
(図)便秘薬市場規模推移と予測(1996年~2005年)
(図)便秘薬シェア(2000年、2001年)
(表)主要便秘薬製品一覧
11.痔疾用薬
・天藤製薬、大正製薬の2社寡占市場に女性向けでロート製薬が参入 市場拡大へ潜在需要の大きな女性層の開拓が不可欠 165
(図)痔疾用薬市場規模推移と予測(1996年~2005年) 165
(図)痔疾用薬シェア(2000年、2001年) 167
(表)主要痔疾用薬製品一覧

第4章 主要メーカーのOTC戦略


<直販・チェーン系メーカー>

1.大正製薬㈱
・「リポビタンD」は自販機強化し飲用頻度の向上、アクセスポイント 増加で拡販狙う。新製品開発はスイッチOTCに重点、提携やブランド買収も
(表)業績推移
(表)事業別売上高推移
(図)セルフメディケーション部門売上高推移
(表)広告宣伝費推移
(表)主要製品一覧
2.エスエス製薬㈱
・開発力とブランド力の強化図り2005年度連結OTC売上高 850億円の達成目指す。スイッチOTCと健康関連商品の強化に重点
(表)業績推移
(図)セルフメディケーション部門売上高推移
(表)セルフメディケーション部門売上構成
(表)広告宣伝費推移
(表)主要製品一覧
3.佐藤製薬㈱
・「ユンケル黄帝」シリーズ復調で減収傾向に歯止め 消費者ニーズに即した製品開発へ医薬部外品や機能性食品にも注力
(表)業績推移
(図)OTC関連売上高推移
(表)売上構成
(表)主要製品一覧
4.カネボウ薬品㈱
・漢方療法推進会は共存共栄精神の推進で基盤を強化。DgSはパッケージ改善やトライアルサイズの投入などセルフ対応強化で売上増図る
(表)業績推移
(図)OTC関連売上高推移
(表)主要製品一覧
5.ゼリア新薬工業㈱
・独立店のテコ入れに新設したゼリアパール会加盟店は3,300店舗、2002年度中に5,000店舗目指す
(表)業績推移
(図)ヘルスケア部門売上高推移
(表)主要製品一覧
<家庭薬系メーカー>

6.ロート製薬㈱:
・女性をターゲットにした新商品が好調推移目薬は機能面の訴求を強化。今期500億円達成を目指す
(表)業績推移
(図)売上高推移
(表)売上構成
(表)広告宣伝費推移
(表)主要製品一覧
7.ライオン㈱
・薬品事業部門は2005年度に売上高420億円が目標 事業拡大に向け提携によるスイッチOTC導入やM&Aも視野に
(表)業績推移
(図)売上高推移
(表)主要製品一覧
8.久光製薬㈱
・2005年までに売上高250億円、国内OTC売上高トップ10入りを目指す
(表)業績推移
(表)OTC部門売上構成
(表)主要製品一覧
9.参天製薬㈱
・「サンテ40」は固定客の維持と新規開拓 アレルギーとドライケア分野は新製品により強化
(表)業績推移
(図)OTC部門売上高推移
(表)主要製品一覧
10.アラクス㈱
・「ノーシン」「カイベール」の固定客は維持、新規顧客の開拓が課題
(図)OTC売上構成
(表)主要製品一覧
11.ビオフェルミン製薬㈱
・主力商品「新ビオフェルミンS」は順調な伸び止瀉薬、便秘薬の認知度アップが課題
(表)業績推移
(表)OTC部門売上構成
12.㈱カイゲン
・風邪薬「改源」の苦戦により減少、今期は販促に注力し巻き返しを図る
(表)業績推移
(図)OTC関連売上高推移
(表)OTC部門売上構成
(表)主要製品一覧
13.千寿製薬㈱
・「マイティアCL」ブランドの再構築とセルフセレクト向けリニューアルの推進により売上低迷打破を目指す
(表)薬粧部門売上構成
<新薬系メーカー>

14.武田薬品工業㈱
・2005年度1,000億円の達成に向け、自社ブランドの資産強化を基本に、他社との提携によるブランド導入も選択肢に
(表)業績推移
(図)ヘルスケア部門売上高推移
(表)ヘルスケア部門売上構成
(表)主要製品一覧
15.エーザイ㈱
・「チョコラBB」はドリンク剤の伸びにより好調、 「ユベラックス」「ナボリン」は新商品発売により伸長を図る
(表)業績推移
(図)薬粧部門売上高推移
(表)薬粧部門売上構成
(表)主要製品一覧
16.三共㈱:
・「ルル」「三共胃腸薬」は新規顧客開拓が順調、 「リゲイン」は新商品投入により巻き返しを図る
(表)業績推移
(図)ヘルスケア部門売上高推移
(表)ヘルスケア部門売上構成
(表)主要製品一覧
17.中外製薬㈱
・グロンサンブランドの再構築による新規ユーザー獲得が課題
情報提供の見直しを図り各ブランドの伸長図る
(表)業績推移
(図)ヘルスケア部門売上高推移
(表)ヘルスケア部門売上構成
(表)主要製品一覧
18.大鵬薬品工業㈱
・「チオビタドリンク」「ソルマック」を核に深耕 OTC初の軽い尿もれ薬「ハルンケア内服液」は20億円商品への育成目指す
(表)業績推移
(図)ヘルスケア部門売上高推移
(表)ヘルスケア部門売上構成
(表)主要製品一覧
19.山之内製薬㈱
・「ガスター10」「カコナール」の2大ブランド伸長リニューアルや規格の見直しにより更なる飛躍を目指す
(表)業績推移
(図)薬粧部門売上高推移
(表)薬粧部門売上構成
(表)主要製品一覧
20.藤沢薬品工業㈱
・既存ブランドの伸長と新ブランド開発によりOTC売上高200億円超を目指す
(表)業績推移
(図)消費者向製品部門売上高推移
(表)消費者向製品部門売上構成
(表)主要製品一覧
21.第一製薬㈱
・「アポジカ」「パテックス」のブランド力強化と第3、第4の柱となるブランドの開発により2006年度売上げ250億円達成を目指す
(表)業績推移
(図)ヘルスケア部門売上高推移
(表)ヘルスケア部門売上構成
(表)主要製品一覧
22.田辺製薬㈱
・「アスパラ」のさらなる伸長と「ナンパオ」の再育成が課題
効率化の進展により利益体質を強化
(表)業績推移
(図)ヘルスケア部門売上高推移
(表)ヘルスケア部門売上構成
(表)主要製品一覧
23.塩野義製薬㈱
・「セデス」の伸びにより売上高急増、横ばい続く「ポポン」の伸長が課題
(表)業績推移
(図)薬粧部門売上高推移
(表)薬粧部門売上構成
(表)主要製品一覧
<その他>

24.㈱資生堂
・主力の外用剤分野では通年で皮膚周辺に対応できる品揃え目指す内服薬の開発ではスイッチOTCや新配合医薬品に重点
(表)主要製品一覧

第5章 企業別個表


・企業別個表
(1)会社概要
(2)業績推移
(3)OTC部門の概要
(4)OTC販売戦略
(5)OTC研究開発の動向
(6)OTC中・長期戦略の概要
アラクス
エーザイ
エスエス製薬
太田胃散
大塚製薬
カイゲン
カネボウ薬品
興和新薬
佐藤製薬
三共
参天製薬
塩野義製薬
資生堂
ゼリア新薬工業
第一製薬、大幸薬品
大正製薬
大鵬薬品工業
武田薬品工業
田辺製薬
中外製薬
トクホン
ビオフェルミン製薬
久光製薬
藤沢薬品工業
山之内製薬
ライオン
ロート製薬
わかもと製薬
(1)会社概要
(2)業績推移
アース製薬
浅田飴
アサヒビールフードアンドヘルスケア
アスゲン製薬
阿蘇製薬
甘糖化学産業
天藤製薬
有川製薬
池田模範堂
犬伏製薬
今川産業製薬
岩城製薬
牛津製薬
ウチダ和漢薬
宇津救命丸
エビス製薬
オーヤラックス
オール薬品工業
近江兄弟社
、大石膏盛堂
大木製薬
大杉製薬
大塚製薬工場
大峰堂薬品工業
岡山大鵬薬品
鹿児島県製薬
加藤翠松堂製薬
兼一薬品工業
亀田利三郎薬舗
河合製薬
キクリウ製薬
キップ製薬
救急薬品工業
救心製薬
共栄製薬
京都薬品工業
共立薬品工業
杏林製薬
金冠堂
金陽製薬
グラクソ・スミスクライン
グレラン製薬
健栄製薬
興亜製薬
廣貫堂
廣昌堂
国民製薬
小太郎漢方製薬
小林化工
小林薬学工業
小林薬品工業
米田薬品工業
剤盛堂薬品
埼玉第一製薬
阪本漢法製薬
笹岡薬品
佐藤薬品工業
佐藤ライト製薬
沢井製薬
サンウェル
三共エール薬品
三恵製薬
サンケミファ
サンノーバ
三宝製薬
三和化学研究所
ジェーピーエス製薬
ジェイドルフ
シオエ製薬
滋賀県製薬
純生薬品工業
白石薬品
清栄薬品
伸和製薬
スノーデン
住友製薬
住友製薬ヘルスケア
生晃栄養薬品
精進堂製薬
ゼネル薬工粉河
千寿製薬
全薬工業
ゾンネボード薬品
第一薬品工業
第一薬品産業
大協薬品工業
大晃生薬
大昭製薬
大東製薬工業
大同薬品工業
大日本製薬
大洋薬品工業
大和製薬
高市製薬
武田ヘルスケア
建林松鶴堂
玉川衛材
中央薬品
中外医薬生産
中新薬業
長生堂製薬
月島薬品
ツムラ
テイカ製薬
帝國製薬
東亜医薬品工業
東亜製薬
東亜薬品
東京甲子社
東光薬品工業
東興薬品工業
同仁医薬化工
東洋カプセル
東洋漢方製薬
東洋製薬化成
東洋ファルマ-
東洋薬行
常盤薬品工業
栃本天海堂
富山化学工業
内外薬品
長野県製薬
日新製薬(山形)
日新製薬(滋賀)
日新薬品工業
日水製薬
日東薬品工業
日邦薬品工業
日本医薬品工業
日本クリエート
日本合成薬品
日本製薬
日本製薬工業
日本臓器製薬
日本薬品
日本薬品開発
日本薬品工業
日本理化学薬品
阪急共栄物産
パンビー製薬
ビタエックス薬品工業
日野製薬
日野薬品工業、樋屋製薬
ファイザー製薬
福井製薬
福地製薬
ホーユー
芳香園製薬
報国製薬
ホシエヌ製薬
堀井薬品工業
本草製薬
松田医薬品
松田薬品工業
松本製薬工業
丸石製薬
マルホ
御木本製薬
三菱ウェルファーマ
宮澤薬品
ミヤリサン
ムネ製薬
明治製菓
森田薬品工業
薬王製薬
ヤクハン製薬
八ツ目製薬
山崎帝国堂
山善製薬
ユースキン製薬
祐徳薬品工業
陽進堂
養命酒製造
吉田薬品工業
米田薬品
リードケミカル
理研化学工業
理研新薬
リバテープ製薬
龍角散
レーベン製薬
ワカサ
湧永製薬
和光堂
ワダカルシウム製薬

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。