韓国医療IT化の実態とその将来

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2007/09/10
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 319頁
資料コード
C49102600
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

第1章 韓国における医療IT化の状況

韓国における医療情報化の現状とその特徴
  韓国における医療情報システムの歴史
  病院における医療情報システムの導入状況
    OCSの導入状況
    PACSの導入状況
    EMRの導入状況
    請求EDI

EDI(Electronic Data Interchange)system
  EDIの定義
  韓国におけるEDIの導入状況
    EDIの導入経過
  韓国EDIのサービスの概要
    サービスの種類
    請求の流れ
    ネットワークの構成
    システムの構成
    請求S/W検査制
    EDIサービスのセキュリティ政策

総合病院情報システムHIS
  HIS
    総合病院情報システムHIS
    機関別における病院情報システムの構築状況
  オーダリングシステムOCS
  医用画像情報システム(PACS:Picture Archiving and Communication System)
    韓国のPACS導入状況
    PACS(History in Korea)
    PACS市場の分析(‘97~’03)
    企業別の韓国国内におけるPACSの普及状況
    国内PACS開発の技術動向
    PACSの導入の点数
    PACSの関連特許の動向
  EMR(Electronic Medical Records)

ユビキタス健康医療
  韓国における医療サービスの環境の変化
  ユビキタスヘルスケアとは
    ユビキタス健康医療のサービスの類型
    ユビキタスヘルスケアサービスの種類及び内容
    革新的な技術
  ユビキタスヘルスケアのサービス開発動向及び事例
  韓国国内におけるユビキタス健康医療の市場動向及び需要の分析
    韓国国内におけるユビキタスの市場動向
    韓国国内におけるユビキタス健康医療市場の展望
    韓国国内におけるIT業者のユビキタス健康医療関連技術の開発動向
    韓国国内における医療機関のユビキタス健康医療事業の推進状況
    事業者別における事業推進の状況
    事業別における特許出願の状況
    ユビキタス健康医療サービスの今後の利用に関する需要
  韓国国内におけるRFID市場の動向
    RFID/USN 韓国国内外における市場の展望
    国内RFID年度別の売上規模
    RFID/USNの輸出入の状況
  公的部分でのユビキタス健康医療の導入
    政府からのユビキタス健康医療の推進状況
    ユビキタス社会福祉サービス:独りで生活している低所得家庭を保護


第2章 国の政策としての医療情報化の状況

国家医療情報政策の戦略と推進背景
  ユビキタスコリアの基本計画の確立
  2006年情報化促進施行計画の情報化における予算

各部門における国家医療情報化の戦略と推進の状況
  保健福祉府の計画
    情報化促進基本法による「保健福祉情報化政策」
    保健医療技術の振興政策
    最近の保健医療情報化(E-HEALTH)政策
  情報通信部の計画
  E-HEALTH POLICY
  限界点
  産業資源部の計画
  B2Bネットワーク構築及び試験事業
  e-HEALTH 産業政策
  デジタルシルバー用電子医療機器産業政策
  高齢者向け用品(医療・福祉機器)産業化支援センター構築事業
  地域産業振興政策
  限界点
    建設交通部・韓国土地公社のU-City計画
  U-Cityとは
    U-City推進体系
    U-City推進日程
    地域別推進状況
    限界点

保健福祉部における情報化戦略
  Public Health care service infra structure-保健医療インフラ部門
    保健医療情報化のヴィジョンと必要性
    これまでの経過
    課題別における推進の計画(案)
  Public Health care service information project
  -公的保健機関の情報化(保健所・保健支所・保健センター等)
    公的保健医療分野の情報化の背景
    目標戦略と推進日
  Public medical service information project
  -国立病院・地方医療院・軍人病院・ハンセン病院・精神病院等
    保健医療機関の情報化戦略
  CRITIQUES & future PLAN-評価と今後の推進計画
    段階別の保健医療政策化推進
    2007年5月現在の事業評価

<別紙添付> 公的保健医療における情報化状況
  保健所/保健支所/保健医療院における標準情報システム
    H/W構成図
    N/W構成図
    データベースの状況
    PCの状況(現在使用中であるPCの性能及びPC台数)
    電算装備の状況
    N/Wの状況
  保険診療所における標準情報システム
    H/W及びN/W構成図
    H/W及びS/Wの状況


第3章 ケーススタディ

機関別における情報化の状況
  Hospital List(ABC順)
    ソウルアサン病院
    CMC カトリック大学医療院
    中央大学医療院
    李花女子大学木洞(モッドン)病院
    ガチョン医科大学ギルGIL病院
    翰林(ハンリム)大学医療院
    漢陽ハンャン大学医療院
    仁濟大學校附屬白病院
    高麗大學校医療院
    関東大学明知病院
    国民健康保険公団一山病院
    サムスン医療院(成均館大学医学部)
    ソウル大学病院
    順天鄕大學校医学部大學附屬病院
    延世大學医療院
  Enterprise List(ABC順)
  韓国国内における代表的な医療情報化 SI(システム・インテグレーション)企業
    BIT コンピュータ
    EzCareTech
    HIT 現代技術情報
    INFINITT
  韓国国内の代表的なSW/HW会社
    ORACLEとのインタビュー
    HPとのインタビュー

医療ITシステム導入の問題点
  医療ITSystemの導入の問題点
    病院ITシステム導入の問題点
  ITセキュリティの状況
    医療情報保護の実態
    セキュリティ関連の政策
    韓国国内における各病院別セキュリティの状況
    各病院別におけるセキュリティ関連の投資計画

各医療機関の2007年におけるIT化投資の予算

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。