2009 先進大容量充電技術の課題と展望

今後、EV(電気自動車)の市販化に伴い、出先地において充電できるインフラ整備のニーズが高まるとみられます。今後相次いで計画されるEV(電気自動車)を普及させるには、より短時間で手間のかからない充電手段のニーズが高まるでしょう。大容量充電(給電)技術において、非接触充電(給電)技術の開発が進み、期待できる先進技術も実意で登場。その特徴と課題、実用化の可能性をどう見るのか。本調査資料では、先進大容量充電技術の課題と将来展望について分析いたしました。

発刊日
2009/10/30
体裁
A4 / 141頁
資料コード
C51301000
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:研究開発や用途開拓が進む最新大容量充電(電力伝送)技術を対象に、その技術に取り組むメーカの
       取り組み実態、研究開発動向、用途開拓の方向性、課題・問題点等を把握する。また、その技術を採用
       すると想定されるユーザ側企業に対しても現状の採用技術や課題、採用のための条件などを明らかにし、
       双方の情報を元に最新大容量充電(電力伝送)技術の課題と将来性を展望する。
調査対象:先進大容量充電(電力伝送)技術に取り組むメーカやそれを採用すると想定される製品メーカのほか研究開発に
       取り組む企業等
調査方法:当社研究員が直接面接取材を中心に、電話ヒアリング、周辺取材を併用。
調査期間:2009年8月~2009年10月
 

リサーチ内容

第1章 先進大容量充電技術の現状

1.先進大容量充電技術の定義と分類
2.先進大容量充電技術の現状
  (1)接触式大容量急速充電技術
  (2)接触式二次元通信技術
  (3)非接触式電磁誘導技術
  (4)非接触式電磁波(マイクロ波)技術
  (5)非接触式磁界(電界)共鳴技術
  (6)その他(電池カセット自動交換技術)


第2章 先進大容量充電技術関連メーカの取り組み実態

Ⅰ.急速大容量充電技術関連メーカ
1.(株)ハセテック
2.(株)高岳製作所
3.(株)高砂製作所
4.島田理化工業(株)

Ⅱ.二次元通信技術関連メーカ
(株)セルクロス

Ⅲ.電磁誘導技術関連メーカ
昭和飛行機工業(株)

Ⅳ.電磁波(マイクロ波)技術関連メーカ
三菱重工業(株)


第3章 先進大容量充電技術の需要先動向

1.相継ぐ乗用車タイプのEV市販化発表。独自に開発進む電動バス
2.市場は拡大し、様々な充電手段を採用する産業用車両(AGV)
3.製品化が予定される電動バイク。仕様に応じた充電手段も課題
4.リチウムイオン電池と急速充電採用の電動アシスト自転車、シニアカーは採用に遅れ
5.その他


第4章 想定される先進大容量充電技術需要先メーカの取り組み実態

1.(株)明電舎
2.三機工業(株)
3.石川島運搬機械(株)
4.日産自動車(株)
5.北陸電力(株)


第5章 先進大容量充電技術の展望

1.先進大容量充電技術のレベルと課題
2.先進大容量充電技術の有望ターゲットと普及条件
3.需要分野別先進大容量充電技術の採用条件と可能性
4.先進大容量充電技術の実用化・普及展望
5.先進大容量充電技術の需要規模予測(2020年時点)
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。