2012年版 文具・事務用品マーケティング総覧

本調査レポートは、新商品の投入サイクルが短期間であり、流通における変化が激しい文具・事務用品マーケットを全体的に捉えた資料として企画し、当業界を28分野に分類し、各市場規模や市場動向を調査分析いたしました。本年版はとくに「文具メーカーの海外戦略」「デジタル文具」「パーソナル文具の開発動向」を注目テーマとして、分析いたしました。

発刊日
2012/10/30
体裁
A4 / 376頁
資料コード
C54113800
PDFサイズ
7.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:文具・事務用品市場のマーケット動向、商品動向、企業動向などを調査分析し、関連業界の現状把握及び将来見通し、主要事業者の研究を行なう。
調査対象
■筆記具(鉛筆、万年筆、油性ボールペン、水性ボールペン、シャープペンシル、油性マーカー、水性マーカー)
■紙製品(手帳類、ノート、学習帳、レポート用紙、ルーズリーフ、封筒、アルバム)
■事務用品(ラベル類、のり、粘着テープ、黒板類(ボード類)、ステープラー、ファイル類、修正用品、消しゴム、カッター、印章類、電子文具、電子辞書、文具はさみ、接着剤)
調査方法:直接面接調査を中心に、一部事業者や業界に関しては電話取材やFAX/インターネット等によるアンケート調査を併用
調査期間:2012年7月~2012年10月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 文具・事務用品関連の品目ごとの市場実態分析/市場規模推移/メーカーシェア/商品動向/市場見通しなどをレポート。
  • 変革が進む文具流通。注目されるオフィス通販市場の定量データ把握と有力事業者のビジネス動向を分析。
  • 当該市場の主要メーカー・流通業者を徹底調査。有力企業個票を一挙掲載し、各社の事業動向/事業戦略を明らかに。
  • 主要メーカー各社の商品政策・営業政策・市場見通し/重点施策を業界別に掲載。有力各社の戦略から業界動向を探る。
  • 2011年~2012年の主な文具関連新商品一覧を収録。商品開発動向を探る。
  • 文具・事務用品業界の有力メーカー、コクヨグループ・プラスグループ・キングジムの事業動向をレポート。
  • テーマ研究 パーソナル文具/デジタル文具/文具メーカーの海外戦略。

■本資料の概要

第Ⅰ章 文具・事務用品市場概況
第Ⅱ章 品目別市場動向
第Ⅲ章 有力企業動向

■掲載内容

第Ⅰ章 文具・事務用品市場概況

1.文具・事務用品市場の概況
  (1)文具・事務用品市場の現況/市場規模推移
  (2)文具・事務用品市場の変化とその要因/参入事業者の対応
  (3)有力メーカーの商品政策・動向
    商品政策-重点商品・ヒット商品
    商品政策-商品開発戦略
    主な新商品(2011~2012年)
  (4)有力メーカーの営業戦略
    営業戦略-チャネル戦略
    営業戦略-販促戦略
  (5)有力メーカーの市場見通し/重点施策
  (6)文具・事務用品有力企業の事業動向
    ①コクヨグループの事業動向
    ②プラスグループの事業動向
    ③キングジムの事業動向
2.文具流通の概況
  (1)文具流通の現状と方向性
  (2)オフィス通販ビジネス規模/主要事業者ランキング
  (3)オフィス通販ビジネスの動向
  (4)拡大するMRO市場と各社の取組
  (5)アスクルの事業展開
  (6)カウネットの事業展開
3.テーマ研究
  (1)文具メーカーの海外戦略
  (2)デジタル文具
  (3)パーソナル文具の開発動向/デザイン文具メーカー

第Ⅱ章 品目別市場動向

1.筆記具市場
  鉛筆、万年筆、油性ボールペン、水性ボールペン(ゲルタイプ含む)、シャープペンシル、油性マーカー、水性マーカー
2.紙製品市場
  ノート、学習帳、手帳類、封筒、アルバム、ルーズリーフ、レポート用紙
3.事務用品市場
  ファイル類、粘着テープ、印章類、ラベル類(OAラベル、マニュアルラベル)、のり、
  黒板類(黒板、ホワイトボード、掲示板)、修正用品(修正テープ、修正ペン、修正液)、カッター、
  ステープラー、消しゴム、文具はさみ、接着剤、電子文具、電子辞書

第Ⅲ章 有力企業動向

(株)青井黒板製作所、アピカ(株)、エーワン(株)、カシオ計算機(株)、(株)キングジム、クツワ(株)、コクヨ(株)、(株)サクラクレパス、シャチハタ(株)、ショウワノート(株)、住友スリーエム(株)、セーラー万年筆(株)、セイコーインスツル(株)、セキセイ(株)、ゼブラ(株)、積水化学工業(株)、寺西化学工業(株)、(株)デザインフィル、(株)トンボ鉛筆、ナカバヤシ(株)、日学(株)、ニチバン(株)、(株)パイロットコーポレーション、不易糊工業(株)、ブラザー工業(株)、プラス(株)、プラチナ万年筆(株)、ぺんてる(株)、(株)マークス、マックス(株)、マルマン(株)、三菱鉛筆(株)、ヤマト(株)、(株)ライオン事務器、(株)リヒトラブ
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。