2012年版 ベトナム小売・e-コマース市場の現状と今後の予測

現在のベトナム小売市場は拡大基調にあります。人口は増加傾向、現在の総人口は約9千万人、その約7割が30歳未満の若年層という特徴から、有望市場として注目されております。また、未だスーパーマーケットなどの近代的流通市場が小売市場全体の約2割であり、今後成長の余地が大きい市場である一方、小売事業拡大には課題も多い市場でもあります。本調査レポートでは、現在参入している企業はいかに事業を拡大しようとしているのか、企業の成長戦略についてフォーカスし、今後のベトナム小売市場の方向性を予測いたしました。

発刊日
2012/10/31
体裁
A4 / 219頁
資料コード
C54115400
PDFサイズ
11.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象業態
1)近代的小売市場:食品スーパー、コンビニ、ショッピングセンター、ネットショッピング、テレビショッピング
2)伝統市場
調査期間:2012年8月~2012年10月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 現地有力企業への訪問調査取材
  • 有力ベトナム小売企業(現地企業と外資系企業)の成長戦略分析
  • ベトナム小売市場の今後の行方(近代的小売市場の成長性、店舗展開動向)
  • ベトナム小売市場の有力企業リストを掲載(スーパーマーケット19社、CVS10社、ショッピングセンター30社、家電ショップ14社、ネットショッピング9社、TVショッピング9社、卸売企業69社)

■本資料の概要

Ⅰ.小売市場の動向
Ⅱ.有力小売企業の成長戦略
Ⅲ.主要ショッピングセンターの動向
Ⅳ.ベトナム小売協会の見解・見通し
Ⅴ.伝統市場の動向
Ⅵ.小売市場を取り巻く市場環境
Ⅶ.ベトナム小売市場における日系企業の事業可能性について
Ⅷ.有力企業リスト

■掲載内容

Ⅰ.小売市場の動向

1.全体の市場動向
  (1)市場規模と成長性(2001年~2011年)
  (2)業態的市場シェア(金額ベース)
  (3)市場予測
    【リアル店舗とネットショッピングなどの無店舗販売のシェア推移】
    【市場規模予測(2012年~2016年)】
2.スーパーマーケット市場の動向
  (1)市場規模と成長性(2009年~2011年)
  (2)店舗数推移(全国)
  (3)店舗数推移(行政区分別)
  (4)主要プレイヤー・業界動向
    【主要スーパーマーケットの店舗数ランキング】
    【主要スーパーマーケットの市場占有率(店舗数ベース)】
    【上位10スーパーの国営・地場民間・外資の比率(店舗数ベース)】
    【ハノイ市の主要スーパーマーケット】
    【ホーチミン市の主要スーパーマーケット】
    【ベトナム主要スーパーマーケットの動向】
  (5)市場予測
    【市場規模予測(2012年~2016年)】
3.コンビニエンスストア市場の動向
  (1)市場規模と成長性(2009年~2011年)
  (2)店舗数推移(全国)
  (3)主要プレイヤー・業界動向
    【エリア別主要コンビニエンスストア店舗数シェア】
    【エリア別主要コンビニの国営・地場民間・外資の比率(店舗数ベース)】
    【ベトナム主要コンビニエンスストアの動向】
  (4)市場予測
    【店舗当たりの人口にみるベトナム市場の可能性について】
4.ショッピングセンター・百貨店市場の動向
  (1)ショッピングセンター数推移(2006年~2011年)
  (2)市場予測
    【行政区分別ショッピングセンター数推移】
5.ネットショッピング市場の動向
  (1)市場規模と成長性(2009年~2011年)
  (2)ネットショッピング企業数推移(2006年~2011年)
    【電子商取引実績のあった社数推移(2006年~2011年)】
  (3)主要プレイヤー・業界動向
  (4)市場予測
6.テレビショッピング市場の動向
  (1)市場規模と成長性(2009年~2011年)
  (2)テレビショッピング社数推移(2006年~2011年)
  (3)主要プレイヤー・業界動向
  (4)市場予測

Ⅱ.有力小売企業の成長戦略

有力小売企業の成長戦略とは
1.コープマート(Co.opMart)(地場)
2.シティマート(Citimart)(地場)
3.マキシ マーク(Maximark)(地場)
4.ビックC(BigC)(外資)
5.ロッテマート(LOTTE MART)(外資)
6.ファミリーマート(FamilyMart)(日系)
7.メトロ(METRO)(外資)
8.ショップ&ゴー(Shop&Go)(地場)
9.ベトナムプライス(VAT GIA VIET NAM)(地場)(e-コマース企業)
10.今後進出を予定している日系小売企業の特徴・事業の方向性

Ⅲ.主要ショッピングセンターの動向

1.主要ショッピングセンターリストとその特徴
  (1)ホーチミン市の主要ショッピングセンターリスト
  (2)ホーチミン市の主要ショッピングセンターに入居しているテナントの特徴
  (3)ハノイ市の主要ショッピングセンターリスト
2.今後のショッピングセンター・百貨店出店計画
  (1)ホーチミン市
  (2)ハノイ市
3.現在出店している日系企業のテナント事例
4.ショッピングセンターの契約条件事例

Ⅳ.ベトナム小売協会の見解・見通し

1.ベトナム小売市場の現状
  (1)小売市場の市場規模の伸び率推移(2006年~2016年(予))
  (2)過去3年間(2009年~2011年)で伸びが顕著だった小売業態とその背景
2.ベトナム小売市場の今後と課題
  (1)今後5年間で成長が見込まれる小売業態について
  (2)ベトナムの小売市場の課題について
  (3)それらの課題を解決する方策について
3.外資系企業に求める役割
  (1)外資流通企業のベトナム市場参入についての見解
  (2)外資流通企業に期待する役割について

Ⅴ.伝統市場の動向

1.ベトナムの伝統市場について
  (1)現状
    【伝統市場の数の推移(2008年~2011年)】
    【クラス別伝統市場の数の推移(2008年~2011年)】
  (2)今後の方向性
2.主要都市(ハノイ市とホーチミン市)の伝統市場に対する政策動向
  (1)ハノイ市の伝統市場の施策動向
    【ハノイ市の伝統市場数推移(2008年~2011年)】
  (2)ホーチミン市の伝統市場の施策動向
    【ホーチミン市の伝統市場数推移(2008年~2011年)】
3.伝統市場への商品の流れ(生産者(メーカ)・輸入代理店~一般消費者まで)
  (1)農産物
  (2)乾物、缶詰、ドリンクなど
4.外資系食品メーカの流通チャネル事例
  (1)飲料メーカの事例
  (2)調味料メーカの事例
5.主要卸売事業者リスト
  (1)【食品・グローサリの卸売事業者リスト】
  (2)【飲料・酒類の卸売事業者リスト】
  (3)【アパレル製品の卸売事業者リスト】

Ⅵ.小売市場を取り巻く市場環境

1.行政区分別人口推移
  (1)全国の人口推移(2008年~2011年)
  (2)主要都市の人口推移(2008年~2011年)
    【2020年までの人口予測(全国・ハノイ市・ホーチミン市)】
    【ハノイ市、ホーチミン市の人口シェア推移(2010年~2012年)】
    【都市人口推移(1990年~2025年(予))】
  (3)その他主要エリアの人口推移(2008年~2011年)
  行政区分別人口推移(2008年~2011年)
2.行政区分別小売市場規模(商品・サービス)推移(2001年~2011年)
  (1)主要都市別小売市場規模(ホテル、観光産業含む商品とサービス合計)推移
  (2)主要都市別1人当たり小売市場規模(ホテル、観光産業含む合計)推移
  行政区分別小売市場規模(商品・サービス)推移(2008年~2011年)
3.消費者物価指数推移(2011年7月~2012年9月)
  【食品関連の消費者物価指数推移】
  【飲料、アパレル製品等の消費者物価指数推移】
  【住宅関連の消費者物価指数推移】
  【その他の消費者物価指数推移】
4.平均所得推移(2002年~2011年)
  (1)1人当たり1ヶ月の平均所得推移(全国、ホーチミン市、ハノイ市)
  (2)主要都市(ホーチミン市とハノイ市)の所得階層分布
5.月平均支出額推移(2002年~2010年)
  【1ヶ月の消費支出の内訳】
  【エリア別品目別1ヶ月の消費支出額】
6.年齢別人口推移予測(2009年~2020年)
  【全国の年齢別人口推移】
  【ハノイ市とホーチミン市の年齢別人口推移】
  【過去の人口動態から見るトレンド】
7.世帯数推移(1999年→2009年)
8.ベトナムのGDP推移(2001年~2017年(予))
9.1人当たりGDP推移(2000年~2010年)
  【ハノイ市とホーチミン市の今後の1人当たりGDP目標値(2015年、2020年)】
10.法規制について

Ⅶ.ベトナム小売市場における日系企業の事業可能性について

1.市場ニーズ
2.可能性のある進出方法

Ⅷ.有力企業リスト

スーパーマーケット(19社)
コンビニエンスストア(10社)
ショッピングセンター(30社)
家電ショップ(14社)
ネットショッピング(9社)
テレビショッピング(9社)
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。