2015年版 物流市場の現状と将来展望

経済のグローバル化に伴い、国際化がますます進む物流市場。わが国の産業構造の変化とともにダイナミックに変化する物流市場に関する総合マーケティング資料。

発刊日
2015/03/30
体裁
A4 / 484頁
資料コード
C57103800
PDFサイズ
13.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:物流市場における業種別の市場規模や需要動向、有力事業者の経営・事業の現状等を調査分析することにより、今後の業界の発展に供することを目的とする。
調査方法:面接ヒアリング調査、一部書面および電話による補足調査。電話アンケート調査。各種統計、文献資料等の収集・分析調査。
調査期間:2014年11月~2015年3月

資料ポイント
Close

  • 行政施策の方向性、国内外の経済動向・貿易自由化動向など、物流市場を取り巻く市場環境の動向は?ドライバー不足問題、通販市場に向けたサービスの拡充、有力事業者におけるM&Aなど、近年の物流業界におけるトピックスをはじめ、物流市場全体の市場動向および概況等を徹底的に解説
  • 物流主要17業種の各業種について、有力事業者参入動向や、市場規模動向、事業者別シェア、市場における課題および事業者の注力施策、有力事業者の事例研究などを掲載。個別市場の動向を徹底的に解明
  • 有力物流事業者178社の物流事業種別・機能別・国内外別売上高構成比や、労働者不足に対する対策など事業実態についてのアンケート結果を掲載。ベンチマーク等に最適

資料概要
Close

第1章 物流市場の潮流
第2章 物流市場を取巻く市場環境
第3章 物流市場の最新動向
第4章 業種別にみる市場動向及び事例研究 ~物流17業種の市場動向と有力14事業者の事例研究~
第5章 有力な物流事業者における事業実態

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

物流17業種 総市場規模の動向
物流17業種 各業種の動向

<図表>
物流業種17業種 総市場規模の推移と予測(金額ベース)

第1章 物流市場の潮流

1.物流需要の拡大におけるドライバー不足問題
2.アジアにおける内需の取り込み、中南米の需要拡大
3.低温食品・メディカル関連分野のスペシャリストとしての成長

<第1章 図表>
図表1-3  国際物流市場における日系物流事業者の“質”的強み

第2章 物流市場を取巻く市場環境

1.国内における物流政策の動向
2.物流市場を取巻く経済環境の動向

<第2章 図表>
図表2-1-1 総合物流施策大綱における物流施策の方向性・取組
図表2-1-2 わが国と各国・地域とのEPA/FTAの締結状況
図表2-2-1 わが国のGDPの推移(実額ベース)
図表2-2-2 わが国のGDPの推移(成長率ベース)
図表2-2-3 アジア主要国のGDPの推移・予測
図表2-2-4 アジア主要国のGDP成長率の推移・予測
図表2-2-5 アジア主要国の国民1人あたりのGDPの推移

第3章 物流市場の最新動向

1.物流市場の概況
  1)業界構造と参入事業者再編の動向
  2)わが国における輸出入動向
    ①輸出入総額の動向
    ②相手国別輸出入額の動向
    ③商品別輸出入額の動向
  3)貨物輸送量の動向
    ①国内貨物輸送量の動向
    ②国際貨物輸送量の動向
  4)国内における貨物在庫量の動向
  5)輸送機器の動向
    ①トラックならびに鉄道車両の保有量の動向
    ②鋼船竣工実績の動向
2.物流市場における注目動向
  1)ドライバー不足への対策
  2)国際物流の動向
  3)通販フルフィルメントサービスの動向
  4)アジアに浸透する宅配便・国際宅配便の動向
  5)国内における建築資材の物流需要の拡大
  6)物流不動産市場の動向
3.物流総市場規模の動向
  1)物流17業種 総市場規模の推移と予測
  2)物流17業種 総市場規模における企業別シェア

<第3章 図表>
図表3-1-1-1 2000年代における日系物流事業者のM&A、資本・業務提携
図表3-1-1-2 2010~2013年における日系物流事業者のM&A、資本・業務提携
図表3-1-1-3 2014年以降における日系物流事業者のM&A、資本・業務提携
図表3-1-2-1 わが国における輸出入高の推移
図表3-1-2-2 主要相手国への輸出高の推移
図表3-1-2-3 主要地域・相手国別の輸出高の推移
図表3-1-2-4 主要相手国からの輸入高の推移
図表3-1-2-5 主要地域・相手国別の輸入高の推移
図表3-1-2-6 品目別輸出高の推移
図表3-1-2-7 品目別輸入高の推移
図表3-1-2-8 品目別の輸出入高の推移
図表3-1-3-1 輸送機関別の国内貨物輸送量の推移(重量ベース)
図表3-1-3-2 輸送機関別の国内貨物輸送量の推移(輸送トンキロベース)
図表3-1-3-3 輸送機関別の国際貨物輸送量の推移(重量ベース)
図表3-1-4 国内倉庫の所管面積・容積、入庫量、平均月末在庫量、年間回転数の推移
図表3-1-5-1 国内におけるトラックおよび鉄道車両の保有量の推移
図表3-1-5-2 国内における鋼船竣工実績の推移
図表3-2-2-1 CVS 4チェーンのエリア別店舗数比率
図表3-2-2-2 代表的な低温食品物流事業者
図表3-2-3-1 フルフィルメントサービスの概念図
図表3-2-3-2 通販業界における代表的な物流事業者
図表3-2-3-3 通販事業者に関する物流関連の動向
図表3-2-4-1 2大宅配便事業者のアジアにおける宅配便事業展開状況
図表3-2-4-2 ヤマトホールディングスの海外における宅配便取扱数の推移
図表3-2-4-3 ヤマトホールディングス「国際クール宅急便」の仕組み
図表3-2-5-1 センコーの住宅物流事業売上高の推移
図表3-2-5-2 センコーの建築資材関連物流
図表3-2-6-1 物流施設着工棟数の推移
図表3-2-6-2 物流施設着工棟数(2,000㎡以上)の推移
図表3-2-6-3 主要物流不動産事業者の概況
図表3-2-6-4 プロロジスにおける「Aクラス物流施設」
図表3-2-6-5 大和ハウス工業の環境配慮型物流施設「D’s スマートロジスティクス」
図表3-3-1-1 物流17業種 総市場規模の推移と予測
図表3-3-1-2 物流17業種 総市場規模指数の推移と予測
図表3-3-2 物流17業種 総市場規模における企業別シェア(2013年度、金額ベース)

第4章 業種別にみる市場動向及び事例研究 ~物流17業種の市場動向と有力14事業者の事例研究~

1.特別積み合せ運送
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究:トールエクスプレスジャパン株式会社/特別積み合せ運送事業
2.宅配便及び国際宅配便
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究:ヤマトホールディングス株式会社/宅配便事業
3.システム物流及び納品代行
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究:センコー株式会社/システム物流
    日本梱包運輸倉庫株式会社/システム物流
    株式会社名糖運輸/システム物流
    株式会社ハマキョウレックス/システム物流
4.フォワーディング
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究:株式会社近鉄エクスプレス/フォワーディング
    山九株式会社/フォワーディング
5.鉄道貨物輸送および鉄道利用貨物運送
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
6.一般港湾運送および海運
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究:鈴与株式会社/一般港湾運送・フォワーディング
7.航空貨物運送
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
8.軽貨物輸送およびバイク便
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究:株式会社By-Qホールディングス/バイク便・軽貨物輸送
9.普通倉庫および冷蔵冷凍倉庫
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究:株式会社ヒューテックノオリン/冷蔵冷凍倉庫事業
    横浜冷凍株式会社/冷蔵冷凍倉庫事業
10.トランクルームならびにその周辺事業
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究:寺田倉庫株式会社/トランクルーム事業者
11.引越し
  1)事業概要と参入企業の動向
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)課題・問題点
  4)市場規模の動向と見通し
  5)事例研究:アートコーポレーション株式会社/引越し

<第4章 図表>
図表4-1-1-1 特別積み合せ事業者数の推移
図表4-1-1-2 トラック事業者のタイプ別・資本金別事業者数の構成比(2012年度)
図表4-1-1-3 特別積み合せ運送事業の主たる有力企業
図表4-1-2 特別積み合せ運送事業者に関する近年の主たる業務・資本提携
図表4-1-3 自動車による陸上輸送の輸送量の推移(営業用)
図表4-1-4-1 特別積み合せ運送事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-1-4-2 有力な特別積み合せ運送事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-1-5-1 トールグループの業績動向
図表4-2-1-1 宅配便の取扱個数の推移(トラック輸送分のみ)
図表4-2-1-2 有力宅配便等ブランドのシェアおよびブランド数の推移
図表4-2-1-3 宅配便事業の主たる有力企業
図表4-2-1-4 国際宅配便の取扱数量の推移
図表4-2-1-5 国際宅配便事業の主たる有力企業
図表4-2-2-1 フルフィルメントサービスの概念図
図表4-2-2-2 ヤマトホールディングス「厚木ゲートウェイ」のフロア構成
図表4-2-2-3 有力メール便ブランドにおける取扱い個数とブランド数の推移
図表4-2-4-1 宅配便における市場規模の推移と予測
図表4-2-4-2 有力な宅配便サービスブランドの市場占有率(2013年度 金額ベース)
図表4-2-4-3 国際宅配便における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-2-4-4 有力な国際宅配便サービスブランドの市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-2-5-1 ヤマトホールディングスの業績の推移(連結ベース)
図表4-2-5-2 ヤマトホールディングスにおける事業別業績の推移(連結ベース)
図表4-2-5-3 「バリュー・ネットワーキング」構想全体の概略図
図表4-3-1-1 共同配送の事例①~荷主・物流事業者主導型~
図表4-3-1-2 共同配送の事例②~小売事業者主導型~
図表4-3-1-3 出身業態別にみる主たるシステム物流事業者
図表4-3-1-4 システム物流事業の主たる有力企業
図表4-3-1-5 システム物流事業者を巡る業界再編の動き
図表4-3-1-6 納品代行事業の主たる有力企業
図表4-3-3 トランコムの「物流情報サービス事業」のイメージ
図表4-3-4-1 システム物流事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-3-4-2 有力なシステム物流事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-3-4-3 納品代行事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-3-4-4 有力な納品代行事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-3-5-1 センコーの業績の推移(連結ベース)
図表4-3-5-2 センコーにおける事業別業績の推移(連結ベース)
図表4-3-5-3 日本梱包運輸倉庫の業績の推移(連結ベース)
図表4-3-5-4 日本梱包運輸倉庫における事業別業績の推移(連結ベース)
図表4-3-5-5 名糖運輸の業績の推移(連結ベース)
図表4-3-5-6 名糖運輸における事業別業績の推移(連結ベース)
図表4-3-5-7 ハマキョウレックスの業績の推移(連結ベース)
図表4-3-5-8 ハマキョウレックスの事業別業績の推移(連結ベース)
図表4-3-5-9 ハマキョウレックスの“人的稼働の合理化”
図表4-3-5-10 ハマキョウレックスの物流センター事業(3PL)の品目別構成比の推移
図表4-4-1-1 フォワーディング事業のスキーム
図表4-4-1-2 バイヤーズコンソリデーションのサービスイメージ(海上運送の場合)
図表4-4-1-3 フォワーディング事業の主たる有力企業
図表4-4-2 有力フォワーダーにおける注力施策
図表4-4-4-1 外航海運&国際航空貨物フォワーダーの取扱貨物輸送量の推移
図表4-4-4-2 外航海運フォワーディングにおける市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-4-4-3 航空貨物フォワーディングにおける市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-4-4-4 フォワーディング総市場における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-4-4-5 有力な外航海運フォワーダーの市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-4-4-6 有力な航空貨物フォワーダーの市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-4-4-7 有力なフォワーダーの市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-4-5-1 近鉄エクスプレスの業績の推移(連結ベース)
図表4-4-5-2 近鉄エクスプレスの事業別業績の推移(連結ベース)
図表4-4-5-3 近鉄エクスプレスの地域別業績の推移(連結ベース)
図表4-4-5-4 近鉄エクスプレスのアジア地域における動向
図表4-4-5-5 山九の業績の推移(連結ベース)
図表4-4-5-6 山九の事業別業績の推移(連結ベース)
図表4-4-5-7 山九における環境問題対策への取組事例
図表4-5-1-1 鉄道貨物輸送事業の主たる有力企業
図表4-5-1-2 鉄道利用貨物輸送の事業構造イメージ
図表4-5-1-3 鉄道利用貨物運送事業の主たる有力企業
図表4-5-1-4 鉄道貨物輸送量の推移
図表4-5-4-1 鉄道貨物輸送事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-5-4-2 有力な鉄道貨物輸送事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-5-4-3 鉄道利用貨物運送事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-5-4-4 有力な鉄道利用貨物運送事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-6-1-1 港湾運送事業法に規定されている事業の種類
図表4-6-1-2 一般港湾運送事業者が本拠としている港湾の事例
図表4-6-1-3 一般港湾運送事業の主たる有力企業
図表4-6-1-4 一般港湾運送事業の基本的なサービス領域
図表4-6-1-5 海運事業者における基本的な事業構造
図表4-6-1-6 主たる内航海運事業者の設立経緯
図表4-6-1-7 海運事業者における3大グローバルアライアンス
図表4-6-1-8 海運事業の主たる有力企業
図表4-6-2-1 日本郵船のエネルギー輸送事業のバリューチェーン戦略
図表4-6-2-2 世界の港湾コンテナ取扱量ランキング
図表4-6-3 内航海運における業種別登録事業者数の推移
図表4-6-4-1 一般港湾運送における市場規模の推移と予測
図表4-6-4-2 有力な一般港湾運送事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-6-4-3 外航海運における市場規模の推移と予測
図表4-6-4-4 内航海運における市場規模の推移と予測
図表4-6-4-5 海運(外航+内航)における市場規模の推移と予測
図表4-6-4-6 有力な外航海運事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-6-4-7 有力な内航海運事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-6-4-8 有力な海運事業者(外航+内航)の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-6-5-1 鈴与の業績の推移
図表4-6-5-2 鈴与における物流事業のセグメント別売上比率
図表4-6-5-3 鈴与の通販事業に関わる物流サービス
図表4-7-1-1 45/47体制における航空会社の事業割
図表4-7-1-2 航空貨物輸送事業の主たる有力企業
図表4-7-2 航空貨物輸送量の推移
図表4-7-4-1 航空貨物輸送事業における市場規模の推移と予測
図表4-7-4-2 有力な航空貨物輸送事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-8-1-1 軽貨物輸送事業の主たる有力企業
図表4-8-1-2 バイク便輸送事業の主たる有力企業
図表4-8-4-1 軽貨物輸送事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-8-4-2 有力な軽貨物輸送事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-8-4-3 バイク便事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-8-4-4 有力なバイク便輸送事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-8-5 By-Qホールディングスの業績の推移(連結ベース)
図表4-9-1-1 倉庫業法において規定される倉庫の種類
図表4-9-1-2 普通倉庫における所管面積の推移(営業倉庫1類~3類のみ)
図表4-9-1-3 普通倉庫事業の主たる有力企業
図表4-9-1-4 冷蔵倉庫における保管温度の等級一覧
図表4-9-1-5 冷蔵倉庫における所管面積の推移(営業倉庫8類)
図表4-9-1-6 大手小売業者等向けの冷蔵倉庫事業の事業構造
図表4-9-1-7 冷蔵倉庫事業の主たる有力企業
図表4-9-2 有力な普通倉庫事業者における注力施策
図表4-9-4-1 普通倉庫事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-9-4-2 有力な普通倉庫事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-9-4-3 冷蔵倉庫事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-9-4-4 有力な冷蔵倉庫事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-9-5-1 ヒューテックノオリンの業績の推移(連結ベース)
図表4-9-5-2 ヒューテックノオリンの事業別業績の推移(連結ベース)
図表4-9-5-3 ヒューテックノオリンの複合型物流センター
図表4-9-5-4 横浜冷凍の業績の推移(連結ベース)
図表4-9-5-5 横浜冷凍における業績別業績の推移(連結ベース)
図表4-10-1 トランクルーム他事業の主たる有力企業
図表4-10-4-1 トランクルーム他事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-10-4-2 有力なトランクルーム他事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-10-5-1 寺田倉庫の業績の推移(連結ベース)
図表4-10-5-2 寺田倉庫の事業別の売上高構成比(2014年3月期、連結ベース)
図表4-11-1 引越し事業の主たる有力企業
図表4-11-4-1 引越し事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表4-11-4-2 有力な引越し事業者の市場占有率(2013年度、金額ベース)
図表4-11-5-1 アートコーポレーションの業績の推移(連結ベース)
図表4-11-5-2 アートコーポレーションの事業別の業績の推移(連結ベース)
図表4-11-5-3 アートコーポレーションの転勤引越おまかせシステム「ARTist2」の概要

第5章 有力な物流事業者における事業実態

アーク引越センター(株)、アートコーポレーション(株)、愛知海運(株)、
愛知海運産業(株)、アイパック(株)、秋田運輸(株)、(株)浅井、
旭流通システム(株)、アサヒロジ(株)、味の素物流(株)、ADEKA物流(株)、
(株)天野回漕店、(株)アルプス物流、淡路共正陸運(株)、池田興業(株)、
伊勢湾倉庫(株)、宇部興産海運(株)、ANAホールディングス(株)、
SGホールディングス(株)、(株)エスラインギフ、エフピコ物流(株)、
遠州トラック(株)、オーシャントランス(株)、王子物流(株)、大塚倉庫(株)、
大阪旭海運(株)、大阪運輸倉庫(株)、(株)大阪西物流、大西物流(株)、
(株)大森廻漕店、岡山県貨物運送(株)、鹿児島荷役海陸運輸(株)、
カメイ物流サービス(株)、カメリアライン(株)、川崎運送(株)、川崎汽船(株)、
川崎陸送(株)、(株)キユーソー流通システム、義勇海運(株)、(株)キョーワ、
共通運送(株)、(株)共同物流サービス、(株)近鉄エクスプレス、(株)栗林商会、
栗林物流システム(株)、クレハ運輸(株)、群馬くみあい運輸(株)、京神倉庫(株)、
京濱港運(株)、甲信越福山通運(株)、国華産業(株)、小倉運送(株)、
(株)サカイ引越センター、札樽自動車運輸(株)、山九(株)、山陽自動車運送(株)、
(株)サンリツ、(株)JAアグリエール長野、JAえひめ物流(株)、
JAパールライン福島(株)、(株)JA物流かごしま、JFE物流(株)、
J-ロジテック(株)、塩竈港運送(株)、滋賀運送(株)、四国運輸(株)、
四国名鉄運輸(株)、シノトランスジャパン(株)、出版共同流通(株)、翔運輸(株)、
商船港運(株)、(株)商船三井、白金運輸(株)、(株)シンクラン、(株)スイシン、
鈴与(株)、鈴與自動車運送(株)、住化ロジスティクス(株)、住鉱物流(株)、
(株)スリーエス物流、セイノーホールディングス(株)、瀬戸運輸(株)、
センコー(株)、全農グリーンリソース(株)、双日マリンアンドエンジニアリング(株)、
第一中央汽船(株)、大王海運(株)、大東港運(株)、大興運輸(株)、
ダイセー倉庫運輸(株)、太平洋フェリー(株)、大宝運輸(株)、
タカラ物流システム(株)、(株)辰巳商会、谷川運輸倉庫(株)、(株)中央倉庫、
中京陸運(株)、直販配送(株)、司企業(株)、月星海運(株)、(株)手原産業倉庫、
寺田倉庫(株)、(株)デンソーロジテム、トールエクスプレスジャパン(株)、
東京国際埠頭(株)、東洋運輸(株)、(株)トクヤマロジスティクス、
トナミホールディングス(株)、トピー海運(株)、トヨタ輸送(株)、
トレーディア(株)、(株)トワード物流、(株)ナカノ商会、浪速通運(株)、
南信貨物自動車(株)、西多摩運送(株)、西日本日立物流サービス(株)、
ニチユ物流(株)、(株)日輪、(株)ニチレイロジグループ本社、日新運輸工業(株)、
日清エンタープライズ(株)、日鉄住金物流名古屋(株)、日本運輸倉庫(株)、
日本トランスシティ(株)、日本興運(株)、日本コンテナ・ターミナル(株)、
日本通運(株)、日本埠頭倉庫(株)、日本郵政(株)、日本ロジステック(株)、
ハートランス(株)、(株)By-Qホールディングス、(株)博運社、八馬汽船(株)、
(株)パルライン、(株)帆栄物流、(株)樋口物流サービス、(株)日立物流、
姫路合同貨物自動車(株)、(株)ヒューテックノオリン、備後通運(株)、福岡倉庫(株)、
福山スチールセンター(株)、福山通運(株)、富士港運(株)、富士タンカー(株)、
藤原運輸(株)、(株)富士ロジテック、(株)物流二十四、北陸トラック運送(株)、
(株)ポストウェイ、北海運輸(株)、北海道郵便逓送(株)、ホンダロジコム(株)、
(株)松尾運送、松岡満運輸(株)、松藤商事(株)、丸全昭和運輸(株)、
(株)丸和運輸機関、マルタアマゾン(株)、三井倉庫ホールディングス(株)、
(株)三越伊勢丹ビジネス・サポート、三菱鉱石輸送(株)、三菱倉庫(株)、
三星海運(株)、三ッ輪物流(株)、(株)湊組、宮崎カーフェリー(株)、
(株)ムロオ、名港海運(株)、名糖運輸(株)、名阪急配(株)、
(株)安川ロジステック、ヤマトホールディングス(株)、郵船港運(株)、
横浜冷凍(株)、(株)ランテック

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。