2016 IoTが牽引するセンサーネットワーク市場 ~業種別の市場性予測~

国内センサーネットワークビジネスに関して、主要事業者からの収集情報及び文献調査などをもとに、マーケットの現状、ビジネス構造、標準化・連携動向などを明らかにした。さらに、収集情報をベースとした分野別のセンサーネットワーク市場規模の現況及び2020年を目処とした中期市場予測を行った。

発刊日
2016/06/30
体裁
A4 / 146頁
資料コード
C58105700
PDFサイズ
2.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 146頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象国:日本
調査対象分野
・エネルギー関連:HEMS、BEMS、流通業でのエネルギー管理など
・インフラ関連:道路インフラ(橋梁、トンネル、法面など)
・工場・製造関連:保守管理、FA(インダストリー4.0のイメージ)、工程管理/品質管理、重機・建機など
・セキュリティ関連:機械警備(住宅、非住宅)、サービス付高齢者向け住宅など
・農業・畜産関連:圃場、施設園芸、植物工場、畜産業(牛、豚、鶏)など
・ヘルスケア関連:見守りサービス、患者モニタリング、健康管理モニタリングなど
・流通:トラッキング/トレーサビリティなど
・自然・環境関連:気象・大気汚染・花粉・放射線観測、火山・地震監視、災害監視など
・自動車関連:TPMS、盗難防止装置など
調査方法:国内主要事業者への直接面接取材を中心に、電話取材、アンケート調査、文献調査などを併用した。
調査期間:2015年10月~2016年6月

調査結果サマリー
Close

センサーネットワークシステム数を予測(2016年)
 ~IoTに牽引されたセンサーネットワークシステム設置数の拡大を予測~
・2015年度の国内センサーネットワークシステム市場は59.3万システム、
 2020年度には136.4万システムに拡大と予測
・2015年度のシステム設置数を用途別にみると、機械警備装置向けが56.5%、
 センサータイプの自動車盗難防止装置向けが17.7%を占める

資料ポイント
Close

  • システム数/センサーノード数/金額ベースでのマーケット規模を算定
  • カテゴリー別の市場規模及び推移(2013~2020年予測)
  • 有力事業者の取り組み(IT事業者/SIer、デバイスメーカー、公的研究機関など)
  • 実用化に向けての課題/省電力ネットワーク動向/技術動向(電源、無線化)
  • IoT/AI・人工知能/ビッグデータ関連情報なども掲載
  • 対象カテゴリー:エネルギー関連(HEMS、BEMS、流通業でのエネルギー管理など)/道路インフラ関連(橋梁、トンネル、法面など)/セキュリティ関連(機械警備:住宅・非住宅、サービス付高齢者向け住宅など)/農業・畜産関連(圃場、施設園芸、植物工場、畜産)/ヘルスケア関連(見守り、患者モニタリング、健康管理モニタリングなど)/製造・工場関連(保守管理、FA、品質管理など)/自動車関連(TPMS、盗難防止システムなど)、自然・環境計測(気象観測、大気汚染・花粉・放射線、火山・地震監視、災害監視など)、流通関連(トラッキングなど)

資料概要
Close

第Ⅰ章 センサーネットワーク市場概況
第Ⅱ章 カテゴリー別の市場動向
第Ⅲ章 企業個票

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
  (1)センサーネットワークビジネスの背景
    (図表1)センサーネットワークでの主な用途・ターゲット
  (2)センサーネットワークとIoT
    (図表2)センサーネットワークとIoTの関連
2.市場規模予測
  (1)センサーネットワーク市場規模予測(システム数ベース)
    (図表3)国内センサーネットワークシステム市場規模推移(2013~2020年度予測)
  (2)分野別・カテゴリー別の内訳(システム数ベース)
    (図表4)センサーネットワーク市場の内訳
3.カテゴリー別の市場動向
    (図表5)センサーネットワークビジネスでのカテゴリー別動向

第Ⅰ章 センサーネットワーク市場概況

1.センサーネットワーク市場の構造
  (1)センサーネットワークの定義
  (2)調査対象領域
    (図表6)センサーネットワーク市場の対象カテゴリー
  (3)センサーネットワークとIoT
    (図表7)センサーネットワークとIoTの関連(再掲)
  (4)センサーネットワークビジネスの現状評価
    ・センサーネットワーク普及の考察
    ・トリリオンセンサー構想
2.国内センサーネットワーク市場規模推移
  (1)国内センサーネットワーク市場規模推移(システム数ベース)
    (図表8)国内センサーネットワークシステム市場規模推移(2013~2020年度予測:再掲)
  (2)国内センサーネットワーク市場規模推移(センサーノード数ベース)
    (図表9)国内センサーノード市場規模推移(2013~2020年度予測)
  (3)国内センサーネットワーク市場規模推移(金額ベース)
    (図表10)国内センサーネットワーク市場規模推移(金額ベース:2013~2020年度予測)
3.分野別/カテゴリー別の内訳
    (図表11)センサーネットワーク市場の内訳:再掲
    (図表12)センサーネットワーク市場規模推移(システム数:2013~2020年度予測)
    エネルギー関連、インフラ関連、工場関連、セキュリティ、農業、畜産、ヘルスケア関連、
    流通(トラッキング・トレーサビリティ)、自然・環境関連、自動車関連
    (図表13)センサーネットワーク市場規模推移(センサーノード数:2013~2020年度予測)
    (図表14)センサーネットワーク市場規模推移(金額ベース:2013~2020年度予測)
4.レイヤー別のセンサーネットワークビジネス評価
  (1)IT事業者・SIer/通信事業者
    (図表15)センサーネットワークビジネスの評価
    (図表16)IT事業者/SIerにおけるセンサーネットワークビジネスの位置づけ
  (2)デバイスメーカー/その他
    (図表17)センサーネットワークビジネスの評価
  (3)公的研究機関
    (図表18)センサーネットワークビジネスの評価
5.海外におけるセンサーネットワークビジネス
6.センサーネットワークビジネスの見通し
    (図表19)センサーネットワークビジネスの見通し
7.センサーネットワークにおける技術動向
  (1)無線化の動向
    (図表20)分野別の無線化動向
    ・WSNの有効性評価
    (図表21)WSNの有効性評価
    ・WSNでの無線通信方式
    ・WSNでの周波数帯
  (2)電源動向
  (3)低消費電力ネットワーク「LPWA」
  (4)省電力テクノロジー「EnOcean」
    (図表22)EnOceanテクノロジーの特徴
    ・EnOceanの見通し
  (5)ビッグデータアナリティクス・解析/AI・人工知能
    ・ビッグデータアナリティクス
    (図表23)ビッグデータアナリティクスにおける主要セグメント概要
    ・AI・人工知能
    (図表24)AIビジネスのキーワード
8.センサーネットワークでの問題点・課題
    (図表25)センサーネットワーク実現に向けての課題(技術面)
    (図表26)センサーネットワーク実現に向けての課題(制度面/社会構造面)

第Ⅱ章 カテゴリー別の市場動向

1.エネルギー管理(HEMS、BEMS、店舗エネルギー管理)
  (1)市場規模推移(システム数ベース、センサーノード数ベース、金額ベース)
    (図表27)エネルギー管理(システム数:2013~2020年度予測)
    (図表28)エネルギー管理(センサーノード数:2013~2020年度予測)
    (図表29)エネルギー管理(金額ベース:2013~2020年度予測)
  (2)市場の背景
    ・行政の取り組み/制度変更/全体動向
    ・HEMS動向
    ・BEMS動向
    ・店舗でのエネルギー管理動向(CVSなど)
2.道路インフラ(橋梁、トンネル、のり面)
  (1)市場規模推移(システム数ベース、センサーノード数ベース、金額ベース)
    (図表30)道路インフラ(システム数:2013~2025年度予測)
    (図表31)道路インフラ(センサーノード数:2013~2025年度予測)
    (図表32)道路インフラ(金額ベース:2013~2025年度予測)
  (2)市場の背景
    ・全体動向
    ・センサーネットワークシステムの導入見通し
    ・土木研究所・構造物メンテナンス研究センター(CAESAR)
    ・モニタリングシステム技術研究組合(RAIMS)
    ・技術研究組合 NMEMS技術研究機構での開発動向
    ・センサーネットワークの親和性
    ・アセットマネジメントとインフラモニタリング
    ・参考情報
3.工場・工程管理(保守管理、FA、品質管理)
  (1)市場規模推移(システム数ベース、センサーノード数ベース、金額ベース)
    (図表33) 工場・工程管理(システム数:2013~2025年度予測)
    (図表34) 工場・工程管理(センサーノード数ベース:2013~2025年度予測)
    (図表35) 工場・工程管理(金額ベース:2013~2025年度予測)
  (2)市場の背景
    ・全体動向
    ・対象領域の概況
    ①保守管理(CBM工場)
    ②FA(スマート工場:インダストリー4.0的なイメージ)
    ③品質管理(温度管理)
    ・生産革新
    ・製造業での省エネ
    ・設備・機器監視におけるセンサーネットワーク導入
    ・工場でのセンサーネットワークの問題点・課題
    ・今後の見通し
    ・参考事例
4.セキュリティ関連
  (1)市場規模推移(システム数ベース、センサーノード数ベース、金額ベース)
    (図表36)セキリティ関連(システム数:2013~2020年度予測)
    (図表37)セキリティ関連(センサーノード数:2013~2020年度予測)
    (図表38)セキリティ関連(金額ベース:2013~2020年度予測)
  (2)市場の背景
    ・全体動向
    ・高齢者向けセキュリティの可能性
    ・参考事例
    ・太陽光発電施設向けセキュリティ
5.農業・畜産関連
  (1)市場規模推移(システム数ベース、センサーノード数ベース、金額ベース)
    ①農業・施設園芸関連
    (図表39)農業・施設園芸関連(システム数:2013~2020年度予測)
    (図表40)農業・施設園芸関連(センサーノード数:2013~2020年度予測)
    (図表41)農業・施設園芸関連(金額ベース:2013~2020年度予測)
    ②畜産業
    (図表42)畜産業(システム数:2013~2020年度予測)
    (図表43)畜産業(センサーノード数:2013~2020年度予測)
    (図表44)畜産業(金額ベース:2013~2020年度予測)
  (2)市場の背景
    ・全体動向
    ①農業・施設園芸関連
    ②畜産業
    ・農業・畜産業へのIT導入評価
    ・注目動向
    ・農匠ナビ1000コンソーシアム
    ・オプティムと佐賀大学との連携
    ・参考情報
    ・水産業
    ・海外情報
6.ヘルスケア関連(見守りサービス、在宅患者モニタリング、メタボ・肥満監視)
  (1)市場規模推移(システム数ベース、センサーノード数ベース、金額ベース)
    (図表45)ヘルスケア関連(システム数:2013年~2020年度予測)
    (図表46)ヘルスケア関連(センサーノード数:2013~2020年度予測)
    (図表47)ヘルスケア関連(金額ベース:2013~2020年度予測)
  (2)市場の背景
    ・全体動向
    ・ヘルスケアでのセンサーネットワークの普及見通し
    ・ヘルスケア・健康管理と保険の融合可能性
    ・BAN(ボディエリアネットワーク)の実現可能性
    ・ウェラブル・ヘルスケアサービス
    ・在宅患者モニタリング/簡易PHR(パーソナルヘルスレコード)
    ・問題点・課題
    ・参考情報
7.流通関連(トラッキング・トレーサビリティなど)
  (1)市場規模推移(システム数ベース、センサーノード数ベース、金額ベース)
    (図表48)流通関連(システム数:2013年~2020年度予測)
    (図表49)流通関連(センサーノード数:2013~2020年度予測)
    (図表50)流通関連(金額ベース:2013~2020年度予測)
  (2)市場の背景
    ・全体動向
    ・トラッキングへのセンサーネットワーク適用の現状
    ・海外事例
    ・RFID関連情報
8.自然・環境関連(自然・環境観測、火山・地震監視、災害監視/防災)
  (1)市場規模推移(システム数ベース、センサーノード数ベース、金額ベース)
    (図表51)自然・環境関連(システム数:2013年~2020年度予測)
    (図表52)自然・環境関連(センサーノード数:2013~2020年度予測)
    (図表53)自然・環境関連(金額ベース:2013~2020年度予測)
  (2)市場の背景
    ・全体動向
    ・国内での自然・環境監視体制
9.自動車関連(盗難防止装置、TPMS)
  (1)市場規模推移(システム数ベース、センサーノード数ベース、金額ベース)
    (図表54)自動車関連分野(システム数:2013年~2020年度予測)
    (図表55)自動車関連分野(センサーノード数:2013~2020年度予測)
    (図表56)自動車関連分野(金額ベース:2013~2020年度予測)
    (図表57)新車販売台数の推移
  (2)市場の背景
    ・全体動向
    ・テレマティクス保険(PHYD型)の可能性
    ・自動車におけるIoT動向
    ・自動車とAI

第Ⅲ章 企業個票

KDDI株式会社、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)、株式会社NTTデータ、
株式会社NTTドコモ、オムロン株式会社、セイコーソリューションズ株式会社、
ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ、リニアテクノロジー株式会社、
ローム株式会社、沖電気工業株式会社、一般社団法人科学技術と経済の会、
株式会社協和エクシオ、住友精密工業株式会社(クロスボー)、産業技術総合研究所(AIST)、
日本電業工作株式会社、富士通株式会社、三菱電機株式会社、株式会社村田製作所

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 146頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。