発刊予定   2018年版 資源リサイクルで注目される培土・土壌改良材・肥料・飼料の市場実態

発刊日: 2018/02/下旬 体裁: A4 / 約400頁
資料コード: C59118400 PDFサイズ:
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、こちらの申込書(書籍)を印刷し、FAXまたはメールにてご注文頂けます。

(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 約700億円マーケットで安定期を迎える培土・土壌改良材市場を詳細レポート
  • 高騰する肥料価格と資源有効活用化の中で、今後のメーカー動向とマーケットを展望
  • 国の政策の後押しもあり、拡大する食品残渣飼料(エコフィード)市場の動向を掲載
  • 需要分野別の培土市場規模&メーカーシェア掲載
  • 肥料市場は市場規模&メーカーシェア等全8市場掲載
  • 被覆、ペースト、液肥等高付加価値肥料の市場展望
  • 3,900億円肥料総市場の製品別市場将来予測
  • 培土・肥料・飼料関連主要参入企業を個別掲載

リサーチ内容

2017年12月28日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 培土・土壌改良材・肥料・飼料市場の注目動向

1.国内農業の現状
  (1)農業総産出額と生産農業所得推移(1984、2010~2015年)
  (2)農業就業人口の推移(2006~2016年)
  (3)農業就業者における平均年齢の推移
  (4)販売農家における年齢別農業就業人口構成比の変化
  (5)販売農家における専兼業別農家数構成比の変化
  (6)全国農業経営体における経営耕地面積規模別耕地集積割合の変化
  (7)全国で拡大する耕作放棄地面積の推移(1990~2015)
  (8)農業経営体における6次産業化の取組状況
  (9)農産物の輸出入額推移(2006~2016年)
2.農林水産省における施肥適正化の推進
3.全農における培土の取扱い状況
4.リン資源安定供給に向けた取組の方向性
5.国内肥料メーカーの海外展開
6.農家の大規模化で、需要が期待される肥料散布機(有機肥料・堆肥)
7.エコフィードをめぐる情勢
8.全国的に拡大する堆肥市場

第2章 マーケットの現状分析と将来展望

1.培土・土壌改良材市場
  (1)培土・土壌改良材におけるリサイクル資源の動向
  (2)培土・土壌改良材のトータルマーケット
    ①市場概況と流通構造
    ②参入企業動向
    ③市場規模推移と予測(2011~2022年度)
    ④需要分野別市場構成比(2017年度(見))
    ⑤市場拡大要因と課題点
    ⑥トータルマーケットの将来展望
  (3)稲作用培土 
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2011~2017年度)
    ③メーカーシェア(2014年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2017~2022年度)
  (4)農業園芸用培土 
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2011~2017年度)
    ③メーカーシェア(2014年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2017~2022年度)
  (5)家庭園芸用培土 
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2011~2017年度)
    ③メーカーシェア(2017年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2017~2022年度)
  (6)緑化用土壌改良材 
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2011~2017年度)
    ③製品別市場構成比(2017年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2017~2022年度)
  (7)微生物土壌改良材 
    ①市場動向
    ②市場規模推移(VA菌根菌:2011~2017年度)
    ③メーカーシェア(VA菌根菌:2017年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(VA菌根菌:2017~2022年度)
  (8)政令指定土壌改良材(VA菌根菌除く)
    ①土壌改良材と市場動向
    ②市場規模推移(2011~2017年度)
    ③参入企業一覧
2.肥料市場
  (1)肥料におけるリサイクル資源の動向
    ①リン鉱石の輸入動向
    ②塩化カリの輸入動向
    ③肥料の輸入動向
    ④農林水産省による肥料高騰に向けた取組
    ⑤リン資源リサイクル推進協議会 
    ⑥下水汚泥からのリン回収の取組
    ⑦肥料原料の安定確保に向けた取組み
  (2)肥料トータルマーケット
    ①市場概況と流通構造
    ②参入企業動向
    ③市場規模推移(2011~2017年度)
    ④製品分野別市場構成比(2017年度)
    ⑤需要分野別市場構成比(稲作用、園芸用、緑化用、家庭園芸用:2017年度)
    ⑥市場拡大要因と課題
    ⑦市場規模予測と市場見通し(2017~2022年度)
  (3)複合化成肥料市場(高度、普通、NK、有機)
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2011~2017年度)
    ③メーカーシェア(2017年度)
    ④今後の市場規模予測と市場見通し(2017~2022年度)
  (4)配合肥料市場
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2011~2017年度)
    ③メーカーシェア(2017年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2017~2022年度)
  (5)有機質肥料市場
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2011~2017年度)
    ③メーカーシェア(2017年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2017~2022年度)
  (6)単肥市場
    ①市場動向
    ②市場規模推移(2011~2017年度)
    ③メーカーシェア(2017年度)
    ④今後の市場規模予測と見通し(2017~2022年度)
  (7)その他の肥料市場
    ①液体肥料
    □市場動向
    □市場規模推移(2011~2017年度)
    □メーカーシェア(2017年度)
    □今後の市場規模予測と見通し(2017~2022年度)
    ②コーティング肥料
    □市場動向
    □市場規模推移(2011~2017年度)
    □メーカーシェア(2017年度)
    □今後の市場規模予測と見通し(2017~2022年度)
    ③ペースト肥料市場
    □市場動向
    □市場規模推移(2011~2017年度)
    □メーカーシェア(2017年度)
    □今後の市場規模予測と見通し(2017~2022年度)
    ④植物活力剤
    □市場動向
    □市場規模推移(2011~2017年度)
    □メーカーシェア(2017年度)
    □今後の市場規模予測と見通し(2017~2022年度)
3.農業・ガーデニング関連統計データ
  (1)農作物の作付面積推移
  (2)花卉生産統計
  (3)組織形態別農業生産法人数の推移
  (4)主要生産作物別農業生産法人数の推移
  (5)経済センサス
    ①花・植木小売業の年間総販売額推移
    ②花・植木小売業の1店舗当たりの年間売上高推移
    ③苗・種子小売業の年間総販売額推移
    ④苗・種子小売業の1店舗当たりの年間売上高推移
    ⑤肥料・飼料小売業の年間総販売額推移
    ⑥肥料・飼料小売業の1店舗当たりの年間売上高推移
  (6)家計調査年報
    ①切花・園芸品・園芸用品の一世帯当たりの年間支出額推移
    ②園芸品・園芸用品の一世帯当たりの年間支出額ベスト10(県庁所在地都市別)

第3章 参入企業の市場戦略分析

1.培土・土壌改良材関連企業
  (1)商品政策/開発の方向性
  (2)主要取扱い商品と商品開発動向
  (3)生産動向
  (4)営業動向
  (5)今後の企業戦略
2.肥料関連企業
  (1)商品政策/開発の方向性
  (2)主要取扱い商品と商品開発動向
  (3)生産動向
  (4)営業動向
  (5)今後の企業戦略

第4章 エコフィードで拡大する飼料関連市場

1.飼料トータルマーケット
  (1)市場概況
  (2)配合飼料に使用される原材料
  (3)参入企業動向
  (4)配合・混合飼料の出荷量推移(2008~2017年度)
  (5)需要分野別市場構成比(2017年度)
2.エコフィード(食品循環境資源利用飼料)市場
  (1)成長する市場環境と市場概要
  (2)食品残渣の特性
  (3)食品残渣飼料化の処理方法
  (4)食品残渣の発生と利活用の現状
  (5)エコフィード製造事業者の動向
3.エコフィード参入企業の取組動向
  (1)エコフィード事業に参入した経緯
  (2)エコフィード事業の概況
  (3)エコフィード飼料の商品動向と開発動向
  (4)エコフィード飼料の生産動向
  (5)エコフィード事業の販売動向
  (6)エコフィード事業に関する現状の課題・問題点
  (7)今後のエコフィード事業の方向性

第5章 有力参入企業の個別動向

※以下より約30社取材予定
≪培土・土壌改良材関連企業≫
アイリスオーヤマ(株)
愛知製鋼(株)
アクト化成(株)
(株)ヰセキ北陸
イソライト工業(株)
出光興産(株)
茨城ヰセキ販売(株)
岩谷産業(株)
ヴェルデ(株)
(有)大柿園芸
スミリン農産工業(株)
大沢ホールディングス(株)
(株)太田種苗
カサネン工業(株)
関東農産(株)
北日本床土(株)
サカタのタネ(株)
(有)サギサカ
昭光通商アグリ(株)
昭和培土(株)
自然応用科学(株)
住化農業資材(株)
(株)瀬戸ヶ原花苑
ソフト・シリカ(株)
タキイ種苗(株)
(株)刀川平和農園
(株)テルナイト
(株)東商
東陽商事(株)
トキタ種苗(株)
ベルミテック(株)
日清ガーデンメイト(株)
日東粉化商事(株)
日本オーガニック(株)
花ごころ(株)
(有)花巻酵素
(株)フジック
富士見工業(株)
(株)プロトリーフ
芙蓉パーライト(株)
北海道グリーン興産(株)
松村工芸(株)
三井金属鉱業(株)
その他

≪肥料関連企業≫
アサヒフードアンドヘルスケア(株)
朝日工業(株)
アリスタライフサイエンス(株)
いなほ化工(株)
エムシー・ファーティコム(株)
(株)生科研
OATアグリオ(株)
小野田化学工業(株)
片倉コープアグリ(株)
コスモALA(株)
小西安農業資材(株)
サンアグロ(株)
ジェイカムアグリ(株)
セントラル硝子(株)
住友化学(株)
住友化学園芸(株)
清和肥料工業(株)
多木化学(株)
電気化学工業(株)
玉名化学(株)
ダン化学(株)
中部飼料(株)
日液化学(株)
日東エフシー(株)
日本化成(株)
日本肥糧(株)
日本林業肥糧(株)
ハイポネックス・ジャパン(株)
パレス化学(株)
福栄肥料(株)
三井物産アグロビジネス(株)
三菱商事アグリサービス(株)
その他

≪飼料・エコフィード関連企業≫
<飼料メーカー>
日清丸紅飼料(株)
中部飼料(株)
日本農産工業(株)
フィード・ワン(株)
JA全農・ホクレングループ
 (株)科学飼料研究所
  JA全農北日本くみあい飼料(株)
  JA東日本くみあい飼料(株)
  JA西日本くみあい飼料(株)
  JA北九州くみあい飼料(株)
  ホクレンくみあい飼料(株)
その他
<エコフィード事業者>
(株)アルフォ
エコフィード循環事業協同組合
京都有機質資源(株)
コウケンリキッドセンタ-
三造有機リサイクル(株)
中部有機リサイクル(株)
(株)日本フードエコロジーセンター
(株)農業技術マーケティング
その他

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、こちらの申込書(書籍)を印刷し、FAXまたはメールにてご注文頂けます。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59119200 2018年版 ベビー関連市場マーケティング年鑑
C59121800 2017年版 オートリース市場の現状と展望
C59118700 2018年版 栄養剤、流動食、栄養補給食品(経口、経管)に関する市場動向調査
C59119700 2018年版 玩具産業白書