2022 電動化が進む商用車市場の最新動向と将来展望

主要国では、内燃機関車から電気自動車へシフトする動きが加速している。トラックやバスを含む商用車に対しても燃費規制やパワートレインへ制限を設けるエリアが出てくるなど商用車の電動かも乗用車同様加速する可能性が高い。
本企画では、主要国の法規制やOEMが掲げる目標などの現状把握を行い、電動車商用車の市場規模推移を予測することを目的とする。

発刊日
2022/12/28
体裁
A4 / 303頁
資料コード
C64121400
PDFサイズ
83.9MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 303頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:商用車の市場動向を明らかにするとともに、開発動向や技術動向を踏まえ、今後の市場展望を俯瞰する
調査対象:商用車の市場動向および商用車を構成するシステム、主要構成部品の技術動向
調査対象先:商用車メーカ、システムサプライヤ など
調査方法:弊社研究員による面談取材、電話取材、文献調査など
調査期間:2022年10月~2022年12月

調査結果サマリー
Close

電動商用車の世界市場に関する調査を実施(2022年)
商用車の世界販売台数は2035年に約3,053万台、電動化比率は最大約50%まで成長を予測
~世界に広がる商用車、全てBEVにできるか、HEV、FCEV、代替燃料に残された道はあるのか~

資料ポイント
Close

  • 2021年における世界全体での商用車販売台数は2,629万台
  • 物流業界全体でCO₂排出削減を目指すなか、トラック・バスの電動化も進む
  • 中国・欧州を中心に電動化が進行、補助金や税制優遇策を設け普及を促進
  • 水素、e-Fuelなど代替燃料によるカーボンニュートラル化の動きも
     
  • 対象:小型商用車、中大型商用車(トラック、バス)
  • 予測対象:日本、欧州、米国、中国、その他
  • 予測年数:2019~2025年/2030年/2035年
  • コンポーネント予測対象:駆動モータ、インバータ、駆動バッテリ
    ※小型商用車は車両総重量3.5t以下、中大型商用車は3.5t以上

リサーチ内容

第1章 商用車市場総論

1-1 本調査対象の範囲と市場概況
1-2 商用車市場を取り巻く環境
  1-2-1 国際物流の現状と最新動向
  1-2-2 コネクテッドの動向
  1-2-3 自動運転の動向
  1-2-4 シェアリングサービスの動向
1-3 商用車の電動化が進む背景
  1-3-1 環境問題への対策
  1-3-2 企業の社会的責任
1-4 電動商用車の現状と普及に向けた課題
  1-4-1 電動商用車の現状
  1-4-2 駆動方式別の動向と将来展望
  1-4-3 代替燃料の動向
  1-4-4 BEVの優位点と問題点
  1-4-5 電動商用車向けインフラ整備の動向

第2章 地域別商用車市場の現状

2-1 商用車市場規模
  2-1-1 ワールドワイド生産台数実績(2017~2021年)
  2-1-2 ワールドワイド保有台数実績(2015~2019年)
  2-1-3 ワールドワイド販売台数予測
  2-1-4 ワールドワイド電動商用車市場規模予測
2-2 商用車市場の地域別概要
  2-2-1 日本
  2-2-2 欧州
  2-2-3 米国
  2-2-4 中国
  2-2-5 その他注目市場

第3章 注目コンポーネントの市場動向

3-1 駆動モータ
  3-1-1 コンポーネント概要
  3-1-2 参入サプライヤの動向
  3-1-3 市場規模予測
3-2 インバータ
  3-2-1 コンポーネント概要
  3-2-2 参入サプライヤの動向
  3-2-3 市場規模予測(数量ベース、700V≦、800V≧)
3-3 駆動バッテリ
  3-3-1 コンポーネント概要
  3-3-2 参入サプライヤの動向
  3-3-3 市場規模予測(容量ベース)
3-4 その他注目のコンポーネント
  3-4-1 燃料電池システム
  3-4-2 シャシ領域
  3-4-3 架装領域

第4章 主要商用車OEMの最新動向

4-1 日野自動車
4-2 いすゞ自動車
4-3 三菱ふそう
4-4 Daimler Truck
4-5 Traton Group
4-6 Volvo Trucks
4-7 Paccar
4-8 一汽解放
4-9 東風汽車
4-10 BYD
4-11 宇通客車
4-12 注目の商用車OEM
 EVモーターズジャパン(日本)
 Tesla(米国)
 Rivian(米国)
 Proterra(米国)
 Tata Motors(インド)
 Mahindra & Mahindra(インド)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 303頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています