M&Aコンサルティング

矢野経済研究所のM&Aコンサルティングは、市場環境、取引構造、各社の強みと弱みを熟知した専門チームによる"マーケティング本位に基く成功確率の高いM&A"と高い評価を得ています。総合調査機関の経営資源をフルに活用したM&A、事業提携コンサルティング・サービスを是非ご活用下さい。

支援対象となる企業様

  • 新たな成長の柱を短期間に構築したい
  • 将来性の高いベンチャー企業に出資したい
  • 大手企業とのコラボレーションを実現したい
  • 技術、販路、人材、ブランド・・・自社の経営資源の補完を急ぎたい
  • コアコンピタンスへの集中を図るため、事業部門の再編整理を行いたい
  • 事業承継問題の早期解決を図りたい

私たちは、事業の発展を優先させます。売り手買い手の双方の経営をより良い状態にすること、M&Aの思想はこの一点に尽きます。
まずは、お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。万全な守秘義務を前提に貴社の未来、事業の可能性について語り合うことから始めたいと思います。

M&Aの進め方

【売却・譲渡の場合】 矢野経済研究所 【買収の場合】
事前相談 事前相談
まず、機密保持契約を結びます。その上で、売却譲渡等に関する希望条件等について協議させて頂きます。 まず、機密保持契約を結びます。その上で、中長期的視点に立った経営戦略、買収・業務提携希望案件等について協議させて頂きます。
アドバイザリー契約の締結 アドバイザリー契約の締結
事前相談を踏まえて矢野経済研究所にて貴社ご要望にお応えできるか検討、ご提案書を提出させて頂きます。その上で、報酬規定等について協議、アドバイザリー契約を締結させて頂きます。 事前相談を踏まえて矢野経済研究所にて貴社ご要望にお応えできるか検討、ご提案書を提出させて頂きます。その上で、報酬規定等について協議、アドバイザリー契約を締結させて頂きます。
買手企業のファインディング 売手企業のファインディング

矢野経済研究所の広範なネットワークを活用し、相手先企業をファインディングします。
蓄積された市場情報や企業情報をフルに活かし、統合・合併、事業提携による既存業界への影響や各社の競争力変化、
あるいは、新たなビジネス機会の可能性など、あらゆる角度から最適な相手先を選定します。

トップミーティング、基本合意 売手企業と買手企業のトップミーティングを設定。具体的な条件交渉に入ります。
条件についてのコンセンサスが得られた時点で、基本合意書を取り交わします。
監査法人、弁護士による買収監査を行います。
最終契約書を締結、成功報酬を申し受け、M&Aが成立します。
デューディリジェンス
(買収監査)
最終契約書締結

売手買手のどちらの企業にとってもM&Aの成立は新しい経営のスタートラインです。矢野経済研究所は当初の戦略プランを実行し、計画した通りの投資効果、事業成果を獲得できるよう施策レベルで支援します。M&A後のコンサルティングについても、お気軽にご相談下さい。

報酬の目安について

着手金

アドバイザリー契約の締結に着手金を承ります。着手金は案件の内容等によって異なります。
また、成約に至らなかった場合でも返金出来ませんのでご了承下さい。

標準成功報酬

譲渡金額 利率
5億円以下の部分 5%
5億円超10億円以下の部分 4%
10億円超50億円以下の部分 3%
50億円超100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

※但し、仲介手数料の最低額は1,000万円とします。

計算例:譲渡企業の時価総資産が8億円で100%譲渡の場合
5億円×5%=2,500万円
(8億円-5億円)×4%=1,200万円
合計3,700万円

※成功報酬金額にはデューデリジェンス(買収監査)にかかる費用は含まれません。
※成功報酬はレーマン方式で算出させて頂きます。詳細は担当者までお問い合わせ下さい。

M&Aは、課題解決の選択肢の一つに過ぎません。まずは、下記お問い合わせまでご相談下さい。貴社にとって最適な課題解決方法の検討から始めさせて頂きます。