2009年版 コンタクトレンズ&用剤に関する小売流通動向調査

1996年の第1回調査から引き続き、第7回目の経時調査として変貌しつつあるコンタクトレンズ小売市場の最新注目動向、流通、販売、店舗展開動向、今後の市場見通しなどを総合的に調査分析。

発刊日
2009/02/16
体裁
A4 / 127頁
資料コード
C51100900
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

178,200
165,000
13,200
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査趣旨
コンタクトレンズ市場は装用人口の増加により拡大を続けていますが、それは専らディスポーザブルレンズや2週間の短期装用をする定期交換レンズの市場拡大によるものであり、従来タイプのコンタクトレンズ市場はむしろ縮小に向かっています。そのためコンタクトレンズ小売市場や小売店の在り方も大きく変貌してきました。また、コンタクトレンズは高度管理医療機器であり、販売には医師の診療を伴うという特性がありますが、ディスポーザブルレンズの登場により消費材の販売という意識変革が加速されました。そこに医師との協調や、或いは軋轢が生じてきています。
コンタクトレンズ小売市場はある意味で混濁した様相を呈しており、それを秩序づけるべく薬事法の改正により種々の規制が課せられて参りました。
更に近時では、視力補正ではなくおしゃれの一アイテムとしてのコンタクトレンズの登場やインターネットを介した販売など市場へのインパクトを過小評価できない新しい製品や販売方法などへの対応も注目されています。1996年の第1回調査から引き続き、第7回目の経時調査として変貌しつつあるコンタクトレンズ小売市場の最新注目動向、流通、販売、店舗展開動向、今後の市場見通しなどを総合的に調査分析。
調査方法:弊社専門研究員による直接面談調査、間接調査、文献調査
調査・編集期間:2008年12月~2009年2月
 

リサーチ内容

第1章 コンタクトレンズ流通市場の現状と展望

I.コンタクトレンズ流通市場の現状と展望
1.コンタクトレンズ流通の注目動向
  (1)コンタクトレンズ販売に関する規制の強化
  (2)診療報酬の改定
  (3)販売形態の多様化
  (4)日本オプティカルの経営不振とトーメーグループによる子会社化
  (5)シリコーンハイドロゲルレンズの登場
  (6)おしゃれ用カラーコンタクトレンズの規制
2.コンタクトレンズの流通動向
  (1) コンタクトレンズ
  (2) コンタクトレンズ用剤
3.コンタクトレンズ及び用剤の販売形態別動向
  (1) コンタクトレンズの販売形態別販売比率
  (2) 眼科医系クリニック
  (3) コンタクトレンズ専門店
  (4) 眼鏡店
  (5) コンタクトレンズ用剤の販売形態別販売比率
4.コンタクトレンズの価格動向
  (1) コンヴェンショナルコンタクトレンズ
  (2) ディスポーザブル系コンタクトレンズ
  (3) コンタクトレンズ価格競争の問題点と課題
  (4) コンタクトレンズ用剤
5.コンタクトレンズ販売における眼科医の対応
6.コンタクトレンズメーカーの流通市場戦略
  (1) 流通戦略
  (2) セールスプロモーション
  (3) コンタクトレンズメーカーのディーラーヘルプ
7.おしゃれ用カラーコンタクトレンズ
8.コンタクトレンズ流通市場の展望
  (1) コンタクトレンズ
  (2) コンタクトレンズ用剤

Ⅱ.コンタクトレンズ小売市場の現状と展望
1.コンタクトレンズ小売市場の現状と課題
2.コンタクトレンズ小売市場の最新動向
  (1) ワンデーディスポーザブルコンタクトレンズ販売の伸長と用剤販売の不振
  (2) 販売価格の下げ止まりとコストアップによる収益性の低下
  (3) 簡単に購入できる販売方法の増加(通信販売、眼科医非隣接型店舗)
3.コンタクトレンズ関連小売市場の市場規模推移と予測(2000年~2010年)
4.コンタクトレンズの販売動向
  (1) ディスポーザブル系コンタクトレンズ
  (2) コンヴェンショナルコンタクトレンズ
  (3) 特殊コンタクトレンズ
5.コンタクトレンズ用剤の販売動向
6.コンタクトレンズ(用剤・用品含む)の小売タイプ別優位性分析
  (1) コンタクトレンズ専門小売チェーン
  (2) 眼科医系コンタクトレンズクリニック
  (3) 眼鏡小売チェーン
  (4) 薬局・薬店
7.コンタクトレンズ小売業への企業参入動向
8.コンタクトレンズ小売店のセールスプロモーション
9.地域別コンタクトレンズ関連小売市場規模(2008年)
10.コンタクトレンズ小売市場の展望


第2章 コンタクトレンズ小売チェーンの店舗展開と展望

I.コンタクトレンズ小売業におけるコンタクトレンズ小売チェーンの位置付け
1.コンタクトレンズ小売チェーンの成長性分析
2.コンタクトレンズ小売チェーンの店舗数と今後の見通し(1996年~2008年)
3.コンタクトレンズ小売チェーンのマーケットシェアと今後の見通し
  (1) コンタクトレンズ小売チェーンのマーケットシェア(2008年)
  (2) コンタクトレンズ専門小売チェーンにおける販売高シェア(2008年)
  (3) 眼鏡小売チェーンにおけるコンタクトレンズ関連販売高シェア(2008年)
  (4) コンタクトレンズ小売チェーンの品目別販売高構成(2008年)
4.有力コンタクトレンズ小売チェーンの店舗数と地域別配置

Ⅱ.コンタクトレンズ小売チェーンの生産・販売動向
1.生産・仕入動向
  (1) 仕入ルート
  (2) 生産ルート
2.商品展開と販売戦略
  (1) 商品政策
  (2) コンタクトレンズ専門小売チェーンの販売戦略
  (3) 眼鏡小売チェーンの販売戦略
3.販売動向
4.顧客管理、受発注システムの導入状況
  (1) 顧客管理状況
  (2) 受発注システムの導入状況

Ⅲ.コンタクトレンズ小売チェーンの店舗展開状況
1.店舗展開と運営状況
  (1) コンタクトレンズ専門小売チェーンの店舗展開と運営方針
  (2) コンタクトレンズ専門小売チェーンの新業態開発
  (3) 眼鏡小売チェーンのコンタクトレンズ取扱店舗展開と運営方針
2.コンタクトレンズ小売チェーンの店舗コンセプト
3.地域別出店状況

Ⅳ.コンタクトレンズ小売業の将来展望
1.コンタクトレンズ小売チェーンの市場戦略展望
2.コンタクトレンズ小売店の未来像

V.主要コンタクトレンズ小売チェーン企業概要
〔コンタクトレンズ専門小売チェーン〕
  株式会社 ダブリュ・アイ・システム
  株式会社 中央コンタクト
  株式会社 日本オプティカル
  富士コンタクト 株式会社
  HOYAヘルスケア 株式会社
  株式会社 メニコン
〔眼鏡小売チェーン〕
  アイジャパン 株式会社
  愛眼 株式会社
  株式会社 イワキ
  株式会社 キクチメガネ
  株式会社 東京メガネ
  株式会社 ビジョンメガネ
  株式会社 三城
  株式会社 メガネスーパー
  株式会社 メガネトップ
  メガネの田中チェーン 株式会社
  株式会社 ヨネザワ
  株式会社 和真

【図表目次】

<表-1> コンタクトレンズ検査の診療報酬
<図-1> コンタクトレンズの販売チャネル
<図-2> コンタクトレンズ用剤の流通ルート
<表-2> コンタクトレンズの販売ルート別比率(販売金額)
<表-3> コンタクトレンズ用剤の販売ルート別比率(販売金額)
<表-4> コンヴェンショナルコンタクトレンズのタイプ別販売価格体系(標準例)
<表-5> ディスポーザブル系コンタクトレンズの価格体系(標準例)(2007年)
<図-3> コンタクトレンズ用剤の価格体系
<表-6> 主要コンタクトレンズメーカーの販路状況
<図-4> コンタクトレンズ関連市場規模推移
<表-7> コンタクトレンズ関連小売市場規模推移と予測
<図-5> コンタクトレンズ関連小売市場の種別構成比(2007年)
<図-6> コンタクトレンズ関連小売市場の種別構成比予測(2010年)
<図-7> コンタクトレンズ小売市場の種別構成比(2007年、レンズのみ)
<表-8> コンヴェンショナルコンタクトレンズのタイプ別販売数量推移
<表-9> ディスポーザブル系コンタクトレンズのタイプ別販売数量推移
<表-10> コンタクトレンズのタイプ別装用人口推移
<表-11> 地域ブロック別コンタクトレンズ小売市場規模(2008年)
<表-12> 都道府県別コンタクトレンズ関連小売市場規模(2008年見込み)
<表-13> コンタクトレンズ小売チェーンの店舗数推移
<図-8> コンタクトレンズ関連小売市場の販路別シェア
<図-9> コンタクトレンズ小売市場の販路別シェア
<表-14> コンタクトレンズ関連小売市場の販路別売上高構成(2008年)
<表-15> コンタクトレンズ小売チェーンのマーケットシェア(2008年)
<表-16> コンタクトレンズ小売チェーン別シェア(2008年)
<図-10> コンタクトレンズ専門小売チェーン別シェア(2008年)
<表-17> コンタクトレンズ゙専門小売チェーン別販売高(2008年)
<図-11> 眼鏡小売チェーン別コンタクトレンズ販売高シェア
<表-18> 眼鏡小売チェ-ン別コンタクトレンズ販売高(2008年)
<表-19> コンタクトレンズ小売チェーンの品種別販売高構成(2008年)
<表-20> 主要コンタクトレンズ専門小売チェーンの本社所在地・店舗数
<表-21> 主要眼鏡小売チェーンの本社所在地・コンタクトレンズ取扱店舗数
<表-22> 主要コンタクトレンズ小売チェーンの都道府県別店舗数
<表-23> ハートアップ店舗一覧
<表-24> アイシティ店舗一覧
<表-25> 中央コンタクト店舗一覧
<表-26> ダブリュ・アイ・システム店舗一覧
<表-27> プライスコンタクト店舗一覧
<表-28> メニコン店舗一覧
<表-29> 富士コンタクト店舗一覧
<表-30> コンタクトレンズギャラリー店舗一覧
<表-31> 三城・コンタクトレンズ取扱店舗一覧
<表-32> メガネスーパー・コンタクトレンズ取扱店舗一覧
<表-33> メガネトップ・コンタクトレンズ取扱店舗一覧
<表-34> アイジャパン・コンタクトレンズ取扱店舗一覧
<表-35> キクチメガネ・コンタクトレンズ取扱店舗一覧
<表-36> メガネの田中チェーン・コンタクトレンズ取扱店舗一覧
<表-37> ヨネザワ・コンタクトレンズ取扱店舗一覧
<表-38> 和真・コンタクトレンズ取扱店舗一覧
<表-39> 愛眼・コンタクトレンズ取扱店舗一覧
<表-40> イワキ・コンタクトレンズ取扱店舗一覧
<表-41> ビジョンメガネ・コンタクトレンズ取扱店舗一覧
<表-42> 東京メガネ・コンタクトレンズ取扱店舗一覧
<表-43> コンタクトレンズ専門小売チェーンの店舗展開と運営戦略
<表-44> 眼鏡小売チェーンのコンタクトレンズ取扱店舗展開と運営戦略
<表-45> コンタクトレンズ専門小売チェーンの地域別店舗展開
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

178,200
165,000
13,200

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。