2015年版 大人用紙おむつの市場実態と将来性展望

本調査レポートでは、変化する最新の参入メーカー各社の取組動向と今後の市場見通しを調査し、大人用紙おむつ市場の現状と将来性を展望することを目的として企画した。

発刊日
2015/03/31
体裁
A4 / 261頁
資料コード
C57104700
PDFサイズ
5.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

330,000
300,000
30,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
660,000
600,000
60,000
693,000
630,000
63,000
990,000
900,000
90,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:変化する最新の参入メーカー各社の取組動向と今後の市場見通しを調査し、大人用紙おむつ市場の現状と将来性を展望することを目的として企画致しました。
調査対象商品:大人用紙おむつ(パンツ型(テープレス式)、パンツ型(テープ式)、フラット型、パッド型、軽失禁型)
調査期間:2015年1月~2015年3月

資料ポイント
Close

  • パンツ型(テープレス式、テープ式)、フラット型、パッド型、軽失禁型の各製品別の市場規模、メーカーシェア、市場動向を分析
  • 流通ルート別の市場規模、将来展望等を調査分析
  • 参入企業各社の動向を調査分析

資料概要
Close

第1章 大人用紙おむつの市場環境と今後の展望
第2章 大人用紙おむつの市場動向、流通動向
第3章 大人用紙おむつの商品動向
第4章 大人用紙おむつの市場見通し・マーケティングの留意点
第5章 大人用紙おむつの主要参入企業動向

リサーチ内容

■掲載内容

Executive Summary

第1章 大人用紙おむつの市場環境と今後の展望

1.大人用紙おむつ市場を取り巻く情勢と動向
  1)高齢者社会の到来と大人用紙おむつ市場
  2)要介護(要支援)認定者数の動向
  3)大人用紙おむつ市場の需要ベース
  4)在宅市場
  5)病院・施設市場
2.大人用紙おむつの生産動向
  1)高成長続くが伸び率は鈍化傾向
  2)大人用紙おむつ市場の品目別傾向
    (1)パンツタイプ(テープ型・パンツ型)
    (2)フラット型
    (3)尿とりパッド
    (4)軽失禁パッド・軽失禁ライナー
  3)大人用紙おむつ市場の品目別構成比の変化
  4)大人用紙おむつ1枚当たりの重量変化

第2章 大人用紙おむつの市場動向、流通動向

1.大人用紙おむつ市場の参入メーカーと商品政策
  1)大人用紙おむつ市場の分類
  2)市場参入メーカーと主要各社のブランド政策および商品戦略
2.大人用紙おむつ市場の市場規模推移(2009~2014年度見込)
  1)大人用紙おむつ全体市場
  2)品目別市場規模推移
    (1)パンツ型・テープレス式市場
    (2)パンツ型・テープ式市場
    (3)フラット型市場
    (4)パッド型市場
    (5)軽失禁型市場
3.品目別市場構成
4.参入メーカー動向(2014年度見込)
  1)参入メーカーのシェア動向
    (1)全体市場
    (2)品目別市場
      ①パンツ型(テープレス式+テープ式)市場
      ②パンツ型・テープレス式市場
      ③パンツ型・テープ式市場
      ④フラット型市場
      ⑤パッド型市場
      ⑥軽失禁型市場
    (3)流通ルート別市場
      ①市販・店頭ルート市場
      ②業務用ルート市場
  2)主要参入メーカー各社の事業展開・営業戦略の概要と今後の方向性
  3)主要参入メーカー各社の海外市場への取り組み
5.大人用紙おむつの需要分野と流通ルート
  1)在宅市場、病院・施設市場の大人用紙おむつ需要
    (1)在宅市場
    (2)病院・施設市場
  2)流通ルートの特徴と動向
    (1)需要・商品・流通ルートの分類
    (2)市販・店頭ルート
    (3)業務用ルート
  3)大人用紙おむつ市場の流通ルート別市場構成比(2014年度見込)
  4)流通ルート別市場規模推移(2009~2014年度見込)
    (1)市販・店頭ルート市場
    (2)業務用ルート市場
  5)介護施設での大人用紙おむつ使用実態
  6)大人用紙おむつ関連市場の動向
    (1)卸商社
    (2)リネンサプライ業者
    (3)大人用紙おむつ製造機器メーカー

第3章 大人用紙おむつの商品動向

1.大人用紙おむつの商品開発動向
  1)全体動向
  2)大人用紙おむつの開発・注目動向
  3)品目別傾向
    (1)パンツ型・テープレス式
    (2)パンツ型・テープ式
    (3)フラット型
    (4)パッド型
    (5)軽失禁型
  4)大人用紙おむつの規格/表示の動向
  5)主要メーカー各社の品揃え一覧
    (1)パンツ型・テープレス式
    (2)パンツ型・テープ式
    (3)フラット型
    (4)パッド型
    (5)軽失禁型
2.素材動向と展望
  1)不織布
  2)高吸水性樹脂
  3)綿状パルプ
3.価格動向
  1)パンツ型・テープレス式
  2)パンツ型・テープ式
  3)フラット型
  4)パッド型
  5)軽失禁型

第4章 大人用紙おむつの市場見通し・マーケティングの留意点

1.大人用紙おむつ市場の5年後の見通し(2013~2019年度予測)
  1)全体市場の成長予測
  2)品目別市場の成長予測
    (1)パンツ型・テープレス式市場
    (2)パンツ型・テープ式市場
    (3)フラット型市場
    (4)パッド型市場
    (5)軽失禁型市場
  3)流通ルート別の市場規模予測(2013~2019年度)
    (1)流通ルート別の市場規模予測
    (2)市販・店頭ルート・業務用ルートの市場規模予測
2.大人用紙おむつ市場の展望
  1)商品開発、品揃えの留意点と展望
  2)品目別の傾向と予想される市場展開の方向性
    (1)パンツ型・テープレス式
    (2)パンツ型・テープ式
    (3)フラット型
    (4)パッド型
    (5)軽失禁型
  3)布おむつと紙おむつの競合と転換の方向性
  4)流通ルート別の市場展望
    (1)市販・店頭ルート市場
    (2)業務用ルート市場
  5)日本衛生材料工業連合会が行った排泄ケア用品の需要予測
    (1)大人用紙おむつ
    (2)パンツタイプ・テープ型
    (3)パンツタイプ・パンツ型
    (4)フラット型
    (5)尿とりパッド
    (6)軽失禁パッド・軽失禁ライナー

第5章 大人用紙おむつの主要参入企業動向

王子ネピア株式会社、花王株式会社、カミ商事株式会社、川本産業株式会社、
株式会社光洋、株式会社コーチョー、株式会社サノテック、大王製紙株式会社、
株式会社近澤製紙所、東陽特紙株式会社、日本製紙クレシア株式会社、白十字株式会社、
ピジョン株式会社、ユニ・チャーム株式会社、ユニ・チャームメンリッケ株式会社、
株式会社リブドゥコーポレーション

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

330,000
300,000
30,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
660,000
600,000
60,000
693,000
630,000
63,000
990,000
900,000
90,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。