2015年版 薬局経営の将来

本調査レポートでは、薬局経営を取り巻く現状の課題について分析をしつつ、今後の薬局経営の変化や経営のあるべき方向性などについて市場予測を交えて提案などを行った。

発刊日
2015/10/30
体裁
A4 / 198頁
資料コード
C57112900
PDFサイズ
4.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:現在、薬局経営は転換期にあり、その動向が多方面から注目されている。本書においては薬局経営の調査を行い、下記を明らかにすることを目的としている。
(1)薬局経営を取り巻く市場環境変化
(2)薬局経営の現状における課題
(3)今後の薬局経営に影響を及ぼす要因
(4)今後の薬局経営の変容
(5)卸と薬局の取引のあり方
(6)卸による薬局経営
調査対象:薬局、薬剤師会、医薬品卸、製薬企業
調査方法:面接調査及び郵送によるアンケート調査を併用
調査期間:2015年6月~2015年9月

資料ポイント
Close

  • 成長と衰退の狭間で不透明感が強まる薬局経営の市場環境について分析
  • 2016年4月の調剤報酬改定のゆくえについて予測
  • 医薬品流通と医薬分業について現状を踏まえて今後のあり方について予測する
  • 薬局薬剤師に独自のアンケート調査を実施し、現状における課題と今後のあり方について分析を実施
  • 現状における薬局経営の実態を明らかにし、今後の経営のあり方を予想する

資料概要
Close

第1章 薬局改革の時代
第2章 薬局と医薬品流通
第3章 薬剤師へのアンケート調査結果
第4章 主要大手調剤薬局グループ一覧

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 薬局改革の時代

今、薬局は進化しているといえるのか
  振り子は右から左に大きく振れただけ
  自分たちの都合の変化
  戦略なき薬局経営

薬局を取り巻く外部環境変化
  3年間で1.5兆円の抑制を盛り込んだ「骨太の方針2015」
  強まる病床削減の圧力
  過度の病院依存社会の終焉
  迫られる病院再編
  訪問専門の診療所の解禁

わが国の医薬分業の問題点
  わが国の医薬分業は失敗だったのか
  今、薬局に何が足りないのか
  医薬分業と利便性

薬局は経営苦難の時代に突入する
  多くの薬局は経営を維持することが困難に
  チェーン薬局は必要不可欠な存在なのか

薬局の在宅医療に対する取り組み状況
  断らない薬局
  無菌調剤室の存在
  在宅医療を薬局が行っていく上での制度上の課題
  在宅医療での薬局・薬剤師の存在感

2016年の調剤報酬改定を予測する
  調剤技術料の見直し
  薬学管理料の見直し
  そして調剤報酬は大きく様変わりをすることになる

薬局経営の未来を予測する
  地域住民と向き合う経営スタイル
  これからの薬局・薬剤師に求められること
  薬局の名称
  薬剤師の質
  目を覚ませ、薬局経営者

第2章 薬局と医薬品流通

薬局との関係強化を図る卸各社
  卸にとって薬局とのこれからの関係はどうあるべきか
  卸が薬局を直接支配することに関する功罪
  卸と薬局の新しい関係を見出すことができるか

第3章 薬剤師へのアンケート調査結果

これからの薬局と薬剤師のあり方に関するアンケート調査結果
  質問1.薬局薬剤師としての経験年数、性別
  質問2.1月あたりの院外処方箋受付医療機関数
  質問3.1日あたりの対応患者数
  質問4.服薬指導の状況
  質問5.医薬分業の批判報道に対する感想
  質問6.薬局におけるOTCの取り扱いについて
  質問7.スイッチOTCの販売についての意見
  質問8.健康情報拠点薬局の設立についての感想
  質問9.現在、上市されている後発医薬品等についての感想
  質問10.さらに後発医薬品の使用拡大が進展するために必要不可欠なこと
  質問11.「多剤併用」に対する意見
  質問12.「服薬指導」に対する意見
  質問13.情報機器の服薬指導への利用状況
  質問14.利用している情報機器
  質問15.情報機器の利用による患者服薬指導に対する影響
  質問16.薬剤師がフィジカルアセスメントを行うことに対する意見
  質問17.シート単位での自動調剤ロボットに関する意見
  質問18.薬局にとっての重要な基準
  質問19.お薬手帳に関する意見
  質問20.薬剤師が在宅医療に関わることに関する意見
  質問21.薬剤師が在宅医療のチーム医療において存在感を増すために必要不可欠なこと
  質問22.「特定行為」研修制度に関する感想
  質問23.薬剤師としての目標
  質問24.患者との信頼関係を築く上で最も重要なこと

第4章 主要大手調剤薬局グループ一覧

ウエルシアグループ
アイングループ
スギ薬局グループ
共創未来(東邦HD)グループ
総合メディカルグループ
日本調剤グループ
クオールグループ
クラフトグループ
メディカルシステムネットワークグループ
アイセイ薬局グループ
スズケングループ
ツルハグループ
富士薬品グループ
イオングループ
ココカラファイングループ
マツモトキヨシグループ
ファーマライズグループ
コスモファーマグループ
阪神調剤薬局グループ
薬樹グループ
ワタキューグループ
ウィーズグループ
クスリのアオキグループ
クリエイトエス・ディーグループ
マリーングループ
たんぽぽ薬局グループ
ファルコSDグループ
ミックグループ
CFSコーポレーション
ニックグループ
エスシーグループ
住友商事グループ
メディカル一光グループ
アルフレッサHDグループ
葵調剤グループ
カメイ調剤薬局グループ
ヤックスグループ
カワチグループ
シップヘルスケアグループ
メディカルイノベーショングループ
共栄堂グループ
プチファーマシストグループ
みよの台薬局グループ
バイタルケーエスケーグループ
ファーマシィグループ
ヤマグチ薬局グループ
ゆう薬局グループ
キョーワグループ
アピスMCグループ
スギヤマ薬品グループ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています