2017年版 業務用食品マーケット総覧 ~深刻化する人手不足への対応・需要が高まる低糖質(ロカボ)・ハラール対応~

業務用食品は、外食産業の人手不足対応や、健康志向の高まりによる低糖質(ロカボ)メニューの展開、増加する訪日外国人に伴うハラール対応など、様々な対応が求められている。飲食業界でも人手不足が深刻化し、少人数オペレーションや省力化対応が求められている。
本調査レポートでは、業務用食品として、どこまで省力化に貢献するポテンシャルがあるのか、また、外食産業としてどのようなニーズが有るかを明らかにする。また、外食企業で低糖質(ロカボ)メニューの提案事例が見られるようなり、当該メニューを提供する上での課題や、今後のメニュー展開拡大意向を分析し、どのような製品を食品メーカーに求めているかを明らかにする。食品メーカーでハラール認証を取得するケースが見られるが、実際の販売動向や、ユーザー側での課題や意向などを把握し、業務用食品としての可能性を明らかにする。以上のテーマを中心に、業務用食品市場に関するマーケティング戦略のための基礎資料とする。

発刊日: 2017/07/31 体裁: A4 / 308頁
資料コード: C59109100 PDFサイズ: 6.3MB
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:業務用食品市場を広く調査・収録することによって、当該市場に関するマーケティング戦略構築のための基礎資料とする。
調査対象:食品メーカー、業務用食品卸売業者などを調査対象とした。
調査方法:電話取材、アンケート調査を実施した。
調査期間:2017年5月~2017年7月

調査結果サマリー
Close

業務用食品市場に関する調査を実施(2017年)
 ~業務用食品の需要先は人手不足に対し今後も食品の加工度を高めることで対応~
・2016年度の業務用食品市場規模は前年度比1.1%増の3兆8,342億円、外食と中食市場が堅調で増加傾向が続く
・業務用食品メーカーの多くは人手不足対応製品を販売し、手ごたえを感じていると回答・2020年度の業務用食品市場規模は3兆9,508億円まで拡大すると予測

資料ポイント
Close

  • 主要な業務用食品32品目について、市場規模推移・市場シェア、製品タイプ別シェアなど調査分析。
  • 品目別の市場変化の要因などを把握。
  • 業務用食品において、現在大きな3つのテーマである「人手不足」と「低糖質(ロカボ)」、「ハラール対応」について調査し、各社の動向を把握。
  • 需要先の外食およびホテルは、上記3つのテーマにどのような対応状況で、供給する食品メーカーが業務用食品として、どのように応えていこうとしているのかを調査。
     

資料概要
Close

第1章 業務用食品市場の動向
第2章 品目別市場動向
第3章 メーカー動向・外食およびホテル需要調査
第4章 企業個票

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 業務用食品市場の動向

1.業務用食品市場の動向
  (1)業務用食品を取巻く市場環境と今後の市場予測
  (2)業務用食品の流通フロー
2.企業動向
  (1)食品メーカーの動向
    ①価格改定の動向
    ②メディケア市場への取り組み
    ③業務用食品におけるハラール認証取得状況
  (2)業務用食品専業卸の動向
    ①業績ランキング
    ②主要な業務用食品専業卸の取り組み
    【主要な業務用食品専業卸の取り組み】
    【総合食品卸の取り組み】
3.関連市場動向
  (1)外食市場
    ①洋風ファストフード
    ②和風ファストフード
    ③ファミリーレストラン
    ④すし、回転すし、宅配すし
    ⑤居酒屋、パブ、ビアレストラン
    ⑥ディナーレストラン
    ⑦中華レストラン、ラーメン店
    ⑧うどん・そば店
    ⑨カフェ
    ⑩焼肉店
    ⑪ピザ・パスタ店、宅配ピザ
    ⑫その他の専門店・一般食堂など
  (2)給食市場
    【給食の総市場規模推移(2011~2015年度)】
    【給食サービス企業の給食売上高ランキング】
  (3)中食(惣菜)市場
    ①惣菜の市場規模推移
    【惣菜の商品別市場規模推移(2012~2016年度)】
    【惣菜の販売チャネル別市場規模推移(2012~2016年度)】
    ②惣菜の市場構成比(2016年度)
    【惣菜の商品別市場構成比(2016年度)】
    【惣菜の販売チャネル別市場構成比(2016年度)】
  (4)加工食品市場
    【加工食品 市場規模推移(2010~2015年度)】
    【カテゴリー別市場規模推移】
4.注目市場の動向:介護食・高齢者食・治療食の市場動向
  (1)人手不足対応の動向
    ①概要
    ②外食産業、総菜・食品メーカーの人手不足対応策例
    【オートメーション自動化など、AI駆使、IoT】
    【物流センター省力化など】
    【飲食店関連、セルフレジ導入、ロボット調理、勤務時間短縮策など】
    【飲食業、採用に関する施策】
    ③人手不足対応で需要が高まる業務用製品の傾向など
  (2)低糖質(ロカボ)市場の動向
    ①概要
    ②ロカボについて
    ③ロカボ・低糖質商品の例(市販品)
    ④ロカボ商品についての企業別動向、商品事例(市販品)
    【ロカボ・低糖質商品を販売しているインターネット通販サイト例】
    ⑤業務用食品メーカーの動向
  (3)ハラール対応の動向
    ①概要
    ②ムスリム、ハラール、ムスリムフレンドリーの概要
    【ムスリム】
    【非ハラール、ハラームとされる食材】
    【イスラームの教えと生活習慣】
    【ムスリムフレンドリー】
    ③ハラールへの取り組み状況
    【企業の福利厚生でのハラール対応例】
    ④ハラール認証取得の企業と商品例 一覧
    【主に市販品(BtoC、一般消費者向け商品)】
    【主に業務用(BtoB、一部オンラインショップなどで一般向けに販売している商品等含む)】
    ⑤ハラール認証取得などの具体的企業事例
    【菓子】
    【調味料】
    【飲料、酒類】
    【外食】
    【醤油・味噌】
    【肉・加工品】
    【油脂】
    【乳製品】
    【農産物加工品】
    【小麦加工製品、パン、麺類】
    【水産加工品】
    【惣菜・弁当】
    【香料】
    【バイオ】

第2章 品目別市場動向

■カテゴリ別・品目別の市場動向
  【農水畜産加工品・油脂加工品】
  【調味料類】
  【調理品(レトルト食品等)】
  【調理済み冷凍食品】

■対象品目
農水畜産加工品・油脂加工品
  (1)ハム類
  (2)ソーセージ類
  (3)ナチュラルチーズ
  (4)プロセスチーズ
  (5)バター
  (6)生クリーム
  (7)マーガリン類
  (8)加工海苔
  (9)漬物
調味料類
  (10)麺つゆ類
  (11)焼肉のたれ類
  (12)ソース類
  (13)ドレッシング類
  (14)マヨネーズ類
  (15)発酵調味料
  (16)風味調味料
  (17)液体風味調味料
調理品
  (18)洋風ソース
  (19)パスタソース
  (20)中華スープ
  (21)レトルトスープ
  (22)釜飯・炊き込みご飯の素
  (23)ふりかけ
冷凍食品
  (24)冷凍コロッケ
  (25)冷凍ハンバーグ
  (26)冷凍カツ
  (27)冷凍餃子
  (28)冷凍ピザ
  (29)冷凍グラタン
  (30)冷凍米飯類
  (31)冷凍スープ
  (32)冷凍パン生地

第3章 メーカー動向・外食およびホテル需要調査

1.調査概要と調査結果
  (1)調査概要
  (2)食品メーカーの人手不足対応製品について
  (3)食品メーカーの低糖質対応製品について
  (4)食品メーカーのハラール対応製品について
  (5)外食企業・ホテルの人手不足対応製品需要動向について
  (6)外食企業・ホテルの低糖質対応製品需要動向について
  (7)外食企業・ホテルのハラール対応製品需要動向について
2.食品メーカーにおける人手不足対応製品に関する対応状況
  イカリソース(株)
  (株)ジェーシー・コムサ
  (株)髙岡屋
  ニチフリ食品(株)
  マリンフード(株)
  マルハニチロ(株)
  ミヨシ油脂(株)
  ヤマキ(株)
  (株)ヤヨイサンフーズ
  A社(野菜漬物製造業)
  B社(肉加工品製造業)
  C社(調味料製造業)
  D社(しょう油・食用アミノ酸製造業)
  E社(野菜漬物製造業)
  F社(加工海苔製造業)
  G社(調味料製造業)
3.食品メーカーにおける低糖質製品に関する対応状況
  (株)髙岡屋
  マリンフード(株)
  D社(しょう油・食用アミノ酸製造業)
  E社(野菜漬物製造業)
  F社(加工海苔製造業)
4.食品メーカーにおけるハラール製品に関する対応状況
  オタフクソース(株)
  ケンコーマヨネーズ(株)
  (株)髙岡屋
  マリンフード(株)
  よつ葉乳業(株)
  D社(しょう油・食用アミノ酸製造業)
  E社(野菜漬物製造業)
  F社(加工海苔製造業)
5.外食企業・ホテルの人手不足対応製品に対する需要状況
  アークランドサービスホールディングス(株)
  (株)アトム
  (株)エー・ピーカンパニー
  (株)大木家
  (株)グルメ杵屋
  (株)神戸屋レストラン
  (株)幸楽苑ホールディングス
  (株)コロワイドMD
  (株)ダイナック
  タニザワフーズ(株)
  (株)トリドールホールディングス
  (株)ニッコクトラスト
  (株)日総
  日本ケンタッキー・フライド・チキン(株)
  (株)ハイデイ日高
  (株)ペッパーフードサービス
  (株)ミヤチク
  リンガーハットジャパン(株)
  H社(総菜製造販売)
  I社(レストランチェーン店)
  J社(レストランチェーン店)
  K社(レストランチェーン店)
  L社(居酒屋チェーン店)
  (株)アメイズ
  藤田観光(株)
6.外食企業・ホテルの低糖質製品に対する需要状況
  (株)グルメ杵屋
  (株)神戸屋レストラン
  (株)すかいらーく
  西洋フード・コンパスグループ(株)
  (株)力の源ホールディングス
  (株)ハイデイ日高
  M社(ファストフードチェーン店)
  (株)ペッパーフードサービス
  (株)松富士食品
  (株)物語コーポレーション
  H社(総菜製造販売)
  I社(レストランチェーン店)
  J社(レストランチェーン店)
  (株)アメイズ
  (株)KPG HOTEL&RESORT
  京王プラザホテル
7.外食企業・ホテルのハラール製品に対する需要状況
  (株)グルメ杵屋
  (株)神戸屋レストラン
  西洋フード・コンパスグループ(株)
  (株)ニッコクトラスト
  (株)ハイデイ日高
  H社(総菜製造販売)
  I社(レストランチェーン店)
  J社(レストランチェーン店)
  ウェスティン都ホテル京都
  ホテルグランヴィア大阪
  ホテルグランヴィア京都
  京王プラザホテル
  シェラトン都ホテル大阪
  ヒルトン東京お台場
  ホテルモントレ京都

第4章 企業個票

【食品メーカー】
  味の素
  味の素冷凍食品
  オタフクソース
  キユーピー
  テーブルマーク
  ニチレイフーズ
  日東ベスト
  日本水産
  日本食研
  日本ハム
  Mizkan
  明治
  森永乳業
  ヤヨイサンフーズ
【業務用食品専業卸】
  尾家産業(株)
  (株)久世
  (株)サトー商会
  髙瀬物産(株)
  東亜商事(株)
  (株)トーホーフードサービス
  (株)ヤグチ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59101400 2017年版 惣菜(中食)市場の実態と将来展望
C59107400 2017年版 食品宅配市場の展望と戦略
C59106000 2017年版 セルロースナノファイバー市場の展望と戦略
C59107200 2017年版 住宅産業白書