2024 美容医療の展望と戦略 ~市場分析編~

当調査は、注目を集める美容医療市場の動向と今後の方向性を調査・分析することにより、美容医療市場の現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。

発刊日
2024/06/25
体裁
A4 / 259頁
資料コード
C66101500
PDFサイズ
6.3MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 259頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら
購入商品の提供・発送のタイミングについてはこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は、美容医療市場の動向と今後の方向性を調査・分析することにより、美容医療市場の現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。
調査対象市場:美容医療(医療機関で医師が行う美容を目的とした医療サービス)市場
調査対象先:美容医療施設、その他関連企業/関連団体
調査項目:後記目次参照
調査方法:弊社専門研究員による直接及び電話取材、郵送アンケート調査、その他周辺間接調査を実施
調査期間:2024年3月~2024年6月

資料ポイント
Close

  • 美容医療の市場概況、美容医療チェーンの動向、トレンドを調査
  • 施術別市場規模推移(2009~2011年・2014年・2017年・2019~2023年)を掲載
  • 男女別市場規模推移(2009~2011年・2014年・2017年・2019~2023年)を掲載
  • 美容医療向け化粧品の市場規模推移(2018~2022年度)と2023年度メーカーシェアを調査(上位5社)
  • 美容医療用医療機器(あざとり美顔用レーザー装置・脱毛装置)の市場規模推移とシェアを掲載
  • 美容医療向け医療材料の動向を調査
  • 美容医療チェーン31院の分院戦略を分析(対象施設は以下)
    湘南美容クリニック、TCB東京中央美容外科、エミナルクリニック、ブランクリニック、あおばクリニック、リゼクリニック、共立美容外科、城本クリニック、じぶんクリニック、アリシアクリニック、ゴリラクリニック、東京美容外科、レジーナクリニック、ABCクリニック美容外科、ルシアクリニック、ジュノビューティークリニック(AND美容外科)、中央クリニック、フレイアクリニック、品川美容外科、上野クリニック、東京青山クリニック、表参道メディカルクリニック、聖心美容クリニック、TAクリニック、あさひ美容外科、ガーデンクリニック、マリアクリニック、ジェニークリニック、ミラクリニック、大塚美容形成外科・歯科、高須クリニック
  • 医療施設へアンケート調査実施、経営実態を把握、2021年/2022年/2023年調査と比較(58施設)
  • 美容医療に係る公的データを分析、その傾向を把握
  • 美容医療における問題点と課題を抽出、そこから美容医療市場の将来を展望
  • 美容医療の市場規模予測(2024~2028年)を掲載
  • 前回版との違い:男女別・施術(外科的/非外科的)別の市場規模予測(2024~2028年)を掲載

リサーチ内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 美容医療の実態と将来展望

1.日本における美容医療の変遷
  1)日本における美容医療の歴史・概況
  2)日本における美容医療年表
2.公的データにみる市場トレンド
  1)美容医療施術件数推移(2009~2011年・2014年・2017年・2019~2022年)
  2)美容医療の施術別構成比(2014年/2017年/2019年/2020年/2022年)
  3)美容医療の施術別件数(2009~2011年・2014年・2017年・2019~2022年)
    (1)外科的施術
    (2)非外科的施術
3.美容医療の市場規模推移(2009~2011年・2014年・2017年・2019~2023年)
  1)総市場規模推移
  2)外科的施術市場規模推移
  3)非外科的施術市場規模推移
  4)施術別市場規模構成比(2017年/2019年/2020年/2021年/2022年/2023年)
  5)性別市場規模(2009~2011年・2014年・2017年・2019~2023年)
  6)性別市場規模構成比(2017年/2019年/2020年/2021年/2022年/2023年)
4.美容医療市場のトレンド
  1)オンライン診療を導入する施設の増加
  2)新たな収益源としてドクターズコスメの取り扱いを強化する施設の増加
  3)Z世代取り込みを企図したSNSマーケティングを強化する施設の増加
  4)「スネコス注射」「ポテンツァ」「リップリフト」など新しい施術の台頭
  5)韓国発の医療材料・化粧品・施術の流通と台頭
5.美容医療における業界構造(チェーン運営施設比率/施設数ベースシェア)
  1)2017年(22院)
  2)2019年(25院)
  3)2021年(28院)
  4)2022年(30院)
  5)2023年(31院)
  6)2024年(31院)
  7)2017年/2019年/2021年/2022年/2023年/2024年のチェーン運営施設増減
6.美容医療チェーン運営施設の動向
  1)美容医療チェーン運営施設の概況
    (1)積極開院を進めて事業拡大を図る湘南美容クリニックとTCB東京中央美容外科
    (2)男性専門チェーンの増加
    (3)一般社団法人が運営する施設の台頭
    (4)PB(プライベートブランド)化粧品の開発を強化する施設の増加
  2)美容医療チェーンの分院戦略(全31院)
    (1)全体の地域毎展開状況(2024年)
    (2)チェーン別の地域毎展開状況(2024年)
7.大学病院の参入状況
  1)大学病院の参入経緯と今後の展望
  2)美容医療実施大学病院(2017年/2019年/2021年/2022年/2023年/2024年)
  3)美容医療実施大学病院比率(2017年/2019年/2021年/2022年/2023年/2024年)
8.株式会社の参入状況
  1)医療施設を管理する法人へ出資する方式
    (1)資生堂(南青山皮膚科スキンナビクリニック)
    (2)ロート製薬(アオハルクリニック)
    (3)バイオマスター(セルポートクリニック横浜)
  2)MS(メディカルサービス)法人による間接的な経営方式
  3)一般社団法人・一般財団法人による間接的な経営方式
9.関連団体の概況
  1)一般社団法人 日本美容外科学会(JSAPS)
  2)一般社団法人 日本美容外科学会(JSAS)
  3)公益社団法人 日本美容医療協会
  4)特定非営利活動法人 日本美容外科医師会
  5)一般社団法人 日本美容皮膚科学会
  6)一般社団法人 日本美容医療学会(JAPSA)
10.美容医療における問題点と課題
  1)増加する美容医療サービスに関するトラブルへの対応
  2)増加する美容後遺症への対応
  3)成人年齢引き下げへの対応
11.美容医療市場の今後の展望
  1)マーケティング面と経営管理面の両面におけるDX化の更なる進展
  2)男性市場の更なる拡大(施術ラインアップ多様化・物販品拡充・広告強化)
  3)新たな治療としての再生医療が本格化
12.美容医療の市場規模予測(2024~2028年)
  1)総市場
  2)性別
  3)施術別(外科的施術/非外科的施術)

第Ⅱ章 美容医療関連市場の動向

1.注入材料の動向
2.医科向け化粧品市場の動向
  1)市場概況
  2)美容医療施設で主に販売・推奨されている化粧品一覧
  3)販売体制
  4)市場規模推移(2018~2022年度)
  5)メーカーシェア(2020~2022年度、上位5社)
  6)市場規模予測(2023~2027年度)
3.美容医療関連医療機器の動向
  1)あざとり・美顔用レーザー装置(2015~2027年度予測)
  2)脱毛装置(2015~2027年度予測)

第Ⅲ章 美容医療施設の実態調査

調査概要
調査結果要旨
 
1.診療科目
2.年間延べ患者数
3.患者特性(女性比率)
4.施術メニュー別取扱状況
5.施術メニュー別中心価格
6.主力としている施術メニュー
  1)顔
  2)身体
7.今後注力する施術メニュー
  1)顔
  2)身体
8.増加傾向にある施術メニュー
  1)顔
  2)身体
9.広告宣伝方法
  1)実施中の広告宣伝方法
  2)注力中の広告宣伝方法
10.DX化への対応
11.抱えている問題点
12.今後の運営方針
  1)マーケティング面
  2)経営管理面
13.美容医療業界の問題点
14.5年後の業界展望
15.業界発展に必要なもの
16.使用中の機器・薬剤・材料の状況
  1)使用状況
  2)機器・薬剤・材料の発売元企業名
17.収入の変化(2022年と比較した2023年の収入)
18.注目を集める男性の美容医療について
  1)男性患者の動向
  2)5年後の展望
  3)男性の取り込みに必要なこと
□回答施設の個別実態(58 施設)

第Ⅳ章 美容医療の関連データ

1.美容外科数推移(1990~2020年)
2.美容外科の一般病院/診療所比率(2011年/2014年/2017年/2020年)
3.総施設・美容外科伸長率比較(1990~2020年)
4.美容外科の患者総数推移(2002~2020年)
5.美容医療サービスに関する相談件数(2012~2023年)

Excel商品 商品説明
Close

消費者調査のローデータをExcelで販売

関連リンク

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 259頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら
購入商品の提供・発送のタイミングについてはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。