新聞業界・新聞用紙の動向①~③

発刊日: 2014/11/19 体裁: A4 / 44頁
資料コード: R56203804 PDFサイズ: 1.8MB
カテゴリ:

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査期間:2014年5月~2014年6月 ※当レポートは左記の期間に調査を実施した商品です

≪YDBおよび弊社定期刊行物をご利用のお客様へ≫
Yano E plus/Yano News/Yano Reportの定期購読会員およびYDB会員のお客様は、当レポートを各冊子にてもご確認いただけます。

リサーチ内容

新聞業界・新聞用紙の動向①総論

~新聞用紙は7年連続前年割れ厳しさ増す~

■新聞用紙需要は7年連続で前年割れ、広告持ち直すも、購読部数の減少が足枷

■生産体制の再編で稼働率は回復も、需要縮小に合わせた能力削減は継続課題
   【図】国内新聞用紙生産設備稼働率推移
   【図】国内製紙メーカー新聞用紙生産能力推移
   【図】新聞用紙需要2014年度~2022年度

■紙の新聞との共存を目指しながら、新聞社のデジタル展開は試行錯誤続く
   【図】北米 新聞用紙生産量推移

■米国では新聞社の業績悪化に歯止め、デジタル収入の好調が紙の新聞減を補完

■欧米では新聞用紙のマシン停止が継続

■広告量は回復傾向も、新聞広告の価値低下は依然として進行

■新聞社は利益を持ち直すも、売上高の低迷は依然続く

■新聞社と製紙メーカーが協力し、互いにコストメリットを生む施策を追求
 ① 人件費の削減
 ② 製紙メーカーとの協力によるコスト削減
 ③ 新聞社間の共同印刷の拡大
 ④ 夕刊廃止によるコスト削減

新聞業界・新聞用紙の動向②メーカー動向

~新聞用紙は7年連続前年割れ厳しさ増す~

■日本製紙がシェア36.3%でトップ、純輸入紙はゼロに近い状況
  【表】新聞用紙メーカー別・工場別生産・出荷高

■メーカー動向
 ・日本製紙
 ・王子製紙
 ・大王製紙

新聞業界・新聞用紙の動向③新聞社動向

~新聞用紙は7年連続前年割れ厳しさ増す~

■発行部数は漸減傾向続くも経費削減をテコに採算は改善に向かう

■メーカー動向
 ・読売新聞社
 ・朝日新聞社
 ・日本経済新聞社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
R59201404 世界的にマシン閉鎖の流れが進む新聞業界・新聞用紙の動向1(2016年12月)
R59202204 世界的にマシン閉鎖の流れが進む新聞業界・新聞用紙の動向2 (2016年12月調査)
C59103320 2017 デジタルサイネージ市場の現状と展望
C58120900 2017 サービス産業白書
C58117400 2017 インターネット広告市場の実態と展望