バイオプラスチック市場の成長戦略⑦ 東レ、帝人

発刊日: 2014/11/19 体裁: A4 / 17頁
資料コード: R56206104 PDFサイズ: 0.7MB
カテゴリ:

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査期間:2014年7月 ※当レポートは左記の期間に調査を実施した商品です

≪YDBおよび弊社定期刊行物をご利用のお客様へ≫
Yano E plus/Yano News/Yano Reportの定期購読会員およびYDB会員のお客様は、当レポートを各冊子にてもご確認いただけます。

リサーチ内容

~ポリ乳酸に続き、バイオPETなど石油系樹脂のバイオ化に取組む~

【東レ】
■2013年度GR製品売上高5,750億円に拡大、統合ブランド“エコディア”世界市場狙う
  1) バイオPET
    部分バイオPETは衣料用途で採用開始、完全バイオPETも生産の方向

  2) バイオPA
    PA610は衣料向けで新たな採用、PA56、510の開発にも取り組む

  3)バイオPBT
    ジェノマティカ社と部分バイオPBT開発、供給体制が整い次第、上市の可能性も

【帝人】
■高機能ポリ乳酸に続き、バイオPET、バイオPCで付加価値用途を開拓
  1.耐熱性ポリ乳酸「バイオフロント」、付加価値用途で展開もコストの壁
  
  2.バイオPET「プラントペット」
    日産リーフの内装材に採用、衣料分野なども開拓

  3.バイオPC「プラネクスト」
    PC樹脂を上回る機能を前面に出し、光学用途などで採用目指す

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
R58208704 バイオプラスチック市場の動向11 まとめ 原油安を前に小休止、温暖化防止機運に期待(2016年9月調査)
R58206904 バイオプラスチック市場の動向8 ユニチカ、海正生物材料(2016年8月調査)
R58207204 バイオプラスチック市場の動向9 東洋紡、カネカ(2016年8月調査)
R58208404 バイオプラスチック市場の動向10 ダイセルポリマー、NEC(2016年9月調査)
C58114200 2016年版 バイオプラスチックの市場動向と需要実態