オープンソース・ハードウエア市場

発刊日: 2015/04/15 体裁: B5 / 18頁
資料コード: R57200502 PDFサイズ: 0.4MB
カテゴリ:

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査期間:2015年1月 ※当レポートは左記の期間に調査を実施した商品です

≪YDBおよび弊社定期刊行物をご利用のお客様へ≫
Yano E plus/Yano News/Yano Reportの定期購読会員およびYDB会員のお客様は、当レポートを各冊子にてもご確認いただけます。

リサーチ内容

趣味の世界から商用製品に離陸。3Dプリンタの普及で加速化

【調査要領】
(1)調査主旨と方法
オープンソース・ハードウエアは、趣味の領域で利用され、また教育現場で教材として広く利用されてきた。しかし、ここ数年、多くの試作品に利用され、一部では製品が生まれてきている。最大のメリッは、エンジニアではなくデザイナーなどの専門外のイノベータが設計から動作までを扱えることである。電子機器の開発スピードが求められる時代になり、俄然、注目を浴びている。主要・注目プレーヤーへの直接取材(3社)、を主体に文献、ウェブ・調査を併用した。

(2)調査期間
2014年11月26日~12月25日(Yano E plus2015年1月号再編集)

(3)企画・制作
エネルギー&機械産業グループ

【収録内容】
1.はじめに
  1-1.ハードウエアは使い捨て?
  1-2.ソフトウエア隆盛の要因の1つ、OSS
  1-3.スマートフォンは十全か?
  1-4.ハードウエアにもオープンな環境を求めている
2.フィジカル・コンピューティング
  2-1.フィジカル・コンピューティングとは
  2-2.OSHW(Open Source Hardware)の定義と過去の事例
3.共通なプラットフォーム(PF)
  3-1.小規模なコンピューター基板
    (1)GAINER
    (2)Arduino
    (3)konashi
    (4)Beagle Bone Black
    (5)SAKURAボード
    (6)mbed
    (7)Galileo
  3-2.開発の実際、商用利用への布石
  3-3.さらに広がる世界
4.市場規模と今後の動き
  【図・表1.オープンソース・ハードウエア関連WW市場規模推移(金額:2014-2020年予測)】

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58119200 2017 自治体向けソリューション市場の実態と展望
R57203602 高周波基板市場