メインフレームについての考察、アンチメインフレームの立場から

発刊日
2018/07/06
体裁
A4 / 32頁
資料コード
R60300400
PDFサイズ
2.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

37,800
35,000
2,800
75,600
70,000
5,600
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

エキスパートシリーズとは
Close

矢野経済研究所では、2016年より大手企業等でご活躍されたシニアの方々を当社の「社外マイスター」としてお迎えし、現役時代に培った経験、知見、人脈などを矢野経済研究所の事業活動を通じて、社会に還元していただくための新たな組織を立ち上げました。エキスパートシリーズは、社外マイスターの方が執筆した、新たな切り口によるオリジナルレポートです。長年培った経験・知見による技術や開発、市場への目利き力で、従来の市場調査資料とは一味違った情報をご提供いたします。
本レポートは、日本IBMや日本IQPなどでコンピュータソフトの開発を手掛けてきた早川鐵郎氏による。

調査概要
Close

企画主旨:本レポートの執筆者は、前述の通り長年コンピュータソフトの開発を手掛けてきたが、「ふとしたきっかけ」で中規模ITシステムの開発現場でシステム構築に携わることになった。この現場で今現在行われていることは「レガマイ(レガシー・マイグレーション)」とも呼ばれる、メインフレームやオフコン(オフィス・コンピュータ)からの移行作業である。具体的には50年前に構築されたコンピュータ・システムのWindowsサーバーでの再構築である。「メインフレーム」と呼ばれるコンピュータ・システムは、現在でも手付かずのまま未だ健在で、そもそも、この事実自体が世の中では明確には認識されていない。コンピュータ技術者の高齢化に伴い、この古いシステムをどのようにするべきかという重大な問題が存在するのだが、この事実について触れられることは稀である。本レポートでは、これらのシステムの実態と問題点、移行に関する率直な疑問点および解決に向けた私案を提示する。
調査方法:研究員による長年の経験を元に展示会、ウェブ・文献調査を併用。
調査期間:2018年3月~2018年6月

リサーチ内容

1.はじめに-老技術者の現場復帰
2.衝撃-日立製作所はメインフレームの製造から完全撤退
3.情報処理社会の二重構造-50年前から何も変わっていない
4.歴史的な経緯-コンピュータの歴史はメインフレームの歴史
5.ICTサービスの発展と3層構造
6.メインンフレームは有効性を持つという立場-IBM Z
  6.1 ミッションクリティカルなアプリケーションで使用されているメインフレーム
  6.2 Windowsサーバーやクラウドに移行し始めたメインフレーム/オフコン
7.日本はメインフレーム天国-このままでいいのか?
8.システム・ビュー
9.問題点-古いメインフレームを誰がメインテナンスしていくのか
10.もうひとつの大問題-中小企業のオフコンをどうするか
11.メインフレームはパソコンを経てクラウド・コンピューティングとWeb化へ
12.GoogleとMicrosoft社、「民主化」を加速
  12.1 Google Apps ScriptとApp Maker
  12.2 Microsoft Windows Azure
13.まとめ-今後のメインフレーム・アプリはWeb化されPCアプリへ

関連リンク

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

37,800
35,000
2,800
75,600
70,000
5,600

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。