セミナーのご案内

ハラールエキスポジャパン2016 特別セミナー
インドネシアのハラール認証の現在と今後の行方
~ハラール認証義務化が進むインドネシア~
20161122(火) 13:00-14:45
東京都立産業貿易センター台東館 8F 第2会議室(台東区民会館)

現在インドネシアは2014年10月に制定されたハラール製品保証法により、ハラール認証義務化に向けて進み始めている。世界最大のムスリム人口(約2.2億人)を有するインドネシアでは今後、人が日々口にするもの、消費するものについて、国としてハラールの保証をしていくことになる。

当セミナーでは、現在インドネシア政府から指名されている唯一のハラール認証機関LPPOM MUIのトップをスピーカーに招き、今後のインドネシアのハラール認証体制、インドネシアにおけるハラール対応およびハラール認証義務化についての理解を深める機会を提供する。

主要テーマ

  • ハラール製品保証法(UU JPH)による今後のインドネシアのハラール認証体制
  • インドネシアにおける最近のハラールの取組(ハラールポート、ハラールツーリズム、他)
  • インドネシア市場に求められるハラール対応 他

セミナー概要

  • 開会挨拶

    株式会社矢野経済研究所 代表取締役社長 水越 孝

  • オープニング スピーチ

    【テーマ】
    インドネシア市場の特徴と日本企業に期待する投資分野について
    (ハラールに関連する領域での投資機会について)
    ※日本語同時通訳付

    インドネシア共和国大使館 公使参事官 レットノ スペニ

  • 自主企画調査結果報告

    【テーマ】
    企業のハラール対応・戦略について(インドネシア健康食品・サプリメント市場の事例)

    株式会社矢野経済研究所 主任研究員 神部 綾

  • 基調講演

    【テーマ】
    インドネシアのハラール認証の現在と今後の行方(ハラール認証義務化が進むインドネシア)
    • ハラール製品保証法(UU JPH)による今後のインドネシアのハラール認証体制
    • インドネシアにおける最近のハラールの取組(ハラールポート、ハラールツーリズム、他)
    • インドネシア市場で求められるハラール対応 他
    ※日本語同時通訳付

    LPPOM MUI(インドネシアハラール認証機関)ディレクター ルクマヌル ハキム

※セミナープログラムの順番や構成、講師が変わる場合もございますので、予めご容赦いただけますようお願い申し上げます。

セミナー要綱

開催日時 2016年11月22日(火)13:00~14:45
会 場 東京都立産業貿易センター台東館8F第2会議室(台東区民会館)
東京都台東区花川戸2-6-5

会場のご案内はこちらから

受講料 5000円(税込)
「ハラールエキスポジャパン2016」出展者は1名様まで無料
定員 150名
※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加対象 インドネシアとのビジネスに関心のある企業のご担当者様
アジアへの輸出促進支援を検討されている自治体様
お申し込み
お願い お申し込み後、受講票をメールで、請求書を郵送でお送り致します。
セミナー受講料は、開催日前日まで、または請求書到着後1週間以内にお振り込みください。
尚、参加人数に限りがございますため、受講料振込後の申し込み取り消しはお受けいたしかねますので、当日欠席の場合は代理の方のご出席をお願い致します。
業種、業務内容等により参加をご遠慮頂く場合がございます。
キャンセルポリシー セミナー開催日の前営業日15時以降の欠席のご連絡、またはご連絡なく当日欠席された場合には、お席をご用意する関係上、お振込み如何に関わらず受講料を請求させていただきます。その際は、セミナーで配布した資料を郵送いたします。
主催 株式会社矢野経済研究所
お問い合わせ 株式会社矢野経済研究所 カスタマーセンター
TEL:03-5371-6901

ハラールエキスポジャパン2016 浅草の街全体が展示会場になる!

会期 2016年11月22日(火)、23日(水・祝日)10:00~17:00
会場 東京都立産業貿易センター 台東館 アクセス
来場者数 10,000人(予定)
特設サイト ハラールエキスポジャパン2016