2005 専門店市場白書

発刊日
2004/09/30
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 385頁
資料コード
C46108900
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

Ⅰ.専門店チェーンの市場動向

小売総市場における104兆円専門店市場
1.商業統計にみる専門店と専門スーパー
2.チャネル別に見た専門店の位置づけ
・各小売チャネルの動向と専門店の関係
・専門店化が進む業種と総合化が進む業種
・ネット通販、無店舗販売などが与える影響
3.専門店と新商業施設・ショッピングセンター
・テナントとしての専門店
・ショッピングセンター乱立で変化する店舗立地
・SC型専門店で大きく伸びた企業の今後
4.専門店業態の変遷と各業種で活発化するM&A
・成長期の業種の特徴と今後
・M&Aが活発に行われる業種とは
5.専門店チェーンとフランチャイズシステム
・フランチャイズシステムを利用して成長する専門店
・専門店チェーンのFC利用状況と今後の展望
6.専門店各種ランキング

Ⅱ.業種・業態別専門店の個別動向

(1) 業態専門店
1.ホームセンター
  • 全国展開を開始する大手ホームセンター
  • 非競合地域の企業との資本・業務提携はさらに進む
  • 急成長期は終焉し、激しい競争時代へ突入
2.ドラッグストア
  • マツキヨ連合、イオングループなどグループ化が急加速
  • 急成長を続ける各企業も市場飽和後を見据えた経営
  • GMSが進めるSC型店舗とドラッグストアの関係
3.100円ショップ(ワンプライスショップ)
  • 大創産業の独占市場に各企業が独自性で挑戦
  • 生鮮食品をメインとしたSHOP99が新たな台風の目に
  • 競合業態はコンビニ、ディスカウントストア、総合小売店
4.リサイクルショップ
  • リサイクル型新興小売業が市場を牽引
  • 全リサイクル市場は2兆円規模にまで成長
  • ブックオフ、テンポス、コメ兵など業界が牽引
5.ディスカウントストア
  • ドンキはアミューズメントとの複合かも進め一歩先を行く
  • 独自のSCを構築し飲食や100円ショップとの複合化も進む
  • 中堅以下各ディスカウントストアは得意商品へと特化
6.無店舗販売(ネット通販、訪問販売)
  • ネット通販はヤフー、楽天を中心に急成長
  • カタログ、テレビ通販もネットとの連携を強める
  • 訪問販売は下着など特定商品で強み
7.SPA型衣料品店
  • GAPに始まった業態は全世界に広がる
  • 日本でも多数の企業が採用し参入企業は拡大
(2) 業種専門店
1.アパレル専門店
1.カジュアル衣料専門店
  • 市場規模は前年比0.5%減
  • カジュアル衣料の販売は専門店を中心に回復へ
2.ジーンズ専門店
  • 2~3,000億円のジーンズ市場は専門店も多数
  • ジーンズメイトは全店売上好調
3.婦人服専門店
  • 品揃え型専門店は増収増益体質への転換が課題
  • 百貨店などの婦人服販売を専門店が吸収へ
4.子供服専門店
  • 量販チェーンが急成長し市場は新たな段階へ
  • 玩具など子供向け商品を揃えた専門店も登場
5.紳士服専門店
  • 急増したツープライスショップ出店は沈静化
  • 郊外型の紳士服専門店は厳しい状況が続く
6.セレクトショップ
  • 有力6社中5社が増収の成長業種
  • ユナイテッドアローズが業界での地位を固める
7.呉服専門店
  • 店頭小売と催事販売が中心
  • リサイクルやネットでの販売が好調 
8.作業服専門店
  • ガリバー企業ワークマンが業界を牽引
  • 09年には全国1,300店体制を計画
9.婦人下着、靴下専門店
  • 品揃えの同質化や価格競争からの脱却
  • 靴下専門店を展開するダンは全国に出店
2.ソフト関連商品専門店
1.書籍専門店(書店)
  • 書籍販売金額の減少で市場は縮小傾向
  • レンタル店との複合化などで急成長する企業も
2.新古書店
  • ブックオフが牽引する市場は急成長を遂げる
  • 他社もFCの活用などで大きく業績を伸ばす
3.CD、DVD専門店(レコード店)
  • CD売上は減少の一途、DVD市場は急成長
  • 外資系企業が巨大店舗でシェアを確保
4.ゲームソフト専門店
  • ゲーム関連商品の売上は年々減少
  • FCを活用し全国へと展開するゲーム専門店
5.ビデオレンタル店
  • ソフト業界の中心的な地位へ
  • アミューズメントとの複合化などで更なる発展へ
3.趣味・娯楽、スポーツ専門店
1.楽器店
  • 若年層の人口減少で楽器市場は縮小傾向
  • CDショップや音楽教室との複合で業績維持を図る
2.玩具店
  • ゲームの不振が市場に直接影響
  • トイザらスはベビーザらス店の拡充を急ぐ
3.手芸店
  • 実用品から趣味用品としての手芸用品へと市場が変化
  • 大手は大型店から中型店の展開で需要掘り起しを狙う
4.カメラ、DPE専門店
  • カメラ販売は銀塩からデジカメへと急速にシフト
  • DPEサービスもデジタル対応を急ぐ各社
5.チケットショップ
  • ぴあ、ローソンチケット、CNが端末設置でシェアの大半を確保
  • ネット販売の拡大で新興企業の参入余地も
6.カー用品専門店
  • FCを活用した店舗展開で全国に展開する各社の店舗
  • 中古車販売や車検などとの複合化が生き残りの鍵
7.自転車、バイク店
  • 自転車販売はホームセンター、ディスカウント店から専門店へ
  • バイクはメーカ系販売店のほか、量販店や個性派専門店も
8.ゴルフ用品店
  • ゴルフ市場の縮小はようやく底打ち
  • フォームチェックなどの付加サービスで顧客を確保
9.スキー、テニス用品店
  • スキー人口の減少は専門店市場を直撃 中古品市場も出現
  • テニスも競技人口の減少で市場規模が縮小傾向
10.釣具、アウトドア専門店
  • 数年前のブラックバスブームも沈静化し、各社売上は低迷
  • アウトドア店はアパレル中心の品揃えで売上を確保
11.総合スポーツ店
  • 巨大店舗を出店する総合店は売上を伸ばし業績好調
  • SC内への出店も加速し、店舗数や売上は増加傾向
4.家電・パソコン、家具・文具専門店
1.家電専門店
  • 薄型テレビやデジタル家電の販売好調で専門店も業績好調
  • オーバーストア状態は続いており、M&Aは活発
2.パソコン専門店
  • パソコン売上は数年前から低迷状態 リサイクル事業は急伸
  • 独自パソコンや通信販売、リサイクル事業などで個性化を図る
3.家具、インテリア専門店
  • 百貨店からシェアを奪い大手専門店の業績は安定
  • 輸入家具、デザイン家具販売などで新興企業の参入も
4.文具専門店
  • ネットによる通信販売が文具・事務用品販売の主流に
  • アスクル、大塚商会、コクヨなどの企業が業界を構成
5.服飾雑貨専門店
1.宝飾品専門店
  • 高級ブランドジュエリー市場で外資参入活発化
  • 外資各社は大型路面店を積極出店
2.眼鏡専門店
  • 近年続いた低価格路線からの脱却
  • デザイナーズブランドの活用で差別化を図る
3.鞄専門店
  • 国内鞄専門店は小不振などの影響で不振
  • 一方外資系専門店の業績は堅調に推移
4.靴専門店
  • 商品単価の下落などで市場規模は縮小
  • エービーシー・マートはその状況下でも2ケタ成長
5.雑貨・
  • 携帯電話コンテンツ配信業者などの異業種参入も
  • ブルドッグや良品計画は上場し大規模に営業
6.化粧品専門店
  • プライベートブランドが90%を占める化粧品販売市場
  • ハウスオブローゼの成長は続く
7.アクセサリー専門店
  • 大手アパレル企業など異業種からの参入が相次ぐ
  • デザイン性の向上などで市場は拡大へ
6.食料品専門店
1.酒類専門店
  • 販売自由化がもたらす影響と弊害
  • ディスカウントショップは中小酒店の脅威に
2.生鮮食品専門店
  • 鮮魚を中心に専門店化の動き
  • 販売だけでなくすし店の展開など事業に広がりも
3.持ち帰り弁当、惣菜専門店
  • 中食ブームに乗って各地に店舗を出店
  • コンビニやスーパーでの弁当販売が競合相手

内容見本
図表サンプル

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。