2006年版 統合医療市場の実態と展望

発刊日
2005/12/15
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 222頁
資料コード
C47110300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 総論編-統合医療市場の実態と展望

1.統合医療市場の概要

1-1.概論
1-2.統合医療とは-定義と分類
1-2-1.統合医療の概念
1-2-2.相補・代替医療の種類
1-3.統合医療市場の構成者
1-3-1.統合医療を推進する団体の動向
a) 日本代替・相補・伝統医療連合会議(JACT)
b) 日本統合医療学会(JIM)
c) 日本ホリスティック医学協会
d) 日本補完代替医療学会(JCAM)
e) 京都統合医療研究開発実証センター・京都リサーチパーク(株)
f) 早稲田大学先端科学・健康医療融合研究機構BMEインスティテュート
1-4.統合医療関連市場規模
1-5.各分野CAMの市場動向
  • 食事・栄養に関する分野
  • 手技・トリートメントに関する分野
  • その他の療法に関する分野
2.統合医療市場の意識動向・利用動向
2-1.統合医療の消費者調査
2-2.ドクターアンケートにみる医師の意識調査
2-3.統合医療を実践する主な機関
  • 帯津三敬病院
  • 統合医療ビレッジ
  • 東京女子医科大学付属青山自然医療研究所クリニック
  • 赤坂溜池クリニック
  • 福岡歯科
  • その他
3.統合医療市場の効果と問題点
3-1.統合医療の効果
3-2.統合医療の問題点
  • 制度上の問題
  • 統合医療実践側の問題
4.海外の動向
4-1.米国
4-1-1.補完・代替医療の背景と現状
4-1-2.CAMの利用状況調査
4-1-3.アメリカのサプリメントの現状
4-1-4.統合医療実践医療機関
a) スローン・ケータリングがんセンター
b) テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター
c) メリーランド大学医学部統合医療センター
d) キング・カウンティ自然医療クリニック
4-2.欧州
  • ロイヤルロンドンホメオパシー病院
  • ウェストミンスター大学
5.統合医療市場の将来展望と今後の方向性
5-1.統合医療の現状
5-1-1.統合医療の利用状況
5-1-2.立法・行政機関、経済界の動向
a) 「統合医療を実現する議員連盟」
b) 文部科学省の代替医療関連プロジェクト
c) 「統合医療を実現する経済人・文化人の会」
5-1-3.統合医療機関で利用されているCAM
5-2.統合医療市場の市場規模推移予測
5-2-1.代替医療市場の市場規模推移
5-3.統合医療の今後の方向性

第2章 各論編―分野別の統合医療関連市場動向

1.食事・栄養に関するCAM
1-1.健康食品
1-1-1.健康食品の分類
1-1-2.科学的根拠をもつ健康食品
1-1-3.健康食品の認証をしている統合医療推進団体
a) 日本健康食品評価認証機構(FFF)
b) EBM for Natural Products推進協議会
c) 代替医療研究機構(CAMRO)
1-1-4.健康食品周辺企業・団体の動向
  • 万田酵素
1-1-5.統合医療機関で利用されているサプリメント
1-1-6.注目品目・素材の市場動向
  • コエンザイムQ10
1-1-7.サプリメント推奨医療機関
1-2.各種療法
1-2-1.市場概況
1-2-2.食餌療法
a) マクロビオティック
  • 概要
  • マクロビオティックの食餌法
  • 疾病予防・治療効果
  • 主な団体・企業の動向
  • 正食協会
  • (株)ナチュラルグループ本社
b) ゲルソン療法
  • 概要
  • ゲルソン療法の食餌法
c) ダイエット用サプリメント(参考)
  • 課題と今後の展望
1-2-3.病者・高齢者向け食品(特別用途食品)
  • 概要
  • 主な団体・企業の動向
  • (株)ニチレイ
  • タイヘイ(株)
2.手技・トリートメントに関する分野
2-1.鍼灸マッサージ・柔整
2-1-1.市場概況
2-1-2.主な団体・企業の動向
  • 社団法人 全日本鍼灸学会
  • 社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会
2-1-3.課題と今後の展望
2-2.カイロプラクティック
2-2-1.市場概況
2-2-2.カイロプラクティック概要
2-2-3.主な団体・企業の動向
  • 日本カイロプラクターズ協会(JAC)
  • ロイヤルメルボルン工科大学カイロプラクティック学科日本校
  • NPO法人カイロプラクティック機構
2-2-4.課題と今後展望
2-3.クィックマッサージ・リフレクソロジー
2-3-1.市場概況
2-3-2.主な団体・企業の動向
  • 株式会社RAJA
2-3-3.課題と今後展望
2-4.アロマテラピー
2-4-1.市場概況
2-4-2.主な団体・企業の動向
  • 社団法人日本アロマ環境協会
  • 日本アロマセラピー学会
  • 2-4-3.フィトテラピー(植物療法)
  • 国際植物療法協会
3.その他の療法に関するCAM
3-1.ホメオパシー
3-1-2.市場概況
3-1-3.主な団体・企業の動向
  • 日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)
  • 日本ホメオパシー医学会
3-1-3.ホメオパシーを治療に取り入れている医療機関
3-1-4.課題と今後の展望
3-2.精神・心理療法
3-2-1.芸術療法
  • 概要
  • 主な団体の動向
  • 日本芸術療法学会
3-2-2.音楽療法
  • 概要
  • 主な団体の動向
  • 日本音楽療法学会
  • 岐阜県音楽療法研究所
  • 日本終末期・緩和ケア臨床音楽療法士連絡会
3-3.運動療法
  • 概要
  • 関西医科大学・健康科学センター
  • 医療法人社団 ウェルネス ササキクリニック
3-4.温泉療法
  • 概要
  • 主な団体の動向
  • 有限責任中間法人 日本温泉気候物理医学会
4.伝統医学体系の国内事情
  • アーユルヴェーダ
  • 中国医学・チベット医学・ユナニ医学
5.補足―統合医療周辺の市場
5-1.漢方薬

第3章 統合医療に関するドクターアンケート

1.調査要綱

2.調査趣旨

3.回答者属性

4.アンケート原本

5.アンケート結果
問1 貴院では、統合医療を実践していますか
問2 どのような病状に対して統合医療を実践することが多いですか(複数回答可)
問3 先生が患者に薦める健康食品、機能性食品やサプリメントの品目・成分がありましたら印をお付け下さい。その他にある場合は、その他欄にご記入下さい(複数回答可)
問4 統合医療を行う最大の目的はなんですか。該当するものひとつお選び下さい
問5 統合医療を実施する場合、どのような状況で行っていますか
問6 来院される患者さんのうち、統合医療を実践する患者は何%位ですか
問7 統合医療を実践する患者や相談される患者は、それぞれどのような状況ですか
問8 統合医療を実践する患者や相談される患者で、多い思われる性別年代に3ケ所○印を付けて下さい
問9 統合医療について患者さんから受ける相談・質問事項、内容はどのようなものが多いですか(複数回答可)
問10 統合医療の診療を行う場合、入院、外来の区分と、それぞれの平均的な費用(保険外患者負担)はどのくらいですか
問11 貴院で行っている(興味のある)統合医療は、どのような補完代替医療が中心ですか(複数回答可)
問12 先生は統合医療関連の情報を、どのような手段で収集していますか(複数回答可)
問13 今後統合医療はどのように進んでいく(いくべき)とお考えですか(複数回答可)
問14 先生が特に注目している健康食品、機能性食品、サプリメントのメーカーがありましたら、ご記入下さい
問15 統合医療について興味がないのは、どのような理由ですか(複数回答可)
問16 医師が健康食品、機能性食品やサプリメントを推奨することについて、是非、考え方、今後のあり方などご記入下さい
問17 統合医療、補完代替医療に関する問題点、要望、今後の展望、ご意見など、ご自由にお書き下さい
6.クロス分析
問1と問12
【目的】 問12の統合医療における実践及び興味のある補完代替医療を、実践している回答と興味のある回答で区分し、統合医療の展望を探る。
問3と問12
【目的】 実践している統合医療の病状ごとに、行われている補完代替医療を探る。
問3と問5
【目的】 実践している統合医療の病状ごとに、医師の考える最大目的を探る。
問3と問4
【目的】 実践している統合医療の病状ごとに、患者に薦める健康食品、機能性食品、サプリメントを探る。
問3の詳細
【目的】 統合医療を実践している医療機関で、併行的に行っている統合医療の内容を対象病状ごとに探る
問3と問11
【目的】 統合医療の診療形態、平均的な費用を、実践されている病状ごとで探る。
問11と問12
【目的】 統合医療の診療形態、平均的な費用を、実践されている補完代替医療ごとで探る。

第4章 参考資料

統合医療実施医療機関リスト360施設
科学技術振興財団・科学技術文献情報データベースによる
主な健康食品の臨床試験


図表目次

図表1-1 統合医療の概念図
図表1-2 第三医学の概念像
図表1-3 NCCAMによる代替医療の分類
図表1-4 本書での代替医療の分類
図表1-5 代替医療の市場規模一覧
図表1-6 分野別CAM関連市場の主な参入企業
図表1-7 代替医療の経験
図表1-8 統合医療実施の主な医療機関
図表1-9 CAMに関連する医療過誤のリスクと医療責任
図表1-10 CAMの有効性と安全性
図表1-11 西洋医学、代替医療、統合医療の差
図表1-12 アメリカにおけるCAMに対する免許制度採用の状況
図表1-13 米国医療研究予算額推移
図表1-14 アカデミック・コンソーシアム参加大学
図表1-15 CAMの利用経験
図表1-16 過去一年間に利用したCAM
図表1-17 利用している自然食品
図表1-18 CAMを利用している症状
図表1-19 スローン・ケータリング記念病院で実施のCAM
図表1-20 ウェストミンスター大学で設置しているCAMに関する講座
図表1-21 医療機関による患者の代替医療利用調査
図表1-22 三大医療と組み合わせるCAM
図表1-23 ガン治療に利用されるサプリメントの機能性による分類
図表1-24 代替医療の市場規模
図表1-25 統合医療による日本の医療への貢献
図表1-26 国民医療費推移
図表2-1 特定保健用食品の表示許可品目一覧
図表2-2 栄養機能食品の規格基準がある成分
図表2-3 健康食品の制度上分類
図表2-4 JHFAマーク用規格基準がある品目
図表2-5 健康食品の機能別分類
図表2-6 医学中央雑誌データベースにおける健康食品のヒトへの試験
図表2-7 日本健康食品評価認証機構(FFF)認定製品
図表2-8 EBMforNaturalProducts推進協議会パイロット臨床試験 評価修了認定製品
図表2-9 ドクターが治療に利用するサプリメント
図表2-10 コエンザイムQ協会品質認定マーク取得企業
図表2-11 診療にサプリメントを推奨している医療機関
図表2-12 主なダイエットサプリメント成分の機能
図表2-13 特別用途食品表示許可一覧表
図表2-14 「あはき」「柔整」従事者数
図表2-15 施術所数
図表2-16 WHO(世界保健機構)で定められている鍼の適応症
図表2-17 カイロプラクティックに関する海外の調査研究
図表2-18 欧州式リフレクソロジーと東洋式リフレクソロジーの違い
図表2-19 アロマテラピー利用医療機関
図表2-20 ホメオパシーを治療に取り入れている医療機関
図表2-21 温泉療法の効果
図表2-22 日本におけるアーユルヴェーダの普及、教育機関
図表2-23 日本におけるアーユルヴェーダ実践機関
図表2-24 漢方製剤等生産額の推移
図表2-25 漢方製剤等生産額推移グラフ
図表2-26 特掲医薬品・漢方製剤91品目の生産及び輸入金額の推移

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。