2006年版 玩具産業白書

発刊日
2005/12/26
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 385頁
資料コード
C47111200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 総論

1.玩具産業全体動向
1.玩具メーカー再編:バンダイナムコとタカラトミーの今後について
●2005年5月に統合・合併を相次いで発表
●タカラトミーはインデックスとの提携も
●バンダイナムコは順調にスタート
●商品戦略について
●海外戦略について
●M&Aの状況について
●今後の市場について
◇バンダイナムコホールディングスとタカラトミーの構想一覧表(表)
2.「学習効果」のある玩具・ゲームソフトがヒット
●2004~2005年は特に「脳」が流行
●玩具業界は少子化に苦しむ
●玩具・ゲーム業界でも脳関連の商品が次々と投入される
●2005年度の小売市場は一気に120億円規模と算出
◇玩具市場規模推移
<図>玩具国内市場規模推移
【玩具8品目・国内出荷市場規模推移】/【玩具8品目・国内小売市場規模推移】
【玩具9品目・国内出荷市場規模推移】/【玩具9品目・国内小売市場規模推移】
2.玩具メーカーの動向
1.メーカーの全体動向
●事業所・従業員数とも微減傾向
◇玩具関連事業所・従業員数推移
●出荷額減少
◇玩具関連事業所別出荷額推移<図>関連16項目出荷額合計推移
2.三大玩具メーカーの動向
●各社、海外展開に注力
【各企業の動向】
<図>玩具大手3社の売上高推移(連結)
玩具大手3社の売上高推移(単独)
<図>玩具大手3社の経常利益推移(連結)
玩具大手3社の経常利益推移(単独)
■玩具大手3社比較
1.収益
2.資産/株価収益率
3.キャッシュフロー
4.従業員数
5.関係会社数
6.研究開発費
7.設備投資額
8.広告宣伝費
9.海外売上高
3.TVゲームメーカーの動向
【メーカー動向】
●業界構造の変化進む
●海外売上高が高水準で推移
■テレビゲームソフト・ハードメーカーデータ比較
◇連結売上高
◇海外売上高
◇販売費及び一般管理費等
◇項目別ランキング(金額ベース/売上高比率ベース)
【次世代機について】
◇現行機及び次世代機の各社比較
3.玩具卸売業者の動向
●大手卸の再編は落ち着く
●新しいチャネルが増加
●小売店との連携を強める動きも
◇玩具・TVゲーム主要卸売問屋業績推移(表)
4.玩具小売業者の動向
●デフレ化による閉店相次ぐ
◇玩具・チャネル別販売状況
<表>有力玩具関連小売の販売状況
◇玩具・小売状況
●日本トイザらスは初の減収減益に
◇日本トイザらス・既存店および全店の月別売上推移(対前年同月比)
◇日本トイザらス・売上高の推移
◇日本トイザらス、店舗数の推移
◇トイザらス店舗一覧
◇ベビーザらス店舗一覧
【チャネル別状況】
●家電量販店
●GMS・SC
●インターネット販売
●メーカーによる売場作り

第2章 産業分野別市場動向

Ⅰ.玩具産業分野別市場動向
1.電子玩具市場
【定義】
【市場動向】
【主要事業者動向】
バンダイ
セガトイズ
タカラ
エポック社
トミー
【電子玩具市場の構成】
2.模型・ホビー市場
【定義】
【市場動向】
【主要事業者動向】
  • バンダイ
  • タミヤ
  • 京商
【模型・ホビー市場の構成】
3.男児キャラクター玩具・男児玩具市場
-1.男児キャラクター・男児玩具全般
【市場動向】
【主要事業者動向】
  • タカラ
  • バンダイ
  • トミー
  • コナミ
【男児キャラクター・男児玩具市場の構成】
-2.トイラジコン市場
【市場動向】
【トイラジコン市場の構成】
4.女児キャラクター玩具・女児玩具市場
【市場動向】
【主要事業者動向】
  • バンダイ
  • エポック社
  • タカラ
  • トミー
  • ピープル
【女児キャラクター玩具・女児玩具市場の構成】
5.ゲーム類(アナログゲーム)市場
【定義】
【市場動向】
【主要事業者動向】
  • エポック社
  • タカラ
  • バンダイ
  • トミーダイレクト
【ゲーム類市場の構成】
6.ぬいぐるみ・人形市場
【市場動向】
【主要事業者動向】
  • ナカジマコーポレーション
  • セキグチ
  • ハートランド
  • セガトイズ
  • 吉徳
【ぬいぐるみ・人形市場の構成】
7.基礎玩具市場
-1.知育・乳幼児玩具市場
【定義】
【市場動向】
【主要事業者動向】
  • タカラ
  • コンビ
  • ピープル
【知育・乳幼児玩具市場主要製品】
-2.ジグソーパズル市場
【市場動向】
【主要事業者動向】
  • テンヨー
  • ビバリー
  • やのまん
  • エポック社
【ジグソーパズル市場の構成】
【基礎玩具市場推移】
8.季節・雑玩具市場
【定義】
【市場動向】
9.テレビゲームハード市場
【市場動向】
●携帯ゲーム機が好調に推移
●06年次世代機「プレイステーション3」投入予定
●任天堂04年12月投入の新携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」が好調
●マイクロソフトの「Xbox」は苦戦
●市場規模は縮小傾向
<表>テレビゲームハード・機種別国内出荷数量
10.テレビゲームソフト市場
【市場動向】
●04年度、05年度のヒット商品
●開発コストの高騰化でシリーズ作品が増加
●流通事情
●市場規模は引き続き減少傾向
<表>テレビゲームソフト国内出荷数量(機種別)
11.携帯アプリゲーム市場
【定義】
【市場動向】
12.オンラインゲーム市場
【定義】
【市場動向】
【主要事業者動向】
  • セガ
  • スクウェア・エニックス
  • マイクロソフト
  • バンダイ
  • コーエー
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント
13.玩具菓子市場
【定義】
【市場動向】
【主要事業者動向】
  • バンダイ
  • カバヤ食品
  • トミー
  • フルタ製菓
  • 江崎グリコ
  • リーメント
  • タカラ
【玩具菓子市場の構成】
14.カプセル入り玩具市場
【市場動向】
【主要事業者動向】
  • バンダイ
  • ユージン
  • その他
【カプセル入り玩具市場の構成】
15.フィギア市場
【定義】
【フィギアの分類】
【市場動向】
【主要事業者動向】
  • 壽屋(コトブキヤ)
  • コナミ
  • やまと
  • メディコム・トイ
  • マックスファクトリー
Ⅱ.玩具周辺産業の分野別市場動向
1.幼児英才教育市場の動向
<図>幼児英才教育市場規模推移
2.幼児・子ども英会話教室市場の動向
【市場概況】
【市場規模】
<図>幼児英会話教室の市場規模推計
3.幼児向け英会話教材市場(直販)の動向
【定義】
【市場概況】
4.Eコマース市場の動向
●BtoB市場は102兆円規模に
●BtoC市場も拡大、エンターテイメントでは4,210億円規模に
<表>電子商取引 BtoBの市場規模~全体像/電子商取引 BtoB市場規模推移
<表>電子商取引 BtoCの市場規模~全体像/電子商取引 BtoC市場規模推移
5.アミューズメント施設市場の動向
<図>オペレーション売上高
アミューズメント施設の営業所数の推移
遊戯機器設置台数の推移
アミューズメント施設(ゲームセンター)市場規模と参加人口

第3章 ユーザー背景

1.消費支出動向
-1.家計消費支出:停滞傾向は下げ止まる
<図>1世帯当たり年間消費支出推移
世帯種別消費支出実質増加率
-2.テレビゲームへの消費支出:微増
<図>テレビゲーム支出金額推移(年間/世帯あたり)
-3.玩具(テレビゲーム以外)への支出:減少
<図>玩具(テレビゲーム除く)支出金額推移(年間/世帯あたり)
-4.文化施設・遊園地以外の入場・ゲーム代:ほぼ横這い
<図>入場・ゲーム代支出金額推移(年間/世帯あたり)
◇年間収入五分位階別支出
◇都市階級別1世帯当たり品目別支出金額(全世帯)
-5.教育費:3年連続増加
<図>教育費推移(年間/世帯あたり)
-6.電話通信費:携帯電話への支出が引き続き増加
<図>電話通信料支出推移(年間/世帯あたり)
電話通信料支出推移・年代別(年間/世帯主別)
2.人口構成の動向
-1.人口動態
●少子高齢化進行
<図>15歳未満人口の推移
65歳以上人口推移
総人口に占める子どもと高齢者の割合
●出生数も最低
<図>出生数の推移
年齢3歳階級別子供の数
-2.世帯動向
●老人世帯は増加傾向
<図>世帯数総数推移
65歳以上親族のいる一般世帯数推移
●児童のいる世帯における平均児童数も減少
<図>児童有無別にみた世帯数と平均児童数の推移
全世帯に占める児童のいる世帯の割合
世帯状況一覧
3.インフラ普及動向
●インターネット普及状況
<図>インターネット利用者数
●パソコンの普及率
<図>パソコンの家庭普及率
●携帯電話の普及状況
◇携帯電話事業者別月末契約数(累計)
NTT DoCoMo契約者数推移(累計)
グループ別契約数推移(累計)
●携帯電話契約数比率
◇事業者別月末契約数比率(前年同月比)
グループ別契約数比率(前年同月比)
●携帯でのネット接続状況
◇携帯IPサービス契約数(累計)
iモード契約数推移(累計)
サービス別契約数推移(累計)
◇IP接続サービス別契約者数比率(前年同月比)
●ブロードバンド接続者急増
<図>DSLサービスの加入者数
FTTHサービスの加入者数
4.ユーザーの余暇状況
●パソコン参加人口が減少
<図>余暇活動の参加人口

第4章 有力事業者の実態


I.玩具メーカー
■エポック社
1.業績状況
●2005年3月期は135億3,000万円の売上高
2.有力商品・サービス概況
-1.野球盤
-2.魚雷戦ゲーム
-3.シルバニアファミリー
-4.アクアビーズアート
3.事業体制・事業戦略動向
●シーエイアイメディア共同開発と資本提携
4.業績見通・課題
●新商品の充実化を
■学研トイホビー
1.業績概況
●売上高はほぼ横ばい
2.有力商品・サービス概況
-1.ニューブロックシリーズ
-2.きかんしゃトーマスシリーズ
-3.K's Kids
3.事業体制・事業戦略動向
●2~3歳がコアのターゲットゾーン。さらに低年齢に食い込む。
●店頭催事を重視
4.業績見通・課題
●安定した推移
■くもん出版
1.業績概況
●増収・増益
2.有力商品・サービス概況
-1.くるくるチャイムLB
-2.ステップアップ ジグソーパズル(5ステップ13アイテム)
-3.磁石盤(磁石かんじ盤、磁石すうじ盤30、磁石あいうえお盤、磁石すうじ盤100)
-4.地図パズル(NEW日本地図パズル、世界地図パズル)
-5.カード
3.事業体制・事業戦略動向
4.業績見通・課題
■コンビ
1.業績概況
●05年3月期は増収増益
2.有力商品・サービス概況
-1.Fromママシリーズ
-2.くっつきつみきランド
-3.知育探検シリーズ
3.事業体制・事業戦略動向
●ライフデザインプロジェクト
4.業績見通・課題
●業績見通し下方修正
●品質のより以上の向上と多様な販路の強化
■シー・シー・ピー
1.業績概況
●海外売上で実績向上
2.有力商品・サービス概況
-1.「リアルドライブ」
-2.「ボーイング747-400」
-3.ギミック・ラジコン(「チームエッジR/C」他)
3.事業体制・事業戦略動向
●商材拡充
●売場作りに注力
4.業績見通・課題
●成人向けのR/Cに注力
■セガトイズ
1.業績状況
●新しい商品が次々とヒット
2.有力商品・サービス概況
-1.脳力トレーナー
-2.ホームスター
-3.idog(アイドッグ)
-4.ビーナ
3.事業体制・事業戦略動向
●セガサミーグループのシナジー効果
4.業績見通・課題
●海外売上の増大
■セキグチ
1.業績概況
●安定的増収
2.有力商品・サービス概況
-1.モンチッチシリーズ
-2.ベビチッチ
-3.その他のぬいぐるみ
-4.DOLL(人形)シリーズ
3.事業体制・事業戦略動向
●海外に注力
●ホビー市場の深耕
●30人体制を維持
4.業績見通・課題
●06年2月期は横ばいの見通し
■タカラ
1.業績概況
●2005年3月期は大幅な減益に
2.有力商品・サービス概況
-1.デュエル・マスターズ
-2.ビーダマン
-3.人生ゲームシリーズ
-4.ウォーキービッツ
3.事業体制・事業戦略動向
●海外展開へさらに注力
4.業績見通・課題
●グループ会社の整理を引き続き行う
■トミー
1.業績概況
●2005年3月期は増収減益
2.有力商品・サービス概況
-1.トミテック エアロアールシー
-2.ゲームソフト(NARUTO)
-3.トミカ
3.事業体制・事業戦略動向
●松山製菓の買収
●和興の買収
4.業績見通・課題
●海外展開について
■バンダイ
1.事業概況
●女児玩具が牽引役となって好調な業績を達成
2.有力商品・サービス概況
-1.「たまごっちプラス」シリーズ
-2.「データカードダス」
3.事業体制・事業戦略動向
●バンダイナムコのシナジー効果について
●ピープルがグループ会社に
4.業績見通・課題
●アメリカの展開について
■ピープル
1.業績概況
●減収・減益
2.有力商品・サービス概況
-1.知育シリーズ
-2.愛情シリーズ
-3.その他
3.事業体制・事業戦略動向
●持続性こそ力の経営方針
●バンダイナムコグループへ加わる
4.業績見通・課題
●依然厳しい
■ユージン
1.事業概況
●安定的な増収
2.有力商品・サービス概況
-1.ガチャ(カプセル玩具)
-2.おやつキング(カプセル玩菓)
-3.ガチャボックス等コンビニルート
-4.フィギュア
3.事業体制・事業戦略動向
●ガチャのさらなる売上拡大を目指す
●海外展開の強化
4.業績見通・課題
●さらに増収の見込み・ジャスダック市場へ上場の予定
■レゴジャパン
1.業績概況
●再拡大へ
2.有力商品・サービス概況
-1.ブロックの種類別分類
-2.シリーズによる分類
3.事業体制・事業戦略動向
●テレビ広告再拡大
●日本発の企画も
4.業績見通・課題
●効果のある営業展開
II.テレビゲームメーカー
■カプコン
1.業績概況
●全事業が2桁成長で、大きく増収増益を実現
●欧米市場での家庭用ゲームソフト販売が好調
2.有力商品・サービス概況
-1.「バイオハザード」シリーズ
-2.「鬼武者」シリーズ
-3.「デビル メイ クライ」シリーズ
-4.「ロックマン」シリーズ
3.事業体制・事業戦略動向
●携帯電話向けコンテンツを扱う事業部を新設
4.業績見通・課題
●合理化を推進
■コーエー
1.業績概況
●6期連続で増収増益を達成、過去最高の売上・当期純利益を更新
●オンラインゲーム・携帯電話用コンテンツ共に、会員数を拡大
2.有力商品・サービス概況
-1.「信長の野望」シリーズ
-2.「三國無双」シリーズ
3.事業体制・事業戦略動向
●メディアミックス・オンラインに注力
4.業績見通・課題
●7期連続の増収増益へ
■コナミ
1.業績概況
●2005年3月期は減収減益
2.有力商品・サービス概況
-1.ゲームソフト
-2.トイ&ホビー
-3.オンライン
3.事業体制・事業戦略動向
●市場責任体制の導入
●デジタルエンタテインメント事業で5つの領域を束ねる
●タカラの株式を売却とハドソンの連結子会社化
4.業績見通・課題
●オンラインに注目
■ジャレコ
1.業績概況
●過去最高の売上・利益を更新
●オンラインゲーム・携帯電話用コンテンツに注力
2.業績見通・課題
●利益確保を優先
■スクウェア・エニックス
1.業績概況
●過去最高の営業利益率を達成
●携帯電話の機能向上により、本格的ゲームコンテンツをモバイル・コンテンツに投入
2.有力商品・サービス概況
-1.「ドラゴンクエスト」シリーズ
-2.「ファイナルファンタジー」シリーズ
-3.KINGDOM HEARTS
3.事業体制・事業戦略動向
●タイトーを子会社化
4.業績見通・課題
●将来はタイトーとの持株会社の設立を構想
■セガ
1.業績概況
●04年10月にセガとサミーの経営統合により「セガサミー」設立
2.有力商品・サービス概況
-1.甲虫王者ムシキング
-2.家庭用ゲームソフトウェア
3.事業体制・事業戦略動向
●04年10月にセガサミーホールディングス設立
4.業績見通・課題
●06年3月期は増収・増益の見込み
●アミューズメント事業強化
●ソフト開発事業の再編
■ソニー・コンピュータエンタテインメント
1.業績概況
●2005年3月期は減収減益に
2.有力商品・サービス概況
-1.「プレイステーション 2」(PS2)
-2.“PSP”「プレイステーション・ポータブル」
-3.ソフトウェア
3.事業体制・事業戦略動向
●ソフトウェアメーカー向けにソフト制作サポートを充実化
●SCEワールドワイド・スタジオの新設
4.業績見通・課題
●2006年3月期は売上増を見込む
●「プレイステーション 3」を2006年春に発売予定
■タイトー
1.業績概況
●全体業績は好調も、家庭用ゲームは苦戦
2.有力商品・サービス概況
-1.携帯向けコンテンツ配信
-2.「電車でGO!」
3.事業体制・事業戦略動向
●05年9月で株式会社スクウェア・エニックスの連結子会社に
●アミューズメント施設のリニューアル・出店を加速
4.業績見通・課題
●利益確保に注力
■テクモ
1.業績概況
●決算期変更により9ヶ月決算
●家庭用ゲームソフト販売事業が好調
2.有力商品・サービス概況
-1.「DEAD OR ALIVE」シリーズ
-2.「モンスターファーム」シリーズ
-3.「NINJA GAIDEN」
-4.携帯コンテンツ
3.事業体制・事業戦略動向
●グローバルマーケット戦略とマルチプラットフォーム戦略に対応した体制づくり
4.業績見通・課題
●次世代機にも迅速に対応
■ナムコ
1.業績概況
●前期に引き続き増収増益
2.有力商品・サービス概況
-1.業務用機器販売事業
-2.家庭用ゲームソフト販売事業
-3.アミューズメント施設運営事業
3.事業体制・事業戦略動向
●05年9月に「株式会社バンダイナムコホールディングス」設立
4.業績見通・課題
●世界No.1のコンテンツメーカーを目指す
■任天堂
1.業績概況
●2005年3月期は売上高微増、経常利益大幅増
2.有力商品・サービス概況
-1.ニンテンドーDS
-2.Wi-Fiコネクション
-3.ニンテンドー ゲームキューブ
3.事業体制・事業戦略動向
●南北アメリカの売上高が減少
4.業績見通・課題
●次世代機・レボリューションについて
■ハドソン
1.業績概況
●主力事業が好調
2.有力商品・サービス概況
-1.コンシューマ・コンテンツ事業
-2.モバイル・コンテンツ配信事業
3.事業体制・事業戦略動向
●ネットワーク・コンテンツ事業を積極展開
4.業績見通・課題
●当初計画を上方修正
■マイクロソフト
1.業績概況
●Xbox事業は引き続き苦戦
2.有力商品・サービス概況
-1.「Xbox」
-2.「Xbox360」
3.事業体制・事業戦略動向
●EMSを3社指定
●卸業者はハピネットが独占契約
4.業績見通・課題
●ソフトの充実化
III.玩具卸売
■河田
1.業績概況
●ヒット不在で厳しさ続く
2.有力商品・サービス概況
-1.ダイヤブロック
-2.輸入玩具
3.事業体制・事業戦略動向
●メーカー&商社として玩具の販売力を強化
4.業績見通・課題
●中小玩具店との連携組織「SK会」の開催
■ハピネット
1.業績概況
●05年3月期は大幅な増収増益・06年3月期に向けても順調
2.有力商品・サービス概況
-1.玩具
-2.映像ソフト
3.事業体制・事業戦略動向
●アマゾン・ドット・コムとの取引開始
●船橋に「東日本第2ロジスティクスセンター」を開設予定
4.業績見通・課題
●営業スタイルの変革
■マルカ
1.業績概況
●売上高は前年比3.9%減
2.有力商品・サービス概況
-1.花火
-2.ゲームセンターの展開
3.事業体制・事業戦略
●売上構成について
4.業績見通・課題
●「脱・コンビニ」に向けて
■モリガング
1.業績概況
●経常利益の向上
2.有力商品・サービス概況
-1.ビデオゲームグッズ
-2.海外生産品を日本向けにアレンジした商品
-3.「Mamas & Papas」
3.事業体制・事業戦略動向
●物流改革
4.業績見通・課題
●堅実な目標値を設定
●近年のトレンドについて
IV.玩具小売
■赤ちゃん本舗
1.業績概況
●減収・減益
2.有力商品・サービス概況
-1.プライベートブランド
-2.その他商材の売上状況
3.事業体制・事業戦略動向
●店舗計画
●小売の枠を超えた活動
4.業績見通・課題
●今期も厳しい見通し
●対デフレ対策
■キデイランド
1.業績概況
●不採算店の整理で売上落ち込む
2.有力商品・サービス概況
-1.キュリアス・ジョージ
-2.絵本
3.事業体制・事業戦略動向
●クオリティにこだわった商品の提供
●筆頭株主・タカラとの歩調を合わせる
4.業績見通・課題
●出店を加速化
■チヨダ
1.業績概況
●玩具店「ハローマック」の不採算店舗の閉鎖を進める
2.有力商品・サービス概況
-1.ファミリー向け商品
-2.ヒット商品の周辺グッズ・オプション商品
3.事業体制・事業戦略動向
●「ハローマック」の出店状況
4.業績見通・課題
●「MD再構築」
■日本トイザらス
1.業績概況
●既存店振るわず苦戦
2.主力商品・サービス概況
-1.PB・トイザらス限定商品の充実化
-2.「イマジナリウム」や「Rゾーン」等の専門コーナー多展開
-3.ベビーザらスの出店も加速
-4.トイザらス・ドット・コム ジャパンではペット用品販売も開始
3.事業体制・事業戦略動向
●出店状況
●米国トイザラスが投資会社に買収される
4.業績見通・課題
●既存店の業績回復が最優先事項

第5章 玩具関連事業者個表


○玩具関連メーカー一覧
○TVゲーム・アミューズメント関連メーカー一覧
○玩具関連問屋一覧
○玩具関連小売業一覧
○その他玩具関連企業一覧

~付属資料~
●参考データ:玩具関連商品の輸出入動向(表)
●日本アミューズメントマシン工業協会会員名簿
●全日本アミューズメント施設営業者協会連合会会員名簿

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。