2006年版 医用画像関連機器・ネットワークシステム市場の展望と戦略

発刊日
2006/03/28
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 219頁
資料コード
C47207200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

PartⅠ 医用画像関連機器・ネットワークシステム市場動向

【1.医用画像ネットワークシステム・関連機器市場動向】
1.医用画像ネットワークシステム環境
2.医用画像システムの製品傾向
(1)エンタープライズ化
(2)薬事対応
(3)モダリティ連携・HIS連携
3.市場分類
(1)病床規模別
(2)システム分類別
4.医療情報システムにおける医用画像システム
(1)医療情報システムとの医用画像システム
(2)PACS・RISを除く医療情報システム市場
参考資料:医療施設規模別の画像診断装置の導入状況
(厚生労働省:医療施設(静態・動態)・病院報告より)
【2.調査品目における市場規模推移】
2005年度ネットワークシステム関連で大幅増となる前年比116.4%の445億45百万円。
今後は、中規模施設での新規導入、大規模でエンタープライズ化が市場成長のキーポイントに
品目別マーケットリーダー
調査品目における数量ベース市場規模推移
調査品目における金額ベース市場規模推移

PartⅡ ネットワークシステム・モダリティー製品・画像出力装置・A/D変換装置別市場推移及び展望

【1.医用画像ネットワークシステム】
医用画像システムは、大規模施設でのエンタープライズ化・拡張、中規模施設での普及で市場は拡大。
2005年度で約270億円の市場形成
【2.医用画像システム(Cardiology)】
Cardiology PACSは既にリプレイス市場へ。
マルチスライスCT画像など新しい診断装置やクリニカルアプリケーションに注目
参考資料:臨床用ポリグラフ
【3.医用画像サーバー】
2005年度、Server、System、Network3Dトータルで、前年比114.3%の47億04百万円
【4.画像ビューワー】
2005年度市場、1,335本の26億40百万円
【5.3Dワークステーション】
マルチスライスCTの市場浸透に伴い数量市場は大幅拡大。
専門の3rdベンダーの製品を中心とした市場形成
【6.放射線情報システム(RIS)】
近年の本格化する放射線部門のIT化は、中核施設を中心にRIS+PACS+Reportによるフィルムレス化の方向へ
【7.テレラジオロジー】
テレラジオロジーは新規参契約施設着実に増加。
2005年で948施設と大幅に普及。
【8.X線CT】
マルチスライスタイプの多列化が進む。
医用画像ネットワークシステム・3Dワークステーションの中核となるモダリティ装置。
【9.核磁気共鳴診断装置(MRI)】
2005年度市場は、511台の464億10百万円と金額・台数ともにプラス成長。
300床未満の中・小規模施設を中心に新規導入施設増加
【10.診断用核医学装置】
2005年度市場は83台、70億50百万円
【11.血管造影用撮影装置】
フラットパネル化が急速に進み2005年度では60%超。
Cardiology PACSとして独自のIT化が普及している
【12.一般X線撮影装置】
2005年度市場は2,340台、116億10百万円。
東芝メディカルシステムズがトップシェア
【13.X線透視撮影装置】
2005年度2,735台の235億90百万円。国内メーカー3社でシェア90%超
【14.外科用(Cアーム)・回診用・検診用X線装置】
2005年度市場は、Cアームが328台、回診用が415台金額ベース合計で36億17百万円
【15.超音波画像診断装置】
2005年度市場は、10,624台、502億80百万円。
東芝メディカルシステムズ、アロカ、GE横河メディカルシステムが高いシェアを維持
【16.医療用内視鏡】
2005年度市場は、434億39百万円。オリンパスが60%以上のトップシェア
【17.CR・DR】
検査数の最も多い一般撮影系のデジタル化がエンタープライズ・フィルムレスPACSのキーポイント
【18.フィルムデジタイザー】
参入企業は減少。
新規参入は無く2005年度は、アレイ、日立コンピュータ機器、Vidar Systemsの3社の開発製品で市場を形成
【19.イメージャ/プリンタ(主に放射線科装置向け)】
CR市場の拡大で、2005年度は6,525台。
金額市場は、117億89百万円と推測
【20.高性能(高輝度・高解像度)ディスプレイ】
高性能ディスプレイは2002年度より液晶の上市で市場規模大幅に拡大。
PACS・HISなど医療IT化の進行・ディスプレイ診断の拡大が成長を支える
【21.その他の画像出力関連製品】
1.自動現像機
2.チェストチェンジャー
3.サーマルビデオプリンター

PartⅢ 参入企業分析

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。