2006年版 カテーテル&チューブ、IVR製品市場の中期予測と関連製品の徹底分析

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2006/06/30
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 678頁
資料コード
C48200600
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

PARTⅠ
医療用ディスポーザブル製品の市場動向と有力企業の徹底分析
医療用ディスポーザブル製品の市場動向 とカテーテル&チューブの市場予測


薬事工業生産動態統計
・2004年 主要ディスポーザブル製品、50分類の国内出荷は8.4ポイントアップの7,500億円弱
調査品目トータル市場
・2005年度73製品で前年比17.9ポイントアップの3,014億72百万円
・2010年度は3,279億53百万円の予測
カテーテル&チューブ市場(53製品)
・2005年度2.0ポイントアップの1,818億92百万円
・IVR製品の市場拡大はあるが、償還価格改定で2010年度もほぼ同水準の市場規模
IVR製品市場推移
・DES、末梢血管用デバイス、PEGの拡大で、2,000億円突破
・調査品目における金額ベース市場規模推移
・調査品目における数量ベース市場規模推移
・品目別マーケットリーダー
・償還価格変更表

PARTⅡ カテーテル&チューブ、IVR製品の品目別市場推移

§1 PTCA市場 PTCAバルーン(POBA)、ガイディングガイドワイヤー、アクセサリー

PTCA Balloon 
・症例数増加でバルーン使用本数も増加、2005年度出荷ベースで27万本
・血栓吸引タイプ:新規参入相次ぎ、冠動脈での採用で比較的安定した推移
PTCAガイディングカテーテル市場
・2005年度PCI症例増加で24万本強、2006年度もStent症例の増加などで8.0ポイントアップ予測
PTCAガイドワイヤー市場
・出荷ベースで14.7ポイントアップの36.1万本、2006年度も症例増で41万本強予測PTCAアクセサリー市場(インデフレーター、Yコネクター)
・インデフレーターはマイナス市場推移、Yコネクター続伸
§2 Coronary Stent
・Drug-eluting Stentで症例数大幅増、2005年度出荷ベースで30万本突破(Stent症例ベース17.5万例)
§3 Coronary Atherectomyカテーテル
・Drug-eluting Stentの症例数増で市場はマイナス実績、価格も3段階で下落
§4 PTAバルーンカテーテル
・2005年度Periphralタイプ8万本突破、海外製品アップ実績の中、償還価格は三段階の下落に
§5 末梢血管用ステントセット
・Peripheral Stent前年比2,580本増の13,850本、2006年度も2,850本増の16,700本予測
・CAROTID Stent症例におけるプロテクションデバイス
§6 血管造影用カテーテル
・2005年度CAGはPCI症例大幅増でプラス実績も、腹部/脳血管用はマイナス実績、トータル2.9ポイントダウンの200.3万本
・心臓領域:過去のトレンドから今後の症例数は年間1.2~1.5万例前後増加
・腹部領域:2005年度34.4万本、上位2社でのシェア55%弱
・脳領域:8社での販売も大幅マイナス実績に
§7 血管造影用(バルーン)カテーテル
・10年前と比較すると40%以上の市場縮小、2005~2006年度2.5~2.6万本前後に
・オクリュージョンカテーテル特殊型年間2.3~2.4万本
§8 マイクロカテーテル、ガイディング、ガイドワイヤー
・脳領域の伸びで2005年度16万本、腹部領域は微増も脳血管領域でアップ
・有力企業動向:腹部領域国産メーカー新規参入相次ぐマイクロカテーテル(血管造影用マイクロカテーテル)
・2005年度腹部/その他領域13万本、Selectiveが70.4%、脳分野はコイル症例増加などで3.1万本
・高周波(RF)熱凝固療法:2005年度の市場はプローブ27,490本、装置105台マイクロ用ガイディングカテーテル
・2005年度 脳領域の塞栓コイル症例などの増加により1.4万本強マイクロ用ガイドワイヤー(微細血管用)
・2005年度 132,100本
§9 エンボリコイル&デタッチャブルバルーンカテーテル

 塞栓用コイル(エンボリコイル)
・2005年度トータルでは標準型の市場縮小によりマイナス実績の17.5万本
・電気式デタッチャブルタイプ37,000本、水圧式デタッチャブルもアップ推移
 デッタチャブルバルーン
・年間400本強の市場続く
§10 血管造影用ガイドワイヤー
・2005~2006年度数量ベースで150万本前後、償還価格は約12ポイントダウン
§11 冠動脈造影用センサー付ガイドワイヤー
・2005年度4,900本強、2006年度3,900本強とマイナス推移続く
§12 シースイントロデューサーセット
・2005年度の微増の181万本、上位企業アップ実績
§13 動脈圧測定用カテーテル(ウェッジ圧モニター)
・年間9,000本前後まで市場縮小、撤退相次ぐ
§14 サーモダイリューションカテーテル
・右心系診断件数減で標準型はマイナス実績続く中、2005年度21.2万本
・心拍出量装置について
§15 血栓除去用カテーテル
・2005年度マイナス2.4ポイントダウンの45,750本(経皮的血栓除去用除く)
・償還価格下落により6.2億円市場
・経皮的血栓除去用カテーテル(Thrombolysis市場):新規参入相次ぐ
§16 IVCフィルター
・2005年度トータルではマイナス実績の7,290本も
・下大静脈留置フィルターセット(Permanent Type)は4,850セットとアップ実績
§17 (血管内)異物除去用セット
・年間3,500本前後の市場形成に、「アンプラッツグーススネア」は安定推移
§18 極細内視鏡 細径内視鏡システム
・極細経内視鏡:ファイバーテックと町田製作所の2社で市場形成
・日本原子力研究開発機構と国立成育医療センターが共同開発の極細内視鏡
・ハンディタイプ内視鏡:2005年度800本弱
§19 血管内超音波プローブ・超音波イーメジングカテーテル、アイバス
・Drug-eluting Stent症例増で2005年度11.9万本の市場形成
§20 血圧モニタリングキット
・2005年度ディスポ・セミディスポトータルで134万セット、全身麻酔症例と比例し微増推移
§21 アンギオキット(アンジオキット)
・アンギオキット/パックは63万キット強、2006年度企業シェア変動
§22 IABP Balloon (大動脈内バルーン)カテーテル
・2005年度22,750本強の市場、各社新製品上市の中、償還価格3段階下落
§23 体外循環用カニューレ
・年間24万本前後も一般開心術の症例減で市場拡大せず
§24 電極カテーテル/経皮的カテーテル心筋焼灼用カテーテル

電極カテーテル (体外式ペースメーカ用カテーテル電極)
・2005年度トータル13.6万本、心臓電気生理学的検査機能付加型は8.7万本カテーテルアブレーション市場
・年間症例数17,900例強に、各社とも症例数増を見込んで新製品の申請、相次ぐ新規参入計画
・注目製品:RF心房細動手術装置
§25 バルブロプラスティカテーテル
・年間1,100本弱の市場形成
§26 心臓関連注目製品
・心臓領域:Off-Pumpは1.4万例弱
・2006/4より「人工肺を使用しないバイパス手術」の手技料新設
§27 フォーリーカテーテル
・2005年度これまでの横ばい推移から2.3ポイントアップ、新規参入相次ぐ
§28 尿管カテーテル
・年間40,000本(セット)前後の市場形成
§29 尿管ステント(セット)
・上位3社でシェア88%、一般型の異物付着防止型は6.1万セットに
§30 尿道ステントセット・BPH(前立腺肥大症)治療製品
・数量ベースで250本増の3,250本、前年のマイナス実績からプラス実績
・前立腺肥大症/前立腺癌について
§31 ネフロストミーカテーテル(セット)腎盂
・年間症例数は2.7万例前後、市場規模は前年比250セット減の25,650セット、
§32 ネラトンチューブ
・ネラトンカテーテル2,870万本弱
・上位3社アップ推移により年平均で100万本以上の増加
§33 BPH治療用メタリックステント
・年間750本前後の市場形成
§34 気管内チューブ・気道確保チューブ

気管内チューブ
・2005年度237万本、上位2社も伸び悩み
気道確保チューブ
・市場は拡大傾向に
§35 気管切開用チューブ(カテーテル)
・2重管増加で2005年度 145万本弱、2重管の割合が高まる
・経皮的気管切開:年間1万セット強
§36 サクションチューブ(吸引カテーテル)
・2005年度1億本突破、閉鎖式は上位2社続伸
§37 硬膜外カテーテル
・硬膜外カテーテルキット年間137万キット前後
・カテーテル単体33万本弱に縮小
§38 (コロナリー・バスキュラーを除く)各種メタリックステント

胆道用(胆管)メタリックステント(Biliary)
・2005年度18,010セット、経内視鏡Type大幅増、新製品上市でメーカーシェア変動
食道用(メタリック)ステント
・年間5,500本、2006年度よりBSJのみで市場形成
気管・気管支メタリックステント
・2005~2006年度で2,400~2,500本の安定推移
§39 (カテーテルアクセス)ポート・CAP
・2005年度静注化学療法で大幅増の5.4万セット
・動注用カテーテルは市場縮小でマイナス推移
§40 ストマックチューブ(胃管カテーテル)
・ストマックチューブ微減の307万本前後
・イレウスは微増の8.2万本強の市場形成
§41 (超音波ガイド下)PTCDセット
・2005年度6万セット強
・内瘻症例増加でPTCD症例は減少傾向
§42 ペグ・ガストロストミーカテーテルキット(セット)
・2005年度造設用キットで10万強
・交換用カテーテルは32.5万本に
§43 栄養チューブ・EDチューブ
・2005年度トータル370万本強
・長期療養にはPEGの市場拡大でマイナス推移
§44 消化管バルーンカテーテル
・2005年度22,800本、胆道用は12,120本に
§45 食道静脈瘤硬化療法セット、食道静脈瘤結紮術
・EIS穿刺針は22万本弱
・EVLセットは4.2万セットまで減少
§46 シャントバルブ&ドレナージ(セット)

シャントバルブ
・iNPH(突発性正常圧水頭症)の症例などでアップ推移の1.3万例弱、可変式は9,200例弱
・圧可変式:2005年度9,190ユニット、参入3社アップ実績
脳外用ドレナージ
・年間8億40百万円弱の市場形成、カネカメディックス圧倒的シェア
§47 子宮内圧測定用カテーテルセット(キット)
・参入2社で年間2.6万本(セット)まで市場縮小
§48子宮・卵管用カテーテル
・卵管鏡下卵管形成術2006年度2,400本の計画
§49 シリコンドレーンチューブ
・年間180万本強、カネカメディックス70%強のシェア
§50 中心静脈用カテーテル
・高カロリー用カテーテル(シングルルーメン・抗血栓性含む)マイナス実績の140万本
・マルチルーメン(抗血栓性含む):アップ推移の55万本(セット)、各社Seldinger型強化
・新生児・未熟児・中心静脈栄養カテーテル市場(PIC PICC市場)年間8.5~9万セット
・大人用PICCは1.3~1.4万本
§51 温度センサー付カテーテル
・2005~2006年度39~40万本
・部位別製品市場:膀胱温は21.2万本、食道と直腸は6.5~7万本
・参考資料:深部体温計、膀胱・直腸・食道温モニタ
§52 ブラッドアクセス
・市場はフラットな年間17~18万本で推移

PARTⅢ 参入企業分析

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。