2007年版 デジタル技術で注目されるリニア(アナログ)IC市場の現状と展望

発刊日: 2007/09/25 体裁: A4 / 136頁
資料コード: C49111100 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 国内半導体メーカーにおける現状のリニアIC市場動向分析

1-1.電源IC全体の市場動向
  (1)メーカーシェア
    図1-1.電源IC全体の国内メーカーシェア(2006年度金額ベース)
    図1-2.全電源IC売上高の製品別構成比(2006年度金額ベース)
  (2) 現状の市場規模
    図1-3.電源IC全体の国内市場規模(金額ベース)
    図1-4.電源IC全体の国内市場規模(数量ベース)
  (3)技術的特徴
    図1-5.電源IC全体の技術的特徴
  (4)使用アプリケーションの動向
    図1-6.2006年度全電源IC売上高のアプリケーション別構成比(金額ベース)
1-2.AC/DCコンバーターの市場動向
  (1)メーカーシェア
    図1-7.AC/DCコンバーターの国内メーカーシェア(2006年度金額ベース)
  (2)現状の市場規模
    図1-8.AC/DCコンバーターの国内市場規模(金額ベース)
    図1-9.AC/DCコンバーターの国内市場規模(数量ベース)
  (3)技術的特徴
    図1-10.AC/DCコンバーターの技術的特徴
  (4)使用アプリケーションの動向
1-3.DC/DCコンバーターの市場動向
  (1)メーカーシェア
    図1-11.DC/DCコンバーターの国内メーカーシェア(2006年度金額ベース)
  (2)現状の市場規模
    図1-12.DC/DCコンバーターの国内市場規模(金額ベース)
    図1-13.DC/DCコンバーターの国内市場規模(数量ベース)
  (3)技術的特徴
    図1-14.DC/DCコンバーターの技術的特徴
  (4)使用アプリケーションの動向
1-4.レギュレーターの市場動向
  (1)メーカーシェア
    図1-15.レギュレーターの国内メーカーシェア(2006年度金額ベース)
  (2)現状の市場規模
    図1-16.レギュレーターの国内市場規模(金額ベース)
    図1-17.レギュレーターの国内市場規模(数量ベース)
  (3)技術的特徴
    図1-18.レギュレーターの技術的特徴
  (4)使用アプリケーションの動向
1-5.ディテクターの市場動向
  (1)メーカーシェア
    図1-19.ディテクターの国内メーカーシェア(2006年度金額ベース)
  (2)現状の市場規模
    図1-20.ディテクターの国内市場規模(金額ベース)
    図1-21.ディテクターの国内市場規模(数量ベース)
  (3)技術的特徴
1-6.複合電源の市場動向
  (1)メーカーシェア
    図1-22.複合電源の国内メーカーシェア(2006年度金額ベース)
  (2)現状の市場規模
    図1-23.複合電源の国内市場規模(金額ベース)
    図1-24.複合電源の国内市場規模(数量ベース)
  (3)技術的特徴
    図1-25.複合電源の技術的特徴
  (4)使用アプリケーションの動向
1-7.バッテリーマネージメントの市場動向
  (1)メーカーシェア
    図1-26.バッテリーマネージメントの国内メーカーシェア
  (2)現状の市場規模
    図1-27.バッテリーマネージメントの国内市場規模(金額ベース)
    図1-28.バッテリーマネージメントの国内市場規模(数量ベース)
  (3)技術的特徴
    ①リチウムイオン二次電池保護用IC
    ②充電制御IC(バッテリーチャージャー)
    図1-29.バッテリーマネージメントの技術的特徴
  (4)使用アプリケーションの動向
    ①リチウムイオン二次電池保護用IC
    ②充電制御IC(バッテリーチャージャー)


第2章 国内半導体メーカー別の動向

2-1.トレックスセミコンダクター株式会社
  (1)リニアIC事業の現況
  (2)製品のラインナップと特徴
    ①電圧レギュレーター
    ②DC/DCコンバーター
    ③電圧検出器
  (3)ユーザーの動向
    図2-1.2006年度 全電源ICの売上高のアプリケーション別構成比
  (4)パッケージ
    図2-2.USPの外観
    図2-3.2006年度全電源ICに対するUSPの適用比率
    図2-4.USPの生産数量の予測推移
  (5)製造拠点
    図2-5.レーザートリミングシステム
  (6)売上高推移と予測
    図2-6.2006年度 全半導体製品の売上高の製品別構成比
    図2-7.全半導体製品の売上高予測推移
  (7)今後の事業戦略
    表2-1.トレックスセミコンダクターの概況
2-2.セイコーNPC株式会社
  (1)リニアIC事業の現況
  (2)製品のラインナップと特徴
    ①パワーマネージメントIC(複合電源)
    図2-8.携帯電話用パワーマネージメントIC-SM8150Aの外観
    ②単機能電源IC(DC/DCコンバーター)
    ③バッテリーチャージャー(充電制御用IC)
    ④温度スイッチ
    ⑥白色LEDドライバー
    ⑦EL(Electro Luminescence)ドライバー
    ⑧今後の技術戦略
  (3)ユーザーの動向
    ①パワーマネージメントIC(複合電源)
    図2-9.2006年度パワーマネージメントICの売上高のアプリケーション別構成比
    ②ドライバーIC(白色+EL)
    図2-10.2006年度ドライバーIC(白色+EL)売上高のアプリケーション別構成比
    ③温度センサIC
    図2-11.2006年度温度センサIC売上高のアプリケーション別構成比
  (4)パッケージ
    ①電源IC
    図2-12.パワーマネージメントIC全体のパッケージの使用比率
    ③温度センサIC
  (5)製造拠点
  (6)売上高推移と予測
    図2-13.2006年度全半導体製品の製品別構成比
    図2-14.リニアICの売上高と構成比率予測推移
  (7)今後の事業戦略
    表2-1.セイコーNPCの概況
2-3.株式会社リコー
  (1)電源IC事業の現況
  (2)製品のラインナップと特徴
    図2-15.電源ICの特徴の変遷
    ②今後の技術戦略
  (3)ユーザーの動向
    図2-16.電源IC売上高のアプリケーション別構成比(2007年度見込み)
  (4)パッケージ
    図2-17.電源IC全体の小型パッケージの使用比率(2007年度見込み)
  (5)製造拠点
    図2-18.やしろ工場の概観
  (6)売上高推移と予測
    図2-19.2006年度全半導体製品に占める電源IC売上比率
    図2-20.2006年度全電源ICに占める電源IC売上比率
    図2-21.電源ICの売上高予測推移
    図2-22.電源ICの生産数量の予測推移
  (7)今後の事業戦略
    表2-3.リコーの概況
2-4.NECエレクトロニクス株式会社
  (1)リニアIC事業の現況
  (2)製品のラインナップと特徴
    図2-23.回路電流の比較 CMOS vs バイポーラ
    図2-24.電源ICのロードマップ
  (3)ユーザーの動向
    図2-25.レギュレーター売上高のアプリケーションの構成比率(2006年度vs2011年度)
  (4)パッケージ
    図2-26.レギュレーターにおける各パッケージの数量比率(2006年度vs2011年度)
  (5)製造拠点
    図2-27.NEC関西の概観
  (6)売上高推移と予測
    図2-28.全レギュレーター製品の構成比率(金額ベース)
    図2-29.全レギュレーターに対する生産数量の予測推移
  (7)今後の事業戦略
    表2-4.NECエレクトロニクスの概況
2-5.新電元工業株式会社
  (1)リニアIC事業の現況
  (2)製品のラインアップと特徴
    ①AC/DCコンバーター、部分共振用IC“MRシリーズ”
    図2-30.部分共振方式とPWNフライバック方式との比較
    ②AC/DCコンバーター、電流共振用IC“MCZシリーズ”
    ③DC/DCコンバーター用IC“MDシリーズ”
    図2-31.MDシリーズにおけるMCPの特徴
    ③モータードライバーIC“MTDシリーズ”
  (3)技術戦略
  (4)製造拠点
    図2-32.東根新電元の概観
  (5)ユーザーの動向
    図2-33.2006年度リニアIC3種売上高のアプリケーション別構成比(金額ベース)
  (6)売上高推移と予測
    図2-34.2006年度リニアIC3種売上高の製品別構成比(金額ベース)
    図2-35.リニアICの売上高予測推移
    表2-5.新電元の概況
2-6.新日本無線株式会社
  (1)リニアIC事業の現況
  (2)製品のラインナップと特徴
    ①レギュレーター
    図2-36.新日本無線製LDOの外観
    ②DC/DCコンバーター(スイッチングレギュレーター)
    ③ディテクター
    ④複合電源
    図2-36.MCP(Multi Chip Package)の内部構造
    図2-37.2006年度全半導体売上高に対するバイポーラ/CMOS適用比率
  (3)ユーザーの動向
    図2-38.LDO売上高のアプリケーション別構成比
  (4)パッケージ
    図2-39.パッケージ開発ロードマップ
  (5)製造拠点
    図2-40.国内外の生産拠点
  (6)売上高推移と予測
    図2-41.2006年度全半導体売上高の製品別構成比
    図2-42.電源ICの売上高予測推移
  (7)今後の事業戦略
    表2-6.新日本無線の概況
2-7.富士通株式会社
  (1)リニアIC事業の現況
  (2)製品のラインナップと特徴
    ①DC/DCコンバーター
    図2-43.DC/DCコンバーターICラインナップ
    ②システム電源(複合電源)
    ③バッテリーマネージメント
    ④AC/DCコンバーター
    ⑤ディテクター
  (3)ユーザーの動向
    ①DC/DCコンバーター
    図2-44.2006年度DC/DCコンバーター売上高のアプリケーション別構成比
    ②システム電源(複合電源)
    ③バッテリーマネージメント
    ④AC/DCコンバーター
    ⑤ディテクター
  (4)パッケージ
  (5)製造拠点
  (6)売上高推移と予測
    図2-45.電源ICの売上高予測推移
    図2-46.電源ICの売上高に対する(DC/DCコンバーター/複合電源)の比率
            (2006年度vs2011年度)
  (7)今後の事業戦略
    表2-7.富士通の概況
2-8.株式会社ルネサステクノロジ
  (1)リニアIC事業の現況
  (2)製品のラインナップと特徴
    ①DC/DCコンバーター
    図2-47.マルチDC/DCコンバーターのロードマップ
    ②PFC(Power Factor Correction ; 力率改善IC)
    図2-48.PFC,PWMロードマップ
    図2-49.インターリーブ動作を実現させたPFC「R2A20112」
    ③システム電源IC
    ④充電制御IC
    図2-50.バッテリーチャージャーャー ロードマップ
    ⑤電池保護IC
    ⑥レギュレーター
    図2-51.シャントレギュレーターの高耐圧、高精度化
    ⑦ウェハー構造について
  (3)ユーザーの動向
    表2-8.電源ICに対するアプリケーション
  (4)パッケージ
  (5)製造拠点
    図2-52.高崎事業所の概観
  (6)売上げ高推移と予測
    図2-53.電源ICの売上高予測推移
  (7)今後の事業戦略
    表2-9.ルネサステクノロジの概況
2-9.富士電機デバイステクノロジー株式会社
  (1)リニアIC事業の現況
  (2)製品のラインナップと特徴
    ①AC/DCコンバーター
    ②DC/DCコンバーター
    図2-54.マイクロDC/DCコンバーター(μD D)の概要
    ③リチウムイオンバッテリー保護IC
  (3)今後の技術動向(~2011年)
    ①AC/DCコンバーター
    ②DC/DCコンバーター
  (4)ユーザーの動向
    ①全体の動向
    図2-55.2006年度電源IC売上高のアプリケーション別構成比
    ②AC/DCコンバーターの動向
    図2-56.2006年度PFC-ICの売上高のアプリケーション別構成比
    図2-57.2006年度OFF LINE-IC売上高のアプリケーション別構成比
    ②DC/DCコンバーター
    図2-58.2006年度DC/DCコンバーター売上高のアプリケーション別構成比
  (5)パッケージ
  (6)製造拠点
  (7)売上高推移と予測
    ①全汎用リニアIC(電源IC)の売上高予測推移
    図2-59.AC/DCコンバーターの売上比率(2006年度)
    図2-60.汎用リニアICの売上高予測推移
    図2-61.汎用リニアICの生産数量の予測推移
    ②価格動向
  (8)今後の事業戦略
    表2-10.富士電機デバイステクノロジーの概況
2-10.セイコーインスツル株式会社
  (1)リニアIC事業の現況
  (2)製品のラインナップと特徴
    ①電源IC
    ②温度センサIC
    ③オペアンプ/コンパレータ
    ④今後の技術戦略
  (3)ユーザーの動向
    図2-61.2006年度電源IC売上高のアプリケーション別構成比
  (4)パッケージ
    ①超小型パッケージのロードマップ
    図2-62.超小型パッケージのロードマップ
  (5)製造拠点
  (6)売上げ高推移と予測
    ①全リニアICの売上高予測推移
    図2-63.リニアICの売上高予測推移
    ②全リニアICの売上高の内訳
    図2-64.2006年度全リニアIC売上高の製品別構成
    図2-65.2006年度全電源IC売上高の製品別構成比
    ②価格動向
    図2-66.電源ICの価格予測推移
  (7)今後の事業戦略
    表2-11.セイコーインスツルの概況
2-11.セイコーエプソン株式会社
  (1)セイコーエプソンの汎用リニアIC事業の現況
  (2)製品のラインナップと特徴
    ①パワーマネージメントIC(電源IC)
    図2-67.自動調光白色LEDドライバーIC/自動調光コントローラー
    ②今後の技術戦略
  (3)ユーザーの動向
    図2-68.2006年度電源IC売上高のアプリケーション別構成比
  (4)パッケージ
    2-69.WCSPの構造
  (5)製造拠点
    図2-70.国内各拠点
  (6)売上高推移と予測
    ①全半導体製品と電源ICの売上高予測推移
    図2-71.全半導体製品の売上高予測推移
    図2-72.携帯電話の予測出荷推移
  (7)今後の事業戦略
    図2-73.エプソン半導体事業部の事業コンセプト
    表2-12.セイコーエプソンの概況
2-12.三洋半導体株式会社
  (1)リニアIC事業の現況
    図2-74.三洋半導体株式会社の会社概要
  (2)製品のラインナップと特徴
    ①電源IC
    ②モータードライバーIC
    ③OE-IC
  (3)ユーザーの動向
    ①全汎用リニアIC
    図2-75.2006年度全リニアIC売上高のアプリケーション別構成比
    ②電源IC
    図2-76.DVDレコーダ電源システム
    ②モータードライバー
  (4)パッケージ
    ①CSPのロードマップ
    図2-77.CSPのロードマップ
    ②OD-CSP
    図2-78.OD-CSPの概要
    ③モールドパッケージ
  (5)製造拠点
    ①国内生産拠点
    図2-79.国内生産拠点
    ②海外生産拠点
    図2-80.海外生産拠点
  (6)売上げ高推移と予測
    ①全リニアICの動向
    図2-81.2006年度全売上高の製品別構成比
    図2-82.リニアICの売上高予測推移
    ②電源ICの動向
  (7)今後の事業戦略
    表2-13.三洋半導体社の概況


第3章 国内半導体メーカーにおけるリニアICの今後の市場予測

3-1.技術動向予測
  (1)電源IC全体の技術動向予測
  (2)各電源ICの技術動向予測
    表3-1.電源ICの技術動向予測(2007年~2011年)
3-2.使用アプリケーション動向予測
  (1)電源IC全体の使用アプリケーション動向予測
    図3-1.2006年度全電源IC売上高のアプリケーション別構成比(金額ベース)
    表3-2.電源IC全体の使用アプリケーション動向予測((2007年~2011年)
  (2)各電源ICの使用アプリケーション動向予測
    表3-3.電源ICの使用アプリケーション動向予測(2007年~2011年)
3-3.価格動向予測
  (1)電源IC全体の価格動向予測
    図3-2.電源ICの価格予測推移
  (2)各電源ICの現状の価格トレンド
    表3-3.電源ICの現状の価格トレンド
3-4.市場規模予測
  (1)電源IC全体
    図3-3.電源IC全体の国内市場規模予測(金額ベース)
    図3-4.電源IC全体の国内市場規模予測(数量ベース)
  (2)AC/DCコンバーター
    図3-5.AC/DCコンバーターの国内市場規模予測(金額ベース)
    図3-6.AC/DCコンバーターの国内市場規模予測(数量ベース)
  (3)DC/DCコンバーター
    図3-7.DC/DCコンバーターの国内市場規模予測(金額ベース)
    図3-8.DC/DCコンバーターの国内市場規模予測(数量ベース)
  (4)レギュレーター
    図3-9.レギュレーターの国内市場規模予測(金額ベース)
    図3-10.レギュレーターの国内市場規模予測(数量ベース)
  (5)ディテクター
    図3-11.ディテクターの国内市場規模予測(金額ベース)
    図3-12.ディテクターの国内市場規模予測(数量ベース)
  (6)複合電源
    図3-13.複合電源の国内市場規模予測(金額ベース)
    図3-14.複合電源の国内市場規模予測(数量ベース)
  (7)バッテリーマネージメント
    図3-15.バッテリーマネージメントの国内市場規模予測(金額ベース)
    図3-16.バッテリーマネージメントの国内市場規模予測(数量ベース)
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C48116430 2006年度版 太陽電池部材市場の現状と将来展望
C49100800 2007 拡大するブルーレーザ市場
C48118300 2007年版 商用車市場の現状と展望
C48116500 2007年版 中国自動車部品の世界調達実態 ~メーカー別・部品別詳細解剖~
C49201300 2007年版 ブロードバンド白書