2008年版 全国臨床検査センター経営総鑑

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2007/12/26
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 230頁
資料コード
C49115500
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

第1章 臨床検査医療費と臨床検査センターの経営戦略

1.受託検査関連、医療保険外市場の可能性を探る
  (図1-1)受託臨床検査(医療費)市場と保険外受託検査関連市場の可能性
  (表1-1)受託臨床検査・非臨床検査分野における大手臨床検査センター4社
       合計売上高推移
  (図1-2)大手臨床検査センター4社の受託臨床検査・非臨床検査分野売上高推移
  (図1-3)大手臨床検査センターのグループ売上高推移(05~07年度予想)
2.院内検査自主運営化とブランチラボ・FMS等の動向
  (図1-4)エスアールエルとビー・エム・エルのブランチラボ・FMS施設数と売上推移
  (図1-5)日臨技アンケート調査による臨床検査業務実施状況(H.17)
3.大手臨床検査センター主要9社のグループ力(06年度)
  (表1-2)大手臨床検査センターの臨床検査その他部門売上高推移とグループ企業
  (表1-3)大手臨床検査センターのグループ力(06年度)
4.各種統計にみる臨床検査センター施設の市場動向
  (図1-6)地域ブロック別登録衛生検査所数の推移
  (表1-4)経営主体別衛生検査所数の推移('03~'07年)
  (表1-5)従事者数別衛生検査所数の推移('03~'07年)
  (表1-6)登録衛生検査所数の推移(1991~2007年)
  (図1-7)日衛協会員数にみる臨床検査センターの再編状況(地域別)
  (表1-7)臨床検査センターのラボ施設撤退・増加状況(07年前年対比)
  (図1-8)主要臨床検査センター(グループ)のラボ拠点数比較(日衛協会員対象)
5.臨床検査センターの売上高シェア集中度、シェア・ランキング
  (図1-9)臨床検査センターの売上シェア集中度
  (表1-8)全国有力検査センターの売上シェア・ランキング


第2章 大手臨床検査センターの展望と戦略

〔Ⅰ.市場分析編〕
1.大手臨床検査センター、事業再編で効率経営進める
  (図2-1)みらかグループの受託臨床検査事業(「来期への展望」一部)
  (図2-2)ビー・エム・エルの“Realize-2009”(中計;07/3~09/3)より
  (図2-3)三菱化学メディエンスのグループ戦略における位置づけ
2.CRO(医薬品等の開発業務受託機関)業界の動向と主要臨床検査センターの
  CRO業務実態
  (図2-4)CRO/SMO市場の売上推移
  (表2-1)主要CRO企業の売上推移
3.06年度上位10社の経常利益、10.5%減の113億88百万円、診療報酬改定の影響で
  収益低迷、07年度は回復狙う
  (図2-5)主要臨床検査センター10社の売上高・経常利益の推移
  (表2-2)主要臨床検査センターの売上高・経常利益の推移
  (図2-6)主要臨床検査センターの売上高・経常利益の推移
4.マイナス成長つづく、06年度受託臨床検査市場2.0%減の4,800億円か
  (表2-3)国民医療費と検体検査市場 ――― 受託臨床検査市場の年次推移
  (図2-7)検体検査市場と受託臨床検査市場の推移
5.上場検査センター4社にみる企業財務動向
  (表2-4)大手臨床検査センター上場企業4社の主要財務指標推移
6.主要臨床検査センターの一般(ルーチン検査)・特殊検査別売上推移
  (図2-8)大手検査センター11社(9社)合計の検査分類別売上推移
  (図2-9)大手検査センター11社(9社)合計の売上構成推移
  (表2-5)大手臨床検査センターの受託検査・売上推移
  (表2-6)全国有力検査センターの売上ランキング及び経常利益(推定利益)・利益率
  (表2-7)全国有力検査センターの経常利益(推定利益)ランキング
〔Ⅱ.個別企業編〕
1.エス アール エル(SRL)
  第二次中計2010年度グループ連結(検査薬除く)売上高1,170億円目指す
  (図2-10)みらかグループ(連結)のセグメント別売上高・従業員数推移
  (図2-11)エスアールエルの業績推移(単独・連結)
  (図2-12)みらか・グループの事業分野別売上高推移
  (図2-13)SRLグループ臨床検査事業分野(治験・滅菌等を除く)の部門別売上高
  (図2-14)SRLグループのブランチラボ(FMS)売上推移
2.ビー・エム・エル(BML)
  第三次中計、次世代ラボシステムと電子カルテによる「医療情報システム企業」戦略
  (図2-15)ビー・エム・エルの業績推移(単独・連結)
  (図2-16)ビー・エム・エル・グループ(連結)の検査部門別売上構成推移
  (図2-17)ビー・エム・エルの電子カルテ(MS)売上推移
  (図2-18)ビー・エム・エル・グループのブランチラボ(FMS)売上推移
  (図2-19)ビー・エム・エルの検査分野別売上構成推移(連結ベース)
3.三菱化学メディエンス(MCM)
  三菱化学ヤトロンと三菱化学安科研が加わり、
  診断薬-臨床検査-メディケム事業一体化、グループ売上高800億円突破へ
  (図2-20)三菱化学メディエンス(単体)の業績推移
  (表2-8)三菱化学メディエンス・グループの事業内容
  (図2-21)三菱化学メディエンス・グループの事業分野別売上構成推移
  (図2-22)三菱化学メディエンスの検査分野別売上構成推移
4.ファルコバイオシステムズ
  受託臨床検査で収益性ダウンも調剤薬局事業2ケタ成長で収益貢献
  (図2-23)ファルコバイオシステムズの業績推移
  (表2-9)ファルコバイオシステムズの新事業およびグループ展開
  (図2-24)ファルコバイオシステムズの検査分野別売上構成推移
5.保健科学研究所
  強固なグループ経営・財務基盤も06年度収益は厳しさ増す
  (表2-10)保健科学研究所の関連企業(グループ)
  (図2-25)保健科学研究所の業績推移
  (図2-26)保健科学研究所の検査分野別売上構成推移


第3章 地域8ブロック別受託臨床検査市場の展望と戦略

全国主要地域ブロック別受託臨床検査市場の実態
  (図3-1)受託臨床検査市場の地域別売上状況と上位10社売上(06年度)
  (表3-1)全国地域ブロック別受託臨床検査市場('01~'06年度実績)と
       各地区上位10社売上シェア
  (表3-2)地域ブロック別広域センターと地元検査センター・その他の売上
       シェア集中度分布
  (一覧)・地域ブロック別有力センターの04~06年度売上高シェア
    (1)北海道地区の有力検査センター売上シェア・ランキング
    (2)東北地区の有力検査センター売上シェア・ランキング
    (3)関東地区の有力検査センター売上シェア・ランキング
    (4)甲信越(北陸)地区の有力検査センター売上シェア・ランキング
    (5)中部地区の有力検査センター売上シェア・ランキング
    (6)近畿地区の有力検査センター売上シェア・ランキング
    (7)中四国地区の有力検査センター売上シェア・ランキング
    (8)九州地区の有力検査センター売上シェア・ランキング
  (参考)医療関連サービス振興会・衛生検査所認定事業者リスト
       (平成19年10月1日認定現在)
全国臨床検査センター地域ブロック別のラボ(登録衛生検査所)拠点状況-
系列別(日衛協会員)

第4章 全国臨床検査センター(衛生検査所)調査個表

・エスアールエル
・ビー・エム・エル
・三菱化学メディエンス
・ファルコバイオシステムズ
・保健科学研究所
・江東微生物研究所
・メディック(グループ)
・昭和メディカルサイエンス
・エスアールエル関西
・日本医学臨床検査研究所
・苫小牧臨床検査センター
・メデカジャパン
・シー・アール・シー
・札幌臨床検査センター
・クリニカルパソロジーラボラトリー
・第一臨床検査センター
・サンリツ
・福山臨床検査センター
・アルプ
・(財)東京保健会病体生理研究所
・京浜予防医学研究所
・キューリン
・血液研究所
・若松臨床検査研究所
・愛媛臨研
・富士商事


第5章 関連統計・資料編

1.日医・臨床検査精度管理調査参加施設にみる院内受託(ブランチ・FMS)施設の状況
  (図5-1)日医・臨床検査精度管理調査参加施設数の推移
  (図5-2)臨床検査施設におけるブランチラボ・FMSの導入状況
  (図5-3)主要臨床検査センター別ブランチラボ・FMSの実施状況
  (表5-1)主要臨床検査センターのブランチラボ施設
  (表5-2)日医・精管調査参加臨床検査センター施設・一覧
2.臨床検査の(検査分野,項目別-病院・診療所別,入院・入院外別)医療費〔拡大推計〕

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。