2009 期待高まる植物工場の現状及び将来市場展望

植物工場市場の全てを網羅し、豊富な調査内容を基に2020年度までの市場の推移を大胆に予測した市場調査レポート。

発刊日
2009/07/10
体裁
A4 / 205頁
資料コード
C50116300
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:食料自給率の問題や食の安全を背景に、わが国における食料問題への関心は、ここ数年急激に高まりを
       見せてきている。そして、このような動きにタイミングを合わせる形で植物工場に関連した動きが活発化して
       きている。この植物工場に関してはこれまでにも何回かブームがあったが、いずれも単なるブームで終わっ
       てしまい、ひとつの産業として自立するまでには至らなかった。技術的にも未成熟なところも多く、また、行
       政側の対応も決して十分であったとは言えない。
       本調査は、このような過去の歴史を念頭に置き、現在急速に発展しようとしてきている植物工場に対して、
       現状を客観的に分析し、各種課題を抽出。その検討を行うことで、今後の植物工場の方向性を見定めようと
       するものである。そしてこの調査結果が、この市場に参入する企業もしくは今後の参入を検討中の企業及び
       各研究機関、各種行政機関等において、今後の方向性を検討する際の参考資料に質することを目的とする
       ものである。
調査対象:本事業に参入するすべての企業及び研究機関
調査方法:当社専門研究員による文献調査及び調査対象先に対するヒアリング調査を実施。
調査期間:2008年7月10日~2009年7月7日

リサーチ内容

第一章 現状の市場実態

1.植物工場の定義と特徴
  (1)植物工場の分類と技術的特徴
  (2)現状の植物工場のラインナップと特徴
  (3)コスト分析
2.市場規模と市場成長性
  (1)現状の市場規模
  (2)現状の市場成長要因&阻害要因
3.植物工場を取り巻く市場構造
  (1)市場構成プレーヤーの抽出
  (2)メーカー別実績と動向
  (3)業界構造の特徴


第二章 参入プレーヤーの事例研究

1.エスペックミック株式会社
  (1)植物工場事業への参入経緯
  (2)現状の製品・システム構成
  (3)事業の現状及び実績
  (4)現状の課題と今後の取り組み
2.株式会社M式水耕研究所
  (1)水耕栽培システムのパイオニア
  (2)現状の製品・システム構成
  (3)事業の現状及び実績
  (4)課題と今後の取り組み
3.鹿島建設株式会社
  (1)アグリ分野におけるエンジニアリング事業展開
  (2)植物工場関連保有技術
  (3)植物工場事業拡大のための各種課題と展望
4.キユーピー株式会社
  (1)キユーピーの取り組み・植物工場TSファームの開発経緯
  (2)TSファームの概要
  (3)TSファームの業績
  (4)課題と今後の取り組み
5.JFEライフ株式会社
  (1)植物工場事業参入経緯
  (2)太陽光・人工光併用型植物工場システム概要
  (3)植物工場事業の現状及び実績
  (4)植物工場事業の課題と今後の取り組み
6.株式会社スプレッド
  (1)スプレッドの植物工場事業
  (2)現状の製品・システム構成
  (3)事業の現状及び実績
  (4)現状の課題と今後の取り組み
7.日本アドバンストアグリ株式会社
  (1)日本アドバンストアグリの植物工場事業
  (2)現状の製品・システム構成
  (3)事業の現状及び実績
  (4)課題と今後の取り組み
8.株式会社フェアリーエンジェル
  (1)植物工場事業概要
  (2)完全人工光型植物工場の設備概要
  (3)業績動向
  (4)相次ぐ事業提携の強化
  (5)課題と今後の取り組み
9.丸紅株式会社/株式会社ヴェルデ
  (1)ヴェルデナイトを利用した植物工場事業
  (2)現状の製品・システム構成
  (3)事業の現状及び実績
  (4)課題と今後の取り組み
10.三菱化学株式会社
  (1)太陽電池事業拡大の一環としての植物工場関連事業展開
  (2)現状の製品・システム構成
  (3)今後の事業展開と課題
11.野菜茶業研究所
  (1)開発背景及び経緯
  (2)ユビキタス環境制御システムの概要
  (3)今後の展望 ~普及に向けて


第三章 植物工場市場拡大のための課題と展望

1.植物工場が抱える根本的な問題
  (1)根本課題の3要素
  (2)製造コストの低減
  (3)栽培技術の向上
2.その他側面から見た課題と今後の展望
  (1)成長を阻害する各種規制及び市場環境
  (2)その他


第四章 今後の市場展望

1.対象製品を取り巻く市場環境の変化
  (1)食の安全に対する社会の変化
  (2)食料自給率の向上
  (3)植物工場を取り巻く農水省等、官公庁の対応の変化
2.植物工場の市場拡大条件
  (1)生産性の向上と低コスト化及び品質の向上に資する主要技術の開発ロードマップ
  (2)植物工場規模の最適化に対する考え方
  (3)高付加価値化と新たな商品コンセプト作り
  (4)植物工場に適した新たな流通体系の構築
  (5)各種法制度の改正と規制緩和
  (6)自立化までの各種補助金の必要性
3.メーカー各社における今後の事業戦略
  (1)ゼネコン、エンジニアリング会社と植物工場事業
  (2)食品関連メーカー、医薬品メーカーと今後の植物工場事業
  (3)植物工場専業及び異業種参入
4.今後の市場展望
  (1)植物工場を取り巻く市場構造の変化
  (2)植物工場市場拡大のパターン
  (3)植物工場市場規模予測
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。