2008年版 通信販売市場の動向と主要企業実態調査

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

新たな局面を迎えた通販市場の参入企業の最新動向と戦略、媒体別・商材別の概況をまとめた市場調査レポート。

発刊日
2008/09/22
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 426頁
資料コード
C50116400
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

調査概要
Close

調査目的:通信販売企業の運営実態に関する調査・分析を行い、事業戦略立案のための基礎資料とすることを
       目的とした。
調査対象:物販を中心とするBtoCの通信販売運営企業(一部BtoBあり)
調査内容:目次参照
調査方法:直接面接法/郵送によるアンケート留置法
調査期間:2008年7月~9月

リサーチ内容

第1編 通信販売市場の現状

■通信販売市場の2007-2008年動向
  2007年度の市場規模は伸び率鈍化、2008年は拡大つづくも鈍化傾向一層強まる
  1.通信販売市場の規模推移と動向
    ~2008年上半期の通販市場における主な出来事~
  2.通信販売企業の実態調査―
    (社)日本通信販売協会資料『第25回 通信販売企業実態調査報告書』より
■通信販売の利用実態と動向
  ――(社)日本通信販売協会編 『第15回 全国通信販売利用実態調査報告書』より
  1.通信販売の利用率について
  2.利用広告媒体について
  3.購入商品について
  4.利用回数について
  5.利用金額について
  6.代金の支払い手段について
  7.通信販売を利用した理由について
■ゼネラル通信販売企業4社の動向
  千趣会、セシールが増収、ベルーナは16期連続増収ならず
    ・企業事例 千趣会
    ・企業事例 ニッセン
    ・企業事例 ベルーナ
    ・企業事例 セシール
  ゼネラル通販企業の動向まとめ
  [通信販売市場の注目動向]
■主要百貨店通販の動向
  伸び悩む百貨店通販、経営統合活発化でさらなる事業強化がカギ
  「百貨店5社の2007年度通販事業業績とネット売上」 ●髙島屋 ●東急百貨店 ●三越
  [通信販売市場の注目動向]
■通信販売企業によるBtoB事業
  多角的な収益減の構築を目指し、事業の柱として育成
    ①スタートトゥデイコンサルティング ②ムトウマーケティングサポート
  [海外EC市場動向]
■アジア圏のインターネット通販市場と日本企業による市場参入
  各社が注目する中国、韓国、台湾のEC市場
  1.日本の通信販売企業による海外市場参入
  2.アジア圏のインターネット通販市場
    <EC市場データ>中国,韓国,台湾
  [通信販売企業による海外進出事例]
    香港・台湾進出につづき、中国・北京でもネット通販事業に参入/
    スタイライフ株式会社
■2007年通信販売企業通販売上高ランキング(2007年4~2008年3月期)
■大手各社のフルフィルメント体制 
  ①受注分野 ②物流分野


第2編 媒体別の市場動向

■媒体別市場の全体動向
  ネット・モバイルが伸長、合計では2割を超え7,728億円。カタログは1兆円を割りこむ
    ・媒体別の市場規模動向
    ・主要チャネル別売上高と構成比の推移
  【媒体別市場動向 ①】
■カタログ通信販売市場の動向
  コスト上昇に伴い、カタログの配布部数抑制への動き加速
  1.ゼネラル系通販主要企業の業績動向
  2.各社の個別戦略
    ◆カタログ媒体 ◆店舗戦略 ◆テレビ媒体 ◆M&A及び資本・業務提携
  [通信販売市場の注目企業]
    新体制で復調、新しいビジネスモデルを追加し完全復活を目指す/株式会社ムトウ
  【媒体別市場動向 ②】
■テレビ通信販売市場の動向
  JSC、QVCJともに減益、キー局系では日テレとグランマルシェが大きく躍進
  1.テレビ通販市場 企業の動向と業績
    ①商社による事業強化 ②BS放送の広告放送規制
    「テレビ通販主要30社ランキング」
  2.主要キー局の通販事業
    ●日本テレビ放送網
    ●グランマルシェ/TBS
    ◇TBSによるスタイリングライフ・ホールディングス連結子会社化
    ●ディノス/フジテレビ
    ●テレビ朝日
    ●テレビ東京ダイレクト/テレビ東京
  3.専門放送型2社の動向
    ●ジュピターショップチャンネル ~増収続くも、創業以降初の減益~
    ●キュー・ヴィー・シー ジャパン ~設立以来初の減収減益~
  4.テレビ通販参入企業の動向
    ●ジャパネットたかた ~3期連続の増収増益、バックヤード増強~
    ●オークローンマーケティング ~ビリーズ効果が通年寄与で売上高400億円に迫る~
    <注目企業:株式会社トライステージ ~設立3期目でマザーズ上場~>
  [通信販売市場の注目企業]
    通信販売事業を軸に日本発のラグジュアリーブランドを目指す/株式会社はちや
  【媒体別市場動向 ③】
■インターネット通信販売市場の動向 
  2007年 BtoC小売市場規模は2兆5,550億円、前年比121.0%と伸長つづく
  1.インターネットの普及状況
  2.端末別のインターネット利用状況
  3.消費者のEコマースにおける利用・購買行動
  4.平成19年度電子商取引市場の動向(B to C)
  5.通販企業のインターネット媒体
  6.ゼネラル通販企業のEC事業と小売企業の事例
    ●千趣会 ~セレクトショップ編集の売り場が好調~
    ●パルコ・シティ ~リアルショップと同等のサービス提供を目指して~
    ●ファーストリテイリング/ユニクロ 
     ~リアルショップとのシナジーを生むEC事業へ~
  [通信販売市場の注目企業]
    新しいエンタテインメントサービスを展開する/株式会社ネオ・ウィング


第3編 商品別の市場動向

■商品別市場の全体動向
  1.2006年度商品別市場規模
  2.各商材別の概況 
    衣料品、インナー、ベビー・子供関連、宝飾品・時計、呉服・和装品、化粧品、
    健康食品、食料品、家具・家庭用品、家電・PC、文具・事務用品
  【商品別市場動向 ①】
■衣料品市場
  アパレルEC企業は好調を持続、ターゲットの拡大や業容拡大で新しいステージへ
  1.衣料品市場 全体市場動向と市場規模
  2.通信販売における衣料品の動向
  3.EC特化型2社の事業動向
    ●スタートトゥデイ ~2007年12月、マザーズ上場を果たし、
     ファッション総合メディアへ前進~
    ●マガシーク ~人気雑誌掲載商品の他アウトレット商品の取り扱いも拡大~ 
  [通信販売市場の注目企業]
    PBによる“プチプラ”シューズとアパレル商材でECとリアルショップを展開する/
    株式会社サルース
  【商品別市場動向 ②】
■インナー市場
  伸び悩むインナー通販市場
  1.レディスインナー市場 全体市場動向と市場規模
  2.通信販売におけるインナーウェアの動向
    ●ピーチ・ジョン ●セシール ●イマージュ
  【商品別市場動向 ③】
■ベビー・子供関連市場
  市場は長期的に縮小基調であるものの、通販チャネルは伸長傾向
  1.ベビー・子供関連市場 全体市場動向と市場規模
  2.通販市場参入企業の動向
    「ベビー・子供関連分野通販参入企業主な事例10社」
    ●千趣会 ●セシール
  【商品別市場動向 ④】
■宝飾品・時計市場
  宝飾市場全体が大きく落ち込む中、通販ECは拡大
  1.宝飾全体市場 全体市場動向と市場規模
  2.通販ルート 市場動向と市場規模
    ● リリアン ● e-宝石屋:ジェイ・ビー・シー ● ジェイウェルドットコム
  3.時計小売市場の動向と見通し
  【商品別市場動向 ⑤】
■呉服・和装品市場
  催事・訪問販売中心型ビジネスモデルからの構造変化のとき
  1.呉服・和装品全体市場と通販(EC)ルート/市場動向と市場規模
  2.今後の呉服・和装品市場における展望と提言
  [通信販売市場の注目企業]
    高級着物専門の通販ショップ「きもの人」を運営する/株式会社きもの人 
    国内有数のネットショップに成長、「大江戸きもの」を運営する/株式会社東樹苑
  【商品別市場動向 ⑥】
■化粧品市場
  市場拡大つづくも、伸び率鈍化。新規参入はつづき競争は激化
  1.化粧品全体市場と通販ルート/市場規模と市場動向
    「化粧品通販売上高上位30社」
  2.市場における有力企業の動向
    ●ファンケル ●ドクターシーラボ
    ・各社直営店舗運営状況
  3.化粧品市場における注目企業の動向
    ●一杢
  4.今後の市場展望
  【商品別市場動向 ⑦】
■健康食品市場 
  市場全体は踊り場、鈍化の傾向強まるものの、通販ルートは唯一伸長
  1.健康食品全体市場と通販ルート/市場規模と市場動向
    「健康食品通販売上高上位30社」
  2.市場における有力企業の動向
    ●ディーエイチシー ●サントリー ●やずや ●山田養蜂場 ●エバーライフ
    ●サニーライフ ●八幡物産
  3.健康食品市場における事業強化の状況
    ●アサヒフードアンドへルスケア ●ハウス食品
  4.今後の市場展望
  【商品別市場動向 ⑧】
■食料品市場
  食品偽装問題、原材料・燃料の高騰などによるマイナス要因が影響
  1.食料品全体市場と通販ルート/市場動向と市場規模
    「食品通販売上高上位30社」
  2.通販市場における有力企業・注目企業
    ●オイシックス ●阪急キッチンエール
  【商品別市場動向 ⑨】
■家具・家庭用品市場
  老舗カタログ通販企業の他、ネット専業による企業も参入
  1.家具全体市場 市場動向と市場規模
  2.通販市場における有力企業・注目企業
    ●カタログハウス ●良品計画 ●コメリ
    ●注目企業①ティーピーオーベッド株式会社 ●注目企業②株式会社セイルー
  【商品別市場動向 ⑩】
■家電 ・PC市場
  EC参入企業の業績良好、市場拡大つづく
  1.家電・PC市場 全体市場と通販ルート/市場動向と市場規模
  2.通販市場における有力企業・注目企業
    ●ヨドバシカメラ ●ムラウチドットコム ●デル
    「家電・パソコン製品取扱ショップの2006年度ネット通販売上高」
  [通信販売市場の注目企業]
    PC・家電から総合ネットショップを目指す/株式会社ストリーム
  【商品別市場動向 ⑪】
■文具・事務用品市場
  海外市場への参入、個人向け通販強化の動きで、市場は次のステージへ
  文具・事務用品オフィス通販市場 市場動向と市場規模
    ●アスクル ●カウネット ●大塚商会


第4編 主要通信販売企業の運営実態

〔調査票A/詳細調査〕
①企業概要(企業名、設立、資本金、所在地、URL、代表者、従業員数、上場取引所)
②業績推移(決算期、総売上高、通信販売売上高、利益高)
③媒体(媒体別売上高構成比、主要自社発行媒体の特徴など)
④利用顧客特性(顧客数、男女別構成比、平均客単価、年齢別構成比、顧客ターゲット・利用顧客の特性、よく利用する注文方法と決済方法)
⑤商品政策(取扱商品分野、売上高構成比、主要商品の中心上代、取扱いアイテム数、主要仕入先、取扱商品の特徴、売れ筋商品、コールセンター・物流センターについて)
⑥今後の事業展開について

〔掲載企業/50音順〕
・アスクル株式会社
・株式会社イマージュ
・エプソンダイレクト株式会社
・オイシックス株式会社
・オルビス株式会社
・株式会社カタログハウス
・株式会社キュー・ヴィー・シー ジャパン
・株式会社グランマルシェ
・ケンコーコム株式会社
・株式会社ジャパネットたかた
・ジュピターショップチャンネル株式会社
・株式会社スタートトゥデイ
・スタイライフ株式会社
・株式会社ストリーム
・株式会社セシール
・株式会社千趣会
・株式会社髙島屋/通信販売事業部
・株式会社長寿乃里
・株式会社ディーエイチシー
・株式会社ディノス
・株式会社ドクターシーラボ
・株式会社ニッセンホールディングス
・株式会社ネオ・ウィング
・株式会社ネットプライスドットコム
・ヒラキ株式会社
・株式会社ピーチ・ジョン
・株式会社ファンケル
・株式会社フェリシモ
・株式会社ベルーナ
・マガシーク株式会社
・株式会社三越/通信販売事業部
・株式会社ムトウ
・株式会社ムラウチドットコム
・森下仁丹株式会社
・株式会社山田養蜂場

〔調査票B/簡易調査〕
①企業概要(企業名、設立、資本金、所在地、URL、代表者、従業員数)
②業績推移(決算期、総売上高、通信販売売上高)
③媒体(自社媒体の有無、売上高構成比、自社発行媒体の特徴など)
④顧客リスト数(顧客数、顧客ターゲット、顧客の特性)
⑤取扱商品の特徴・主な取扱商品

〔掲載企業/50音順〕
・アークレイ マーケティング株式会社
・アールエスコンポーネンツ株式会社
・アイブリッジ株式会社
・株式会社東農園
・アロエ食品株式会社
・伊豆食文化公園株式会社
・株式会社市川園
・イワトー株式会社
・株式会社ウェーブ
・株式会社エイチエーシー
・エスケー食品株式会社
・エディー・バウアー・ジャパン株式会社
・株式会社NHKエンタープライズ
・株式会社エンジェリーベ
・遠赤青汁株式会社
・株式会社オークローンマーケティング
・株式会社沖縄美健
・株式会社角川・エス・エス・コミュニケーションズ
・株式会社吉備路友の会
・株式会社キャナック
・株式会社協和
・キリンヤクルトネクストステージ株式会社
・株式会社金印通信販売
・グリーンハウス株式会社
・株式会社元気堂本舗
・ココロカ株式会社
・小林製薬株式会社
・コモライフ株式会社
・コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社
・株式会社コンフォートラボ
・株式会社再春館製薬所
・株式会社サカタのタネ
・株式会社佐藤園
・サラヤ株式会社
・サンテク株式会社
・株式会社ザ・トーカイ
・株式会社しまのや
・シャディ株式会社
・シリリュス・ジャポン株式会社
・株式会社JALUX
・株式会社ジョゼ
・スタイルキャスト株式会社(旧 楽天ティービー株式会社)
・セコム株式会社
・株式会社Z会
・損保ジャパンひまわり生命保険株式会社
・タヒチアンノニ インク
・ちゅら花株式会社
・株式会社デジタルアライアンス
・東京オートマック株式会社
・株式会社東京商工社
・トラベラー株式会社
・株式会社ナカムラ
・株式会社日旅中部エンタプライズ
・日通商事株式会社
・日東メディカル株式会社
・株式会社日本インテリアシステム
・日本生活協同組合連合会 
・日本トイザらス株式会社
・株式会社日本メール・オーダー
・日本ランズエンド株式会社
・株式会社ネイチャー生活倶楽部
・ハッピー商事株式会社
・株式会社阪急百貨店
・株式会社日比谷花壇
・株式会社ビューティプランニング
・株式会社フェヴリナ
・フォーレスト株式会社
・株式会社ふくや
・株式会社フルクタン本舗
・株式会社ヘルスライフ
・株式会社マーガレット・ジョセフィン・ジャパン
・株式会社マードゥレクス
・有限会社マーフィー
・株式会社マイウェイ・ファミリークラブ
・毎日新聞開発株式会社
・株式会社マルハニチロ食品
・株式会社丸和
・株式会社ミキハウストレード
・株式会社ミキモト
・三菱マテリアル株式会社
・株式会社ムジカインドウ
・株式会社持田インターナショナル
・株式会社ヤシカジェイプラス
・株式会社山忠
・株式会社大和企画
・八幡物産株式会社
・株式会社ユーキャン
・株式会社優生活
・株式会社ユニクロ
・株式会社ライフサポート
・らでぃっしゅぼーや株式会社
・ラブレ創健株式会社
・株式会社ランナーズ
・ロゼッタストーン・ジャパン株式会社
・株式会社ワコール
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。