2009~10年版 CCD/CMOSカメラ市場の実態と将来予測

IP化・低価格化・アジア色化進む監視カメラ、またデジタル化・欧州色化進むFAカメラ。
監視/モニタリング用、FA/工業用の業務カメラを中心に、医療/バイオ、カメラ搭載携帯電話/パソコン/デジカメ等の、マルチメディア分野、自動車/パーソナルロボットなどの新分野でも需要が高まるCCD/CMOSカメラ世界市場を調査、2011年までのCCD/CMOSカメラ世界市場ならびに2012年までの監視カメラ・FAカメラ世界市場を予測いたしました。

発刊日: 2009/11/06 体裁: A4 / 205頁
資料コード: C51100200 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 178,200円 (本体 165,000円 消費税 13,200円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:監視/モニタリング用、FA/工業用の業務カメラを中心に、医療/バイオ、カメラ搭載携帯電話/パソコン/デジカメ
       等の、マルチメディア分野、自動車/パーソナルロボットなどの新分野でも需要が高まるCCD/CMOSカメラ世
       界市場を調査。日本・欧州・米国・中国・台湾・韓国の監視カメラメーカ、日本・欧州・米国のFAカメラメーカ、
       撮像素子やレンズ等の部材メーカ、及びDVR等の関連機器メーカを調査。市場実態と将来に向けての動向を
       読者に分かりやすく提示していく。
調査対象:CCD/CMOSカメラメーカ、輸入商社(一部ブランドメーカ・ディーラ・ラインセンサメーカ 含む)、レンズや監視
       用DVRなど関連機器メーカ
調査方法:当社専門研究員による直接面談及び、電話・e-mail等によるヒアリングを併用
調査期間:2009年7月~2009年10月

リサーチ内容

第Ⅰ章.世界CCD/CMOSカメラの需要分野別市場動向

1.CCD/CMOSカメラの需要分野と全体動向
2.カメラの需要分野別台数推移予測(世界市場,07~11年)
  2-1.CCD/CMOSカメラ市場推移予測(世界市場,2007~11年、台数)
  2-2.CCD/CMOSカメラ需要分野別市場推移予測(世界市場,2007~11年、台数)
3.CCD/CMOSカメラの需要分野別市場規模
  3-1.CCDカメラの需要分野別市場規模(2008年、国内/海外、台数ベース)
    (1)監視用カメラ(アナログ/IP)
    (2)FA用カメラ
    (3)医療用カメラ
    (4)テレビ会議、資料提示装置、等
    (5)車載用カメラ
    (6)ホームビデオ(カムコーダ)
    (7)デジカメ
    (8)カメラケータイ
    (9)ドアホン系
  3-2.CMOSカメラの需要分野別市場規模(2008年、国内/海外、台数ベース)
    (1)監視用カメラ(アナログ/IP)
    (2)医療用カメラ
    (3)パソコン用Webカメラ
    (4)ネットブックPC用
    (5)車載用カメラ
    (6)デジカメ
    (7)TOYカメラ、ゲーム機
    (8)カメラケータイ
    (9)ドアホン系


第Ⅱ章.世界監視カメラ市場分析・予測

1.総論
    (1)監視カメラの歴史と“将来の姿”
    (2)2009年世界監視カメラ市場の現状
    (3)2009年世界監視カメラ需要分野の現状と将来
2.世界監視カメラ市場データ
  2-1.世界地域別(北米/欧州/日本/アジア他)監視カメラ出荷台数推移予測 05~12年
  2-2.国内監視カメラ市場推移(2005~2012年,台数,アナログ/IP別)
  2-3.2008年 メーカ別監視用カメラ出荷台数(アナログ/デジタル別,国内)
  2-4.メーカ別監視用カメラ出荷推移(07~09年,台数,国内輸出計,アナ/IP合計)
  2-5.08年 監視カメラ国内ブランドメーカ地域別販売台数(米国/欧州/アジア他、アナログ/IP計)
  2-6.2008年 海外メーカ別監視用カメラ販売台数(アナログ/IP別)-AXIS除く
  2-7.世界監視カメラブランドメーカ出荷台数ランキング(08年,アナログ/IP計)
3.世界/地域別監視カメラ市場の現状と将来
  3-1.国内監視カメラ市場の現状と将来
  3-2.欧州監視カメラ市場の現状と将来
  3-3.北米監視カメラ市場の現状と将来
  3-4.中国/アジア監視カメラ市場の現状と将来
  3-5.その他の地域の監視カメラ市場の現状と将来
    (1)今後のおもしろい地域 -中近東と南米市場
    (2)アフリカ、東欧
4.世界の監視カメラIP化の実態と将来
    (1)世界の監視カメラIP比率推移予測(台数,2005~12年)
    (2)地域別(欧/米/日/アジア)の監視カメラIP化推移予測
    (3)本当に動き出したCCTVメーカのIP化
5.世界の監視カメラにおけるCCD/CMOS比率の実態と将来
6.主要監視カメラメーカにおけるワイドダイナミックレンジ比率
7.世界監視カメラ市場の需要分野別動向
8.日本の監視カメラメーカ16社の戦略,最新動向
9.海外の監視カメラメーカ11社の戦略,最新動向
10.日本監視カメラメーカの世界でのサバイバル戦略
    (1)世界の中での日本カメラメーカの立ち位置
    (2)日本監視カメラメーカのサバイバルのための方法論


第Ⅲ章.世界FAカメラ市場分析・予測

1.総論
  1-1.FAカメラ市場構造
  1-2.08~09年のFAカメラ市場動向
  1-3.FAカメラの最新動向
  1-4.FAカメラの流通実態
2.世界FAカメラ市場データ
  2-1.世界地域別(北米/欧州/日本/アジア他)FAカメラ出荷台数推移予測05~12年
  2-2.FAカメラ国内メーカ台数推移と成長率(国内輸出合計,07~09年,台数,エリアセンサ)
  2-3.FAカメラ国内メーカ台数推移・シェア(国内輸出合計,07~09年,台数,エリアセンサ)
  2-4.国内カメラメーカ台数推移・シェア(監視/FA/医療別,国内輸出合計,07~09年,台数,エリアセンサ)
  2-5.国内FAカメラメーカ世界仕向け地別(日本/米国/欧州/アジア他)出荷台数・比率(08年,台数)
3.世界/地域別FAカメラ市場の現状と将来
  3-1.国内FAカメラ市場の現状と将来
  3-2.海外FAカメラ市場の現状と将来
    (1)欧州FAカメラ市場の全体動向
    (2)北米FAカメラ市場の全体動向
    (3)中国/アジアFAカメラ市場の全体動向
    (4)韓国FAカメラ市場の全体動向
    (5)中国へのFAカメラ輸出ルート
  3-3.FAカメラメーカA社の考える「地域別成長率」
4.世界FAカメラ市場の需要分野別動向
  4-1.世界不況下におけるFAカメラ需要全体動向
  4-2.分野別/FAカメラ需要動向
    (1)半導体・電子部品
    (2)液晶
    (3)自動車
    (4)食品
    (5)医薬品
    (6)ソーラパネル
    (7)有機EL
    (8)FA用顕微鏡
    (9)交通監視用
5.日本のFAカメラメーカの戦略,最新動向
    (1)ソニー
    (2)東芝テリー
    (3)日立国際電気
    (4)JAI
    (5)東芝
6.海外のFAカメラメーカの戦略,最新動向
    (1)海外強豪5社の出荷状況
    (2)BASLERの監視カメラ&ITSカメラ市場シフト策
    (3)欧州新規参入メーカの狙い
    (4)中国FAカメラメーカの狙い
7.FAカメラのI/F実態と将来
    (1)国内FAカメラのI/F
    (2)欧州FAカメラのI/F
    (3)北米FAカメラのI/F
    (4)アジアFAカメラのI/F
    (5)日本メーカのFAカメラのI/F
    (6)ギガイーサの優位性
8.世界のFAカメラにおけるCCD/CMOS比率の実態と将来


第Ⅳ章.注目!高機能&特殊カメラ市場

1.ラインセンサカメラ市場
  1-1.ラインセンサカメラの特長と需要分野
    (1)基本は、高速平面検査用である
    (2)伸びてきたFA製造ライン&大型表示装置用途
    (3)ラインセンサカメラの3タイプ別/需要分野
  1-2.ラインセンサカメラの市場規模・メーカシェア
  1-3.ラインセンサカメラメーカ各社の市場の見方、考え方
  1-4.ラインセンサカメラメーカの考える需要先
  1-5.ラインセンサカメラメーカのサバイバル戦略
2.マシンビジョンメーカのラインセンサカメラ自社製造実態
  2-1.マシンビジョンメーカのラインセンサカメラ自社製造は8,000台程度
  2-2.カメラ自社製造メーカのマシンビジョン出荷台数
  2-3.マシンビジョンメーカのラインセンサカメラ使用台数
  2-4.マシンビジョンメーカ自社製造分を考慮したラインセンサカメラ市場
3.UVカメラ市場
  3-1.UVカメラの特長と需要分野
  3-2.メーカが考えるUVカメラ市場動向
  3-3.メーカが考えるUVカメラ需要先
  3-4.UVカメラメーカ戦略
4.赤外線カメラ(遠赤外線使用カメラ)の市場動向
  4-1.赤外線カメラ(遠赤外線使用カメラ)の特長と需要分野
    (1)製造ラインでの利用
    (2)住宅での利用
    (3)建造物診断での利用
    (4)原子力発電所での利用
    (5)セキュリティ分野での利用
    (6)体温計測による予防医療での利用
    (7)赤外線カメラ用レンズメーカA社の考える応用分野
  4-2.赤外線カメラ(遠赤外線使用カメラ)の分類
  4-3.赤外線カメラの市場規模・メーカシェア(07~09年)
  4-4.赤外線カメラメーカ各社の市場の見方、戦略
  4-5.赤外線カメラの将来
  4-6.車載用ナイトビジョンにおける赤外線カメラの現状と可能性
5.ITSカメラ市場
  5-1.高速道路路側インフラ向けのITSカメラ需要
  5-2.民間向けのITSカメラ需要
  5-3.ITSカメラ市場参入メーカ
  5-4.ITSカメラの市場構造(日本,中国)
  5-5.FAカメラメーカのITSカメラ戦略


第Ⅴ章. 最新カメラ撮像素子/レンズ市場の動向と次世代戦略

1.最新カメラ撮像素子の動向と次世代戦略
  1-1.カメラ撮像素子市場の現状と歴史
  1-2.CMOSカメラセンサ市場の現状
  1-3.CCDカメラセンサ市場の現状
  1-4.CCD/CMOSカメラ撮像素子開発の歴史
  1-5.CMOS対CCD、今後はどうなる?
  1-6.需要分野別カメラ撮像素子の動向
    (1)デジカメ用カメラ撮像素子
    (2)携帯電話用カメラ撮像素子
    (3)監視カメラ用撮像素子
  1-7.国内カメラ撮像素子メーカ9社の動向
  1-8.海外カメラ撮像素子メーカ10社の動向
2.CCD/CMOSカメラ用レンズ市場の動向
  2-1.監視カメラ用レンズの現状と将来
  2-2.産業用カメラレンズの現状と将来
  2-3.プラスチックカメラレンズの現状と将来
  2-4.携帯電話用カメラレンズの開発メーカの最新動向
  2-5.エルモ社のレンズ事業進出


第Ⅵ章.国内主要カメラメーカの販売実態個票

個票掲載企業
<監視カメラメーカ19社>
  池上通信機
  エルモ
  三洋電機
  CBC
  センサーテクノロジー
  ソニー
  TOA
  東芝
  東芝テリー
  日興電気通信
  日本ビクター(JVC)
  パナソニック システムソリューションズ社
  パナソニック コミュニケーションズ
  日立国際電気
  日立製作所
  富士通ゼネラル
  三菱電機
  ワテック
  アクシスコミュニケーションズ
<FAカメラメーカ11社>
  池上通信機
  シーアイエス
  ジェイエイアイコーポレーション
  センサーテクノロジー
  ソニー
  竹中システム機器
  東芝
  東芝テリー
  日興電気通信
  日立国際電気
  ワテック


図表目次

第Ⅰ章.世界CCD/CMOSカメラの需要分野別市場動向
表「CCD/CMOSカメラ応用製品の需要分野・用途分類」
図表「CCD/CMOSカメラ市場推移予測(世界市場、2007~11年、台数)」
表「世界カメラ市場、2007~11年,CCD/CMOS別×需要分野,台数」
表「車載カメラのアプリと求められる機能」

第Ⅱ章.世界監視カメラ市場分析・予測
図「監視カメラシステムの概念図」
図「民生カメラ→監視カメラ…技術転用の流れ」
表「世界地域別(北米/欧州/日本/アジア他)監視カメラ市場規模推移予測(台数、05~12年)」
図表「国内監視カメラ市場推移(2005~2012年,台数,アナログ/IP別)」
表「2008年国内ブランドメーカ別監視用カメラ出荷台数(アナログ/デジタル別,08年,台数,国内出荷,シェア)」
表「国内ブランドメーカ別監視カメラ出荷推移(07/08/09年,台数,国内輸出合計,アナログ/IP計)」
表「2008年 監視カメラ国内ブランドメーカ別/地域 (米国/欧州/アジア他、アナログ/IP計) 別販売台数」
表「2008年 海外メーカ別監視用カメラ販売台数(アナログ/デジタル別)-AXIS除く」
表「世界監視カメラブランドメーカ出荷台数ランキング(08年,アナログ/IP計)」
図「監視カメラメーカの相関関係図」
表「英国と日本との監視カメラ導入実態比較表」
表「世界地域別(北米/欧州/日本/アジア他)IPカメラ比率推移予測(台数,05~12年)」
表「監視カメラにおけるCCD/CMOS比率の実態と将来」
表「主要メーカの監視カメラ全体に占めるワイドダイナミックレンジ比率(08年度,台数,国内)」
表「アクシスの世界地域別販売比率」
表「アクシスのアジア内地域別販売比率」
図表「日本の監視カメラメーカのサバイバル」
表「世界監視カメラ市場で勝負を分ける4つのポイントとそこでの戦い方」

第Ⅲ章.世界FAカメラ市場分析・予測
表「世界FAカメラ市場推移(05~12年,北米/欧州/日本/アジア他,台数ベース,エリアセンサカメラのみ)」
表「FAカメラ国内メーカ台数推移と成長率(国内輸出合計,07~09年,台数ベース,エリアセンサ)」
表「FAカメラ国内メーカ台数推移とシェア(国内輸出合計,07~09年,台数ベース,エリアセンサ)」
表「国内産業用カメラメーカ台数推移とシェア(監視/FA/医療別,国内輸出合計,08年,台数ベース,エリアセンサ)」
表「国内FAカメラメーカ世界仕向け地別(日本/米国/欧州/アジア他)出荷台数・比率(08年,台数)」
図「FAカメラの中国への輸出ルート」
表「海外FAカメラメーカ出荷台数(08年)」

第Ⅳ章.注目!高機能&特殊カメラ市場
図表「国内ラインセンサカメラ市場(国内,06~09年,台数)」(液晶など検査システムメーカの内製分は含まない)
グラフ「国内ラインセンサカメラ市場(国内,06~09,台数)」
グラフ「ラインセンサカメラ市場メーカシェア(2008年/09年,国内,台数)」
表「ラインセンサカメラメーカ各社が考える国内市場動向」
表「ラインセンサカメラの需要先」
表「ラインセンサカメラメーカの戦略」
表「ラインセンサカメラを自社で製造している、と回答したマシンビジョンメーカ9社のマシンビジョン出荷台数」
表「マシンビジョンメーカ9社のマシンビジョンに使用するラインセンサカメラ台数(2008年)」
表「UVカメラメーカが考える市場動向」
表「UVカメラの需要先」
表「UVカメラメーカの戦略」
表「赤外線カメラの監視用途 一覧表」
図表「赤外線カメラ市場(遠赤外線カメラのみ,台数,07~09年,国内)」
グラフ「赤外線カメラ市場メーカシェア(2007年/08年/09年,遠赤外線カメラのみ,国内,台数)」
表「赤外線カメラメーカの考える市場動向、戦略」
表「世界のナイトビジョン市場プレーヤの関係」
表「世界ITSカメラのエリア別シェア2008~12年」
表「FAカメラメーカのITSカメラに関する考え方」

第Ⅴ章. 最新カメラ撮像素子/レンズ市場の動向と次世代戦略
図「CMOSカメラセンサの主要メーカシェア(08年、世界ベース、個)」
図「CCDカメラセンサの主要メーカシェア(08年、世界ベース、個)」
図「カメラ撮像素子開発の歴史」
表「CCD 対 CMOS 機能比較表」
表「監視カメラ用撮像素子・ASPのプレーヤ」

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 178,200円 (本体 165,000円 消費税 13,200円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C53104300 2011~12年版 監視カメラ市場予測と次世代戦略-CMOS/CCDカメラシリーズVOL.1-
C49201300 2007年版 ブロードバンド白書
C48116430 2006年度版 太陽電池部材市場の現状と将来展望
C50119100 Foreign Exchange Margin Trading Market in Japan 2008
C49100300 2007~08年版 カーエレクトロニクス装置の市場実態と中期展望